更新日:2014/06/02

■GT-R表彰台独占!MOTUL AUTECH GT-Rが完勝。
■GT300はARTA CR-Z GTが勝利

2014 AUTOBACS SUPER GT第3戦『SUPER GT IN KYUSHU 300km』決勝レースが、6月1日、オートポリス(1周4.563km×65周)で行われた。
GT500クラスではMOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)が、ポールポジションから快走し、トップを譲ることなく完勝を果たした。

昨日は30度近い真夏のような暑さとなった阿蘇山麓のオートポリス。この日も28度まで気温が上がり、6月とは思えない暑さの中、
午後2時ちょうどに決勝レースはスタート。前日の予選でコースレコードを大幅に更新してポールポジション(予選1位)を獲得した
No.23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)が、好スタートを切ってレースをリードする。
レース中盤までは、これにNo.46 S Road MOLA GT-R(本山哲)が続き、予選3位の前年王者のNo.1 ZENT CERUMO RC F(平手晃平)を抜いた
カルソニックIMPUL GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)と、日産GT-Rが続く展開となる。

ピットインも速やかにこなしたMOTUL AUTECH GT-Rは松田次生に代わっても、ハイペースを維持し、一時は2番手のS Road MOLA GT-R(柳田真孝)に
15秒近い差を付けて独走。だが、トップが48周目にGT300クラスの車両がクラッシュ。これもあってセーフティカーが導入され、隊列走行を余儀なくされ、
築いたマージンはほとんどゼロに。だが、レースが再開された残り9周も後続をまったく寄せ付けず。ポール・トゥ・ウインでフィニッシュして見せた。

2位はS Road MOLA GT-R、3位も終盤に激しく追撃してきたレクサスRC F勢を退けたカルソニックIMPUL GT-Rが獲得。
このレースの表彰台は、日産GT-Rが独占することになった。松田にとってはGT500クラスで13勝目、クインタレッリは7勝目。
第2戦富士に続き、日産GT-Rは、今季2勝目となった。

GT300クラスでは、ポールポジションから逃げるNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人組)を、No.55 ARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志組)が
ピット作業の早さを活かして逆転。ハイブリッド車の燃費の良さが生きての優勝となった。Honda CR-Z GTは今季初優勝。一昨年からGT300クラスに参戦を開始し、
通算3勝目を挙げた。

(※画像をクリックすると大きな画像でご覧頂けます)

車買取