2017年度

【BMW M2クーペ 試乗】シフトダウンの音を聞くだけで、心が洗われる…岩貞るみこ"

『2シリーズ』の立ち位置は、女性に寄り添っている。ひとりで運転するのに、これほど似合うサイズはない。大人の男性が乗ると、ちょっと物足りなくなりそうなコンパクトさも、女性の華奢さ加減だとうまくはまる。も

>>続きを見る

(01月07日)

2016年度

【BMW 225xe アクティブツアラー 試乗】ユーザーの心を鷲掴みにしないわけがない…島崎七生人"

全幅1800mm、全高1550mmとまさに日本市場を見据えたボディサイズと500万円を切る車両価格。加えてBMWであり、多用途車系となれば売れる素性は十分。が、さらにPHEVになり、しかも4WDも。も

>>続きを見る

(10月26日)

【BMW 225xe アクティブツアラー 試乗】シッカリ者のママがいるファミリーにオススメ…まるも亜希子"

BMWとして初めてのFF車、として登場した『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー』は、室内空間に広さや使い勝手の良さを求めるファミリーに向けたモデル。FFを選択したのも、スペース効率を突き詰

>>続きを見る

(09月20日)

【BMW 225xe アクティブツアラー 試乗】「330e」と乗り比べることをお勧めする…松下宏"

BMWはいろいろなプラグインハイブリッド・システムを持つ。『225xeアクティブツアラー』は1.5リットルの直噴ターボ仕様エンジンをフロントに横置きに搭載して前輪を駆動し、電気モーターはリヤに横置きに

>>続きを見る

(09月02日)

【BMW M2クーペ 試乗】極上のBMWらしさを満喫できる…島崎七生人"

試乗車は白いボディ色だったこともあり、一見、プレーンにも見えた。ところが前後フェンダーは専用に張り出させてあり、よくよく観察してみれば 空力を根拠に相応の迫力を身につけていることがわかる。さすが“M”

>>続きを見る

(08月19日)

【BMW 225xe 試乗】このPHVの真価は「エコ」以外のところにある…中村孝仁"

EVは家庭に充電施設が必要不可欠だと思うのだが、PHVの場合、必ずしもそうではない。何故なら、ガソリンだけでも走れてしまうからである。そこで疑問に思うことはPHVは果たしてHVとは異なる新たな選択肢か

>>続きを見る

(07月06日)

【BMW M2クーペ 試乗】BMWヘリテージモデルと比較される、エッセンスが凝縮された1台…中村孝仁"

『2シリーズクーペ』が誕生した時、それは伝説の名車『2002』が引き合いに出された。そして『M2』が誕生すると、今度はE30系の初代『M3』が引き合いに出されるなど、新しいM2クーペはBMWのエッセン

>>続きを見る

(06月26日)

【BMW M2クーペ 試乗】日本のために作られたような“ジャストな”スポーツクーペ…諸星陽一"

BMWの『2シリーズクーペ』にスペシャルチューンドモデルの『M2』が追加された。連綿と続くMシリーズのなかで現在もっとも小さなモデルとなる。 M2クーペのエクステリアでもっとも特徴的なのは、ググッと

>>続きを見る

(06月22日)

【BMW 225xe アクティブツアラー 試乗】日本でうける要素満載だが、ライバルも多数…諸星陽一"

BMW『2シリーズ』ツアラー系、「アクティブツアラー」をプラグインハイブリッド化したモデルが『225xeアクティブツアラー』。 225xeアクティブツアラーのプラグインハイブリッドシステムは、フロン

>>続きを見る

(05月09日)

2015年度

【BMW 2シリーズ グランツアラー 試乗】しなやかな乗り味、これぞ本命!?…島崎七生人"

2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベスト車でもある『BMW2シリーズ グランツアラー』。その導入時に試乗車の用意がなかった、「220i Gran Tourer Luxury」は、走らせ

>>続きを見る

(12月02日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】ディーゼルエンジン搭載で、青空が見えた…岩貞るみこ"

『アクティブツアラー』がデビューしたときの私の試乗記事を掘り起こしてもらえればわかるが、評価はイマイチである。搭載されたガソリンエンジンの音といい振動といい全体的な加速感といい雰囲気といい、BMWらし

>>続きを見る

(09月05日)

【BMW 2シリーズ グランツアラー 試乗】乗車人数・荷物に関わらず安定志向のハンドリング…片岡英明"

後輪駆動のFR方式にこだわり続けてきたBMWだが、ファミリー層をターゲットにした『2シリーズ アクティブツアラー』では初めてFF方式を採用した。スペース効率にこだわったアクティブツアラーに続く第2弾と

>>続きを見る

(08月29日)

【BMW 2シリーズ グランツアラー 試乗】ゆるやかに、でも、確実に走りが楽しめる7人乗り…岩貞るみこ"

ぱっと見も、運転席に座ったときのインテリアの雰囲気も、ほとんど同じように見える『グランツアラー』と『アクティブツアラー』である。 決定的な違いはもちろん、グランツアラーが3列シートの7人乗りであるこ

>>続きを見る

(08月25日)

【BMW 2シリーズ グランツアラー 試乗】ちょい乗り&ワゴン的に使うならベスト…竹岡圭"

BMWのFFモデル、抵抗がある方もいらっしゃるようですが、とうとう7人乗りも登場しましたね〜。これも時代の流れというものでしょう。 このサイズだと、さすがに3列目は子供用、あるいは近場にちょっとお出

>>続きを見る

(08月01日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】いつの間にやらビュンビュン系のファミリーカーに…中村孝仁"

BMWの『2シリーズ アクティブツアラー』が日本にローンチされた時、やっぱりBMWはまだまだFWDの作り方に慣れてないなぁ…と思ったものだ。 ところがあれからわずか半年で、BMWは何らかのアップデー

>>続きを見る

(07月31日)

【BMW 2シリーズグランツアラー 試乗】困った時の7人乗車、ディーゼルのスムーズさに驚き…中村孝仁"

それはいかにもファミリー層向けの3列7人乗りのモデル。BMWもこんなクルマを作るようになったんだなぁ...というのが正直偽らざる感想だった。それが『アクティブツアラー』から派生した3列シート仕様の『グ

>>続きを見る

(07月27日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】xDrive、走りも内装も気分はスポーツセダン…島崎七生人"

思えば最初の『X5』には「BMWがSUV? 本当に!?」と驚いたもの。けれどBMWからMPVが登場しても平然と受け止められたのは、そういう時代だからか? 着々とバリエーション拡充も推進しており、一過性

>>続きを見る

(07月24日)

【BMW 2シリーズ カブリオレ 試乗】手の内に収められるコンパクト感…島崎七生人"

実際のボディサイズはひと回り大きい。けれどE30の頃の『3シリーズ』の、あのコンパクトでシャンとしたスポーティな走りの味を連想させれくれるのが、FR系の今の『2シリーズ』だ。 試乗車は最新モデルの2

>>続きを見る

(07月20日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】実用性+αの魅力にホロリ…島崎七生人"

軽快、パワフル、なめらかな乗り味。まるで洗練されたセダンのような持ち味を、そのままMPVに詰め込んだ…そんな仕上がりぶりにホロリとさせられた。 試乗車は、新たに2リットルの4気筒ディーゼルターボ(1

>>続きを見る

(07月19日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】高速からワインディングまで、あらゆるシーンをこなす4WDモデル…諸星陽一"

BMWブランド初のFFモデルとして登場したアクティブツアラーの4WD版への初試乗がかなった。 試乗車は225i xドライブ アクティブツアラー Mスポーツ。2リットルエンジンを搭載する4WDモデル

>>続きを見る

(07月14日)

【BMW 2シリーズ グランツアラー 試乗】BMW初のミニバンはスポーツ指向で走り重視…諸星陽一"

『2シリーズ グランツアラー』は、2シリーズの基本コンポーネンツを使ったBMWとして初の3列シートミニバン。 すでにデビューしている2シリーズアクティブツアラーにサードシートを追加したと考えてもいい

>>続きを見る

(07月11日)

【BMW 2シリーズ グランツアラー 試乗】長く愛せそうな外観と乗り味…島崎七生人"

むかし『フェアレディZ』に“2by2”があったように、5シーターの『2シリーズアクティブツアラー』に+2のシートを追加、7人乗りのMPVに仕立てた同車。「アクティブ…」に対し、全長が215mm、ホイー

>>続きを見る

(07月09日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】FFになってもBMWらしい安心感…諸星陽一"

BMWブランドとして初となるFFモデルの『2シリーズ アクティブツアラー』が登場した。試乗したのは「218アクティブツアラー・ラグジュアリー」。 搭載されるエンジンは136馬力/220Nmの1.5リ

>>続きを見る

(01月31日)

2014年度

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】見た目はいいけど過度の期待は禁物…岩貞るみこ"

BMW『2シリーズ アクティブツアラー』は、BMWらしい細マッチョなデザイン。鍛えられた筋肉の上にうっすらと必要最低限の脂肪が覆った様子は、水泳選手の美しさに通じるものがある。 フォルムには高さがあ

>>続きを見る

(12月10日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】想像以上に軽快な加速、高い完成度はさすが…吉田匠"

BMWの『2シリーズ アクティブツアラー』は、2つの点で、BMWにとって画期的なクルマだ。ひとつはブランド初のピープルムーバー、平たくいえばミニバンの類であること。もうひとつが、ブランド初の前輪駆動車

>>続きを見る

(12月07日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】理論武装の果てに誕生した異端児…中村孝仁"

最新のBMW『218iアクティブツアラー』は 、2シリーズの名をもつものの、既存のクーペとは何の脈絡もない、全くの別グルマだ。そもそも駆動方式からして異なり、当然アーキテクチャも別なものだから、本来な

>>続きを見る

(12月06日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】万人を受け容れるオーソドックスさ…島崎七生人"

第一印象は“非常にオーソドックス”だった。「(日本の多くの)MPV、ハイトワゴンとは一線を画す」(BMW広報室)としながらも、ファミリーカーとしての安心感を重視したのだろう。 個人的には少々以前のE

>>続きを見る

(12月02日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】MINIのよさも持つ日本サイズSUV…石川真禧照"

BMWの『2シリーズ』といえば、2014年2月にデビューした『2シリーズ クーペ』が第一弾だった。これは『1シリーズ』をベースにした後輪駆動の2ドアのスポーツクーペだった。 今回の『アクティブツアラ

>>続きを見る

(11月30日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】これはアリ、駆動方式なんて関係ない…竹岡圭"

FFのBMWって…と、いろんな意味で話題になっている『BMW 2シリーズ』に属する『アクティブツアラー』ですが、私はこれはこれでアリだと思っています。もちろんクルマの動力性能的バランスを考えたらFRの

>>続きを見る

(11月28日)

【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 海外試乗】FF車とは思えぬ爽やかなステアフィール…松下宏"

BMWがこの秋に日本市場に導入を予定している『2シリーズ アクティブツアラー』にオーストリアで試乗した。インスブルックからゼルデンにかけての試乗コースは市街地から高速道路、ワインディングといろいろなシ

>>続きを見る

(09月14日)

【BMW M235i クーペ 試乗】普段は淑女、ときどきゲリラ豪雨的に奔放…岩貞るみこ"

ジェンダーをとやかく言うつもりはないけれど、『2シリーズ』の立ち居地は女性に心地いい。 クルマに乗らされている感もないし、誰かに寄生して買ってもらったオーラも出ない。そしてそれが密かに、Mシリーズだ

>>続きを見る

(08月20日)

【BMW M235i MT 試乗】正統派スポーツカーの味わい…島崎七生人"

“スポーツ・カー”とBMW自身も明言する『M235iクーペ』。新しい『2シリーズ』の上位に位置づけられるこのモデルは、BMW M Performance Automobilesの手により仕立てられた走

>>続きを見る

(05月17日)

【BMW 220i Sport 試乗】E36クーペを彷彿する身のこなし…島崎七生人"

1966年の02(マル二)の系譜。BMWもそう明言するF22型『2シリーズ』クーペは、『4シリーズ』『6シリーズ』に続く、偶数のシリーズ名がつく新車種として発足した。 いかにもクリーンな外観は、妙に

>>続きを見る

(05月03日)


車買取

Copyright (C) 2010 IRI Commerce and Technology Inc. All Rights Reserved.