中古車相場49.7万円 ※14.9142.0万円 ※1 諸費用平均:5.9万円 ※3
ボディタイプ別ランキング: 売れ筋ランキング 21位  注目度ランキング 12位

買取相場22.8万円 ※2

  • ※1 現在「車選び.com」に掲載されている全車両の小売価格・支払総額です。
  • ※2 全国の買取データを毎週直近6ヶ月ごとに集計・解析し、算出した価格です。
  • ※3 名義変更・車庫証明代行・納車費用等を合算した平均値です。

ストリーム
ストリームのカタログ

新しく掲載されたホンダ・ストリームの中古車

販売店の口コミ投稿でAmazonギフト券1,000円分プレゼント!詳しくはこちら
選択中
  • メーカー・ブランド ホンダ
  • 車名 ストリーム
  • 年式 H.21年(2009)〜H.21年(2009)

ホンダ ストリームの中古車

1

1〜1件を表示

元の並び順に戻す メーカー▲車名▲ 年式▼ 走行距離▲ 排気量▲ 車検▼
新着▼ 車両価格▲支払総額▲ 修復歴▼ 地域 サービス
ホンダ ストリーム 1.8 X HDDナビエディション

車両価格 42.8万円

支払総額 53.8万円

H.21(2009)年 7.7万km 1.80L R.2年03月
なし 奈良県
橿原市

ワンポイント:

  • 店舗取扱保証付き
情報提供:カーセンサー

検索結果の件数が少ないと思ったら…条件を緩めて検索してみる(検索条件を緩めると、以下のような中古車がヒットします。)

検索結果 294件
ホンダ ストリーム 1.8 ZS HDDナビパッケージ
ホンダ ストリーム 1.8 ZS HDDナビパッケージ
車両価格:39.8万円
支払総額:49.8万円
年式:H.22(2010)年
走行距離:11万km
お気に入りに追加
ホンダ ストリーム 1.8 RSZ HDDナビエディション
ホンダ ストリーム 1.8 RSZ HDDナビエディション
車両価格:60万円
支払総額:73万円
年式:H.21(2009)年
走行距離:9.9万km
お気に入りに追加
ホンダ ストリーム
ホンダ ストリーム
車両価格:109万円
支払総額:124万円
年式:H.26(2014)年
走行距離:4万km
お気に入りに追加
ホンダ ストリーム
ホンダ ストリーム
車両価格:119.8万円
支払総額:135万円
年式:H.26(2014)年
走行距離:4.8万km
お気に入りに追加
ホンダ ストリーム
ホンダ ストリーム
車両価格:69.8万円
支払総額:93.0万円
年式:H.22(2010)年
走行距離:5.1万km
お気に入りに追加
ホンダ ストリーム
ホンダ ストリーム
車両価格:59.8万円
支払総額:82.3万円
年式:H.22(2010)年
走行距離:6.4万km
お気に入りに追加
ホンダ ストリーム
ホンダ ストリーム
車両価格:96.8万円
支払総額:116.9万円
年式:H.25(2013)年
走行距離:5.2万km
お気に入りに追加
ホンダ ストリーム
ホンダ ストリーム
車両価格:108.8万円
支払総額:132.3万円
年式:H.26(2014)年
走行距離:3万km
お気に入りに追加

条件を緩めてヒットしたすべての中古車を見る(294件)

車両条件

検索中

該当車両0

ホンダ・ストリームとは

ホンダ・ストリーム


ホンダのストリームは5ナンバーサイズの3列シート7人乗りのミニバンです。その鍛え抜かれたドライビングパフォーマンスが魅力的です。初代は2000-2001年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。乗り心地の良さを追求した3列7人乗りキャビンは、床を限界まで低くすることで背が高い人でもゆとりを感じられる広々とした頭上空間を実現しています。ただ、それほどの高さは無いので後ろのドアを開けて3列目シートまで潜りこむのはけっこう大変だったりします。2列シートも選べますので、乗り降りのしにくさやシートのサイズなどを考えれば、この手の車でも3列目シートにこだわらず、2列シート5人乗りを選んだ方が、荷物もたくさん積めて、軽快で良いかもしれません。
エンジンはホンダが独自に作り上げた可変バルブタイミング・リフト機構と可変吸気量制御を融合させた1.8L/2.0L i‐VTEC。十分なトルクと軽くてコンパクトな構造を併せ持っています。ボディ構造や吸音材の絶妙な配置により静寂性に優れ、心地の良いエンジン音とともに快適なドライブを演出します。高性能サスペンションや低全高・低重心フォルムが、ドライバーと車の一体感をより高め、操縦する楽しさをより一層高めてくれます。また、UVカットガラスを全面に使用しているので、紫外線が気になる女性も安心です。
環境性にも優れており、全タイプが平成22年度燃焼基準に適合しています。また、全ての部品から六価クロムやカドミウムの使用を廃止するなど、多くの側面からエコに対するアプローチを行っています。
安全性能にも力を入れ、レーダーで追突の可能性を検知して音と表示で伝え、有事の際には自動でブレーキをかける追突軽減ブレーキと、それに並行して作動し、自動でシートベルトを強くひきこんで乗員を守るE-プリテンショナーで事故を予防します。また、「Gコントロール」と呼ばれるホンダ独自の衝突安全技術により、全方位からの衝撃を軽減する頑丈なボディで乗員を衝突事故から守ります。

ホンダの関連ページ

ストリーム(ホンダ)の関連情報