中古車相場31.9万円 ※10.196.8万円 ※1 諸費用平均:5.1万円 ※3
ボディタイプ別ランキング: 売れ筋ランキング 14位  注目度ランキング 12位

買取相場16.9万円 ※2

  • ※1 現在「車選び.com」に掲載されている全車両の小売価格・支払総額です。
  • ※2 全国の買取データを毎週直近6ヶ月ごとに集計・解析し、算出した価格です。
  • ※3 名義変更・車庫証明代行・納車費用等を合算した平均値です。

ライフ
ライフのカタログ

新しく掲載されたホンダ・ライフの中古車

販売店の口コミ投稿でAmazonギフト券1,000円分プレゼント!詳しくはこちら
選択中
  • メーカー・ブランド ホンダ
  • 車名 ライフ
  • 年式 H.22年(2010)〜H.22年(2010)
ホンダ ライフ C

車両価格 23万円

支払総額 30万円

H.22(2010)年 9.1万km 0.66L 車検整備付
なし 北海道
北斗市

ワンポイント:1年間走行距離無制限保証 車検整備付

BEST CAR SHOP J-1one【ベストカーショップ ジェイワン】
私が担当します!
担当:佐藤 準祐

こちらの【ライフ】ホンダは弊社でもイチオシの1台になります。 お客様のカーライフの安心、安全にベストをつくしますので、是非お気軽にお問い合わせください!

担当:佐藤 準祐

無料 TEL
0066-9686-29646
ホンダ ライフ G

車両価格 23万円

支払総額 30万円

H.22(2010)年 9.8万km 0.65L R.3年11月
なし 岐阜県
恵那市

ワンポイント:車検 令和3年11月28日

ROYAL STAGE 【ロイヤルステージ】
私が担当します!
担当:山田 恭弘

担当の山田 恭弘です。ライフのことならお任せ下さい!

担当:山田 恭弘

無料 TEL
0066-9686-24408
ホンダ ライフ G

車両価格 21.8万円

支払総額 27.8万円

H.22(2010)年 5.7万km 0.65L 検なし
なし 愛知県
江南市

ワンポイント:バックカメラ・ETC付き!!

無料 TEL
0066-9686-26352
ホンダ ライフ G

車両価格 24.8万円

支払総額 29万円

H.22(2010)年 5.7万km 0.66L R.3年01月
なし 大分県
豊後大野市

ワンポイント:

  • 店舗取扱保証付き
情報提供:カーセンサー
ホンダ ライフ ディーバ スマートスタイル

車両価格 24万円

支払総額 30万円

H.22(2010)年 14.5万km 0.66L R.4年02月
なし 長野県
長野市

ワンポイント:

  • 店舗取扱保証付き
情報提供:カーセンサー
ホンダ ライフ C コンフォートスペシャル

車両価格 20万円

支払総額 25万円

H.22(2010)年 7.7万km 0.66L R.4年02月
なし 新潟県
新潟市西区

ワンポイント:

情報提供:カーセンサー
ホンダ ライフ

車両価格 21.8万円

支払総額 26.8万円

H.22(2010)年 10万km 0.66L R.3年03月
あり 新潟県
新潟市南区

ワンポイント:パステル 検R3/3 バックカメラ ETC

無料 TEL
0066-9686-24590
ホンダ ライフ パステル 4WD

車両価格 23万円

支払総額 28万円

H.22(2010)年 10.6万km 0.66L 車検整備付
なし 北海道
釧路市

ワンポイント:

コミッカーF&One【コミッカーエフアンドワン】
私が担当します!
担当:オオクボ

いらっしゃいませ!代表のオオクボと言います! こちらのお車ライフは弊社在庫のお値打ち車輌です! 是非一度お問い合わせください!

担当:オオクボ

無料 TEL
0066-9686-22722
ホンダ ライフ

車両価格 23.8万円

支払総額 -万円

H.22(2010)年 5.9万km 0.66L 検なし
なし 香川県
高松市

ワンポイント:C コンフォートスペシャル

無料 TEL
0066-9686-25628

車両条件

検索中

該当車両0

ホンダ・ライフとは

ホンダ・ライフ


ホンダ・ライフは360ccの時代に存在した2ボックス軽自動車と、660ccの時代にその名称を復活したトールワゴンタイプの軽自動車である。

1997年にデビューした660ccのライフはデザインもロゴも360cc時代のイメージを残していない。
同じ軽自動車という以外に全く共通性のない2つのモデルと見るのが自然で、後のN-ONEがN360の面影を残したボディデザインとしたこととは対照的である。
ホンダが車名の命名を使いまわすことはよくあることで、「BEAT」は50ccスクーターから660cc軽スポーツカーの名前に、軽乗用車の「TODAY」の名前は50ccスクーターに、という具合である。

1971年にデビューした初代ライフはN360の後継として登場した。
N360ではまるでバイクのような二気筒空冷のコンパクトなエンジンがフロントに収まっていたが、ライフはこれをバランサーつき水冷エンジンとして騒音や振動から乗員を開放し暖房性能を上げ、快適性は飛躍的に向上させた。
エンジンとトランスミッションは現在の一般的なFF乗用車のようにエンジンとトランスミッションを横向きに繋げて配置する、いわゆる「ダンテ・ジアコーザ式」レイアウトを取っている。 » 続きを見る

ホンダの関連ページ

ライフ(ホンダ)の関連情報