中古車相場149.3万円 ※149.8898.0万円 ※1 諸費用平均:8.0万円 ※3
ボディタイプ別ランキング: 売れ筋ランキング 14位  注目度ランキング 4位

買取相場101.7万円 ※2

  • ※1 現在「車選び.com」に掲載されている全車両の小売価格・支払総額です。
  • ※2 全国の買取データを毎週直近6ヶ月ごとに集計・解析し、算出した価格です。
  • ※3 名義変更・車庫証明代行・納車費用等を合算した平均値です。

シルビア
シルビアのカタログ

販売店の口コミ投稿でAmazonギフト券1,000円分プレゼント!詳しくはこちら
選択中
  • メーカー・ブランド 日産
  • 車名 シルビア

検索の結果、ご希望の条件に該当する中古車は0件です。
条件を変更して再度お探しください。

欲しい車が見つからなかった…そんなときは、「入庫お知らせメール」で最新入荷情報をお届けします!登録カンタン!登録した条件のお車が車選び.comに入庫した際に、いち早くメールでお知らせします。

ご希望の条件の中古車入荷情報をメールで受け取る

検索結果の件数が少ないと思ったら…条件を緩めて検索してみる(検索条件を緩めると、以下のような中古車がヒットします。)

検索結果 101件
日産 シルビア 2.0 スペックS Gパッケージ
日産 シルビア 2.0 スペックS Gパッケージ
車両価格:75万円
支払総額:89万円
年式:H.12(2000)年
走行距離:9.9万km
お気に入りに追加
日産 シルビア 2.0 Q’s エアロSE
日産 シルビア 2.0 Q’s エアロSE
車両価格:159万円
支払総額:178.6万円
年式:H.10(1998)年
走行距離:12.4万km
お気に入りに追加
日産 シルビア 2.0 Q’s SEダイヤセレクションII
日産 シルビア 2.0 Q’s SEダイヤセレクションII
車両価格:169万円
支払総額:188.6万円
年式:H.9(1997)年
走行距離:12.2万km
お気に入りに追加
日産 シルビア 2.0 K’s クラブセレクション
日産 シルビア 2.0 K’s クラブセレクション
車両価格:185万円
支払総額:206万円
年式:H.4(1992)年
走行距離:9.9万km
お気に入りに追加
日産 シルビア 2.0 スペックR
日産 シルビア 2.0 スペックR
車両価格:125万円
支払総額:146万円
年式:H.12(2000)年
走行距離:16.2万km
お気に入りに追加
日産 シルビア 2.0 スペックR エアロ
日産 シルビア 2.0 スペックR エアロ
車両価格:80万円
支払総額:98万円
年式:H.13(2001)年
走行距離:20.4万km
お気に入りに追加
日産 シルビア 2.0 スペックR エアロ
日産 シルビア 2.0 スペックR エアロ
車両価格:188万円
支払総額:204万円
年式:H.12(2000)年
走行距離:12.4万km
お気に入りに追加
日産 シルビア 2.0 スペックR Lパッケージ
日産 シルビア 2.0 スペックR Lパッケージ
車両価格:258.5万円
支払総額:266.6万円
年式:H.14(2002)年
走行距離:9.5万km
お気に入りに追加

条件を緩めてヒットしたすべての中古車を見る(101件)

車両条件

検索中

該当車両0

日産・シルビアとは

日産・シルビア


シルビアは元々1965年にダットサン フェアレディのボディを載せ替えたスペシャルで高価なクーペとして世に出ましたが、1988年発売のS13型でデートカーブームにはまり一世を風靡した車種です。
S13の後期型以降、一貫してフロントに積んだSR20DEまたはターボつきのSR20DET型エンジンでリアタイヤを駆動する構成と比較的軽量コンパクトなボディが特徴で、兄弟車の180SXとともに、生産中止から年を経た現在でも競技用やいわゆる「走り屋」に人気があります。
1988年、S13型シルビアはクリスプカットと呼ばれた初代を彷彿とさせる美しいデザインでグッドデザイン賞を受賞しました。1990年までの前期型のエンジンはCA18DE/CA18DET型(135ps/175ps)、1991年からの後期型はSR20DE/SR20DET型(140ps/205ps)とパワフルなもので、比較的軽量なボディと相まって高い走行性能を誇っています。
1993年、シルビアはフルモデルチェンジしS14型になりました。先代S13型シルビアが軽量コンパクトな点が人気の理由の一つだったのに対し当時は珍しかった3ナンバーであること、従来シルビアの持っていたスポーツカーとしてのイメージに馴染まない優しい顔つきであったこともあり一般には不評でした。そのためか、1996年のマイナーチェンジで前後のスタイルは見直しが図られ、つり目のような細く切れ上がったヘッドライトで精悍なイメージを取り戻しています。
また1999年デビューのS15型では大型化したS14型の反省から5ナンバーサイズに縮小されました。S15型はターボモデルは250psまで出力をアップしましたが2002年の排ガス規制に対応できず、ファンに惜しまれながら生産を終了しました。

日産の関連ページ

シルビア(日産)の関連情報