ランドローバー レンジローバーイヴォーク買取査定・価格相場

レンジローバーイヴォーク (ランドローバー)

2020年5月のレンジローバーイヴォーク平均買取相場は

ズバリ 308万円 〜 417万円 です

※2018年式、走行距離2.2万kmの場合の参考価格です。

買取相場を確認したら実際の買取価格をチェックしよう!

査定依頼スタート

\ あなたの愛車は今いくら? /

買取査定シミュレーターで愛車の買取相場をチェック!

年式
走行距離
買取相場をチェック

あなたのレンジローバーイヴォークの買取相場は、現在 308万円 〜 417万円 です

愛車の相場が分かったら、実査定で最高買取額を知ろう!

車選び.comの一括査定ではたった1回の入力で、全国200社を超える買取店のうち複数社に査定依頼が可能!

あなたの愛車を高く買い取ることができる買取店を厳選して最高額をゲット!

あなたのレンジローバーイヴォーク買取最高額を調べてみる

※このページに掲載しているレンジローバーイヴォーク買取相場は、最新の中古車売買情報に基づいて、中古車情報サイト「車選び.com」が独自に統計分析したものです。お車の状態によって値段は変わるため、実際の買取価格を保証するものではありません。 ※当サイトに掲載している買取相場情報の無断転載はお断りしています。

レンジローバーイヴォークが高く売れるタイミング

レンジローバーイヴォークを高く売るタイミングとして、一般的に引っ越しなどのライフイベントで需要が高まる前の、1〜2月と7〜8月に買取価格が上がりやすいと言われています。

しかし、買取価格を決める上で季節よりも重要な要素があることはご存知でしょうか?それはフルモデルチェンジの時期です。新しいモデルのレンジローバーイヴォークが発売されると人気が集まるため、古いモデルのレンジローバーイヴォークは大幅に値下がりしてしまいます。そのためフルモデルチェンジを予想して、その前に車を売るのがベストなタイミングと言えるでしょう。

フルモデルチェンジに対する正式な発表は、販売の直前にされることが多く、発表されてからでは高価買取を狙うのは厳しくなります。前回のモデルチェンジや新車販売の動きからある程度予測はできるのですが、自動車業界の動きを追いかけていないとモデルチェンジを予測するのは難しいです。

そこで車選び.comでは、中古車情報サイトを15年以上運営してきたノウハウと自動車業界の動きから、レンジローバーイヴォークの次回フルモデルチェンジを大胆予想!ぜひ、レンジローバーイヴォークの売却タイミングの検討にご活用ください。

レンジローバーイヴォークのモデルチェンジ予想

次回フルモデルチェンジ予想 未定

レンジローバーイヴォークのフルモデルチェンジに関する情報を発見することができませんでした。
フルモデルチェンジに関する業界ニュースや噂が出始めると買取価格が下がる傾向にあるので、そういった情報が出る前に売却して高く買い取ってもらうのも賢い車の売却方法です。

買取相場の傾向を確認したら、実査定で最高買取額をチェック!

あなたのレンジローバーイヴォーク買取最高額を調べてみる

レンジローバーイヴォークの買取相場表

当サイトでレンジローバーイヴォーク買取相場を調べた方のシミュレーション結果から、年式別・走行距離別の平均的な価格帯をまとめました。

年式別のレンジローバーイヴォーク平均買取相場

年式別 査定相場・買取金額
2019年(令和1年) 368万円 〜 474万円
2018年(平成30年) 308万円 〜 417万円
2017年(平成29年) 306万円 〜 384万円
2016年(平成28年) 273万円 〜 346万円
2015年(平成27年) 250万円 〜 319万円
2014年(平成26年) 222万円 〜 297万円
2013年(平成25年) 211万円 〜 263万円
2012年(平成24年) 184万円 〜 227万円
2011年(平成23年) 156万円 〜 205万円
2010年(平成22年) 実績不足で算出できません

走行距離別のレンジローバーイヴォーク平均買取相場

走行距離別 査定相場・買取金額
10000km 334万円 〜 470万円
20000km 309万円 〜 389万円
30000km 272万円 〜 344万円
40000km 234万円 〜 302万円
50000km 211万円 〜 263万円
60000km 146万円 〜 202万円
70000km 実績不足で算出できません
80000km 実績不足で算出できません
90000km 実績不足で算出できません
100000km 実績不足で算出できません

レンジローバーイヴォークの買取・下取実績

レンジローバーイヴォークの実際の買取価格はどれくらい?平均買取価格は?一般的にどれくらいのタイミングで売却を検討するの?

レンジローバーイヴォークの買取情報から、気になる「平均買取価格」「最高買取価格」「平均年式」「平均走行距離」「査定満足度」をまとめました。

平均買取価格 -(実績不足のため算出できません) 最高買取価格 3,395,000
平均年式 4年1か月 平均走行距離 2.1万km
査定満足度 - 評価:0.0
※中古車情報サイト「車選び.com」が提供する中古車管理システムから、過去6か月間の買取・下取査定データをもとに統計分析して算出。

レンジローバーイヴォーク買取実績一覧を見る

レンジローバーイヴォーク買取特徴

デザイン性と走破性を兼ね備えたレンジローバーイヴォーク

レンジローバーイヴォークはランドローバーの高級ブランド、レンジローバーシリーズのエントリーモデルとして2012年に日本に導入されたクロスオーバーSUVです。一般的にクロスオーバーSUVはオンロード志向でオフロード性能は若干低いとされていますが、イヴォークはランドローバーのオフロード性能を犠牲にすることなく開発されたモデルです。

レンジローバーイヴォークはデザイン重視にもかかわらず、ランドローバーの走破性を兼ね備えていることが最大の特徴です。2008年1月に開催された北米国際オートショーにてコンセプトカー「LRX」が出展され、SUVの概念を覆すクーペライクなスタイルが大きな話題を呼びました。2年後にレンジローバーイヴォークとして、好評だった「LRX」のデザインほぼそのままで発表されたため、レンジローバーシリーズのベストセラーになっています。バリエーションは5ドアと3ドア(クーペ)があり、ドア枚数とバンパーの一部、マフラーエンド(前期のみ)以外は共通で、クーペのようなサイドシルエットも同じです。

どのグレードもエンジンは共通で直列4気筒DOHCターボとなっているほか、2014年モデルからは世界で初めて9速ATが搭載された乗用車となりました。他のランドローバーの車種と同じく「テレイン・レスポンス」が搭載されており、ディスカバリーやフリーランダーと同じように悪路を走り抜けることができるほか、2014年からはサイドミラーから下に向けてレーダーを出し、水深をセンターモニターに表示させる「ウェイド・センシング」が搭載され、20015年モデルではより豪華なグレード「Autobiography」が追加されました。

2015年9月にフェイスリフト後のモデルが発表され、ヘッドライトがランドローバー初のフルLEDに変更され、1年後には2017年モデルとして、世界発のSUVコンバーチブル「イヴォークコンバーチブル」が追加、全グレードに10.2インチのタッチスクリーン、SSDナビゲーションが標準装備となっています。

上級車種のレンジローバー、レンジローバースポーツと同じく、優れた走破性と快適乗り心地が両立されており、レンジローバーシリーズの名に恥じない車です。

レンジローバーイヴォークの人気モデル・グレード

レンジローバーイヴォークは非常に人気の高い車種で、古く見えない斬新なデザインも手伝ってリセールバリューが高くなっています。そこで、買取で有利になるグレードやオプションを紹介していきます。

人気グレード・HSEDynamic

「HSEDynamic」は他のグレードに比べてスポーティな装備が標準で付いてきます。ステアリングはパーフォレイテッドレザーとなり、ボンネットダクト、グリルバーはブラックになります。また、オプションでダイナミック・プラス・パックが用意されており、このオプションを選ぶと専用バケットシートが装備されます。

人気オプション・ブラックデザインパック

エクステリアのメッキパーツやシルバー調パーツがすべてブラックで統一され、ホイールも専用のブラックカラーとなります。高額オプションなので装着率は低めですが、中古車市場ではとても人気があるオプションなので査定に大きく影響されるオプションの一つです。

安全装備全般

運転支援システムのアダプティブ・クルーズ・コントロールとアドバンスド・パークアシスト、ブラインドスポットモニターや車線を維持するようドライバーに促すレーンデパーチャー・ワーニングがオプションで用意されています。どの安全装備も基本的にプラスになる傾向があり、中でもアダプティブ・クルーズ・コントロール装着車はとても人気があります。

レンジローバーイヴォークの中古車相場の傾向

前期、後期共に人気があるため買取相場が崩れにくいレンジローバーイヴォーク。フェイスリフトでクーペモデルが1グレードとなってしまいますが、5ドアモデルと変わらない相場で取引されています。他の車種と同じように5万キロを超えると相場が下がってしまいますが、基本的に同サイズのライバルに比べて値下がりしにくいと見て取れます。

査定が下がりやすいポイントがいくつかあり、極端にオプションが少ない事や奇抜なエクステリアカラー、修復歴ありです。勘違いしやすいのが修復歴です。修復歴は事故などでフレーム(骨格)を直している場合のことを指すため、どれだけ大きな事故を起こし、ドアや灯火類を交換してあったり一目でわかる大きな傷があっても、フレームが無傷なら修復歴あり(事故車)にはなりません。エクステリアカラーはイヴォークだけでなく一部を除いたほぼ全車種に言えることで、ホワイト、ブラックが査定で有利なツートップカラーです。

2017年モデルからインフォテイメントシステムが刷新されているため、2017年以降のモデルと以前のモデル(後期のみ)で多少相場に差ができていますが、フルモデルチェンジまでの間は大きな値崩れは考えにくいと言えるでしょう。

ランドローバーの人気ランキング車種買取相場

SUV/クロカンの人気ランキング車種買取相場(ランドローバーを除く)

【相場情報更新】

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう! JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら
	「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。