ハイゼットトラック (ダイハツ) の買取相場例
グレード エアコン パワステ スペシャル
年式 2013年式 走行距離 3.5万km
最高額 35万円
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

その他事例をまとめた買取相場情報はこちら!

ハイゼットトラック (ダイハツ)

相場を調べて比較してみましょう

完全無料!今すぐ査定依頼スタート!概算価格もネットで分かる!

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう! JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら
	「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

ハイゼットトラック (ダイハツ) の買取相場・下取り価格

【相場情報更新】

中古車情報サイト車選び.comが提供する中古車管理システムから、全国4000社分の中古車買取・下取り価格データをもとに買取相場を算出!
ハイゼットトラック (ダイハツ) の最新の査定情報をご紹介します。

ハイゼットトラック (ダイハツ) の買取情報

ハイゼットトラックの平均買取価格はどれくらい?最高買取価格や最低買取価格は?一般的にどれくらいのタイミングで売却を検討するの? ハイゼットトラックの買取情報から、気になる「平均買取価格」「最高買取価格」「最低買取価格」「平均売却期間」「平均走行距離」をまとめました。

平均買取価格 534,000 ↑(前月比30,000円 / 変動率14%)
最高買取価格 869,000 最安買取価格 50,000
ハイゼットトラック (ダイハツ)
平均売却期間 7年4か月 平均走行距離 5.8万km
査定満足度 2.8 評価:2.8

あなたのハイゼットトラックの正確な査定額を調べてみる

ハイゼットトラック (ダイハツ) の買取相場一覧

ハイゼットトラックの買取・下取価格データを買取相場表にして一挙公開!グレードやボディー色、年式、走行距離も情報公開されているので、より具体的な価格が分かります。並び替え機能もついて比較が更にしやすくなりました!

車名・グレード 年式 走行距離 カラー 地域 査定時期 査定額
ハイゼットトラック ジャンボ 2016年
( 平成28年)
2〜3万km ブラック 大阪府 2019年11月 869,000
ハイゼットトラック ジャンボ SAIIIt 4WD 2019年
( 令和1年)
0〜1万km グリーン 沖縄県 2019年10月 794,000
ハイゼットトラック (ベースグレード) 2013年
( 平成25年)
4〜5万km ホワイト 千葉県 2019年09月 783,000
ハイゼットトラック スタンダード SAIIIt 4WD 2018年
( 平成30年)
0〜1万km グリーン 富山県 2019年09月 770,000
ハイゼットトラック スタンダード 農用スペシャル SAIIIt 4WD 2018年
( 平成30年)
0〜1万km ホワイト 神奈川県 2019年08月 701,000
ハイゼットトラック スタンダード 2019年
( 令和1年)
0〜1万km ホワイト 千葉県 2019年07月 695,000
ハイゼットトラック ジャンボ 4WD 1988年
( 昭和63年)
3〜4万km レッド 和歌山県 2019年07月 692,000
ハイゼットトラック エクストラ 4WD 1988年
( 昭和63年)
1〜2万km ホワイト 愛知県 2019年07月 648,000
ハイゼットトラック エクストラ 4WD 1988年
( 昭和63年)
1〜2万km ワイン 岐阜県 2019年09月 644,000
ハイゼットトラック ジャンボ 1988年
( 昭和63年)
2〜3万km ブラック 静岡県 2019年09月 640,000
ハイゼットトラック スタンダード SAIIIt 4WD 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km ホワイト 沖縄県 2019年07月 635,200
ハイゼットトラック スタンダード SAIIIt 2019年
( 令和1年)
0〜1万km シルバー 岐阜県 2019年07月 623,000
ハイゼットトラック 多目的ダンプ PTO式 4WD 2015年
( 平成27年)
2〜3万km ホワイト 京都府 2019年09月 622,000
ハイゼットトラック ジャンボ 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km グリーン 滋賀県 2019年07月 589,600
ハイゼットトラック スタンダード 2018年
( 平成30年)
0〜1万km ホワイト 兵庫県 2019年08月 588,000
ハイゼットトラック スタンダード 農用スペシャル 4WD 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km ホワイト 鹿児島県 2019年08月 586,400
ハイゼットトラック 垂直式テールリフト 2013年
( 平成25年)
2〜3万km ホワイト 愛知県 2019年07月 578,000
ハイゼットトラック スタンダード SAIIIt 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km ピンク 長野県 2019年07月 576,000
ハイゼットトラック STD 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km ホワイト 山梨県 2019年09月 576,000
ハイゼットトラック スタンダード 4WD 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km ホワイト 大阪府 2019年07月 571,200
ハイゼットトラック エクストラ 2017年
( 平成29年)
0〜1万km ホワイト 埼玉県 2019年06月 567,000
ハイゼットトラック ローダンプ 4WD 1988年
( 昭和63年)
7〜8万km ホワイト 山口県 2019年09月 564,000
ハイゼットトラック ハイゼットトラック 1988年
( 昭和63年)
8〜9万km ホワイト 和歌山県 2019年09月 556,800
ハイゼットトラック スタンダード 4WD 1988年
( 昭和63年)
3〜4万km ブルー 鳥取県 2019年07月 556,000
ハイゼットトラック エクストラ 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km ホワイト 福島県 2019年08月 556,000
ハイゼットトラック スタンダード 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km ホワイト 愛知県 2019年09月 544,800
ハイゼットトラック エクストラ 55thアニバーサリー ゴールドエディション 2016年
( 平成28年)
2〜3万km ブラック 大阪府 2019年10月 533,000
ハイゼットトラック エクストラ 1988年
( 昭和63年)
0〜1万km ホワイト 岐阜県 2019年07月 532,800
ハイゼットトラック スタンダード 2019年
( 令和1年)
0〜1万km ホワイト 大阪府 2019年11月 532,000
ハイゼットトラック (ベースグレード) 2014年
( 平成26年)
3〜4万km ホワイト 栃木県 2019年11月 532,000
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。お車の状態によって値段は変わるため、実際の買取価格を保証するものではありません。

あなたのハイゼットトラックの正確な査定額を調べてみる

ハイゼットトラック (ダイハツ) の売却検討時期ランキング

中古車管理システムで集計された過去半年の買取・下取りデータをもとに、どういったタイミングで ハイゼットトラックを売却検討される方が多いのかランキング形式で公開しています。
最も売却検討されたタイミングは「 1年落ち0.3万km走行」のタイミングで、平均買取価格は 75.2万円となりました。

順位 売却検討時期 平均買取価格
1 1年落ち 0.3万km走行 75.2万円
2 6年落ち 3.5万km走行 54.4万円
3 2年落ち 0.8万km走行 101.7万円
4 1年落ち 0.2万km走行 84.9万円
5 1年落ち 0.2万km走行 74.4万円
6 0年落ち 0.1万km走行 65.9万円
7 2年落ち 0.3万km走行 63.1万円
8 6年落ち 5.8万km走行 57.1万円
9 5年落ち 3.2万km走行 43.6万円
10 12年落ち 8.2万km走行 40.8万円
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

あなたのハイゼットトラックの正確な査定額を調べてみる

ハイゼットトラック (ダイハツ) のモデルチェンジ情報

車種 モデルチェンジ予想
ハイゼットトラック (ダイハツ) 2020年 12月
ハイゼットトラック (ダイハツ) はあと12ヶ月でモデルチェンジを行う予定です。 参考記事
モデルチェンジが行われると、その車種の買取価格が下がってしまいますので、モデルチェンジ前にお早めに売却して高く買い取ってもらいましょう。

ハイゼットトラック (ダイハツ) のリセールバリュー推移

ハイゼットトラック人気モデル(型式)をピックアップして、買取価格の推移表を表示しています。
車検を機に車を売却するかご検討中の方はもちろん、今お乗りの車を乗り潰そうか売却しようかお悩みの方も、ハイゼットトラックの3年落ち・5年落ち・7年落ちのリセールバリューを確認して参考にしてみてください!

    ※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

    あなたのハイゼットトラックの正確な査定額を調べてみる

    ハイゼットトラック (ダイハツ) の買取で一括査定された方の評判・口コミ(最新10件)

    今までに ハイゼットトラック (ダイハツ) の買取で一括査定を受けたことがあるユーザーからの口コミ・体験談のうち、最新10件を掲載しています。
    「価格」「接客」「お店の雰囲気」「スピード」「満足度」の5つの評価軸を点数で評価して、実際来店して感じたユーザーの感想と実際の買取価格も掲載しました。買取査定にまつわる口コミを参考にして一括査定の雰囲気を掴みましょう。(中には高価買取のヒントになる口コミもあります!車買取の交渉材料としてお役立てください。)

    ダイハツの人気車種買取相場

    軽トラックの人気車種買取相場( ダイハツを除く)

    ハイゼットトラック (ダイハツ) 買取の特徴

    ハイゼットトラック (ダイハツ)

    商用を中心に人気を博しているハイゼットトラック

    ハイゼットトラックは1960年に登場したダイハツの軽トラックです。商用を中心に人気を博している車種で、売れ行きは好調。モデルチェンジを重ねて、現行は10世代目と言うロングセラーになりました。質実剛健で何かと使い勝手が良く、安定した人気を誇る存在感のあるモデルですから、売却を検討中の方は、買取相場などを確認しておいて損は無いでしょう。

    ハイゼットトラックは半世紀以上にわたって販売され続けている、愛用者も多いロングセラーモデルです。販売台数は度々日本一を獲得しており、抜群の人気を誇っています。価格はリーズナブルで入手しやすく、何かと役立つので手放せないと言う方も多いかもしれません。選択肢も豊富で、ミッションはマニュアル・オートマともに選べますし、駆動方式は4WD・2WD両方が設定されているのも嬉しいポイントと言えそうです。充実装備のモデルから、現行でもエアコンレスもラインナップされるなど、選択の幅は通常の車両よりも遥かに広くなっています。

    内装・外装ともに基本的には無駄がなく、低価格で運用しやすいような堅実な作りが特徴です。イニシャルコスト・ランニングコストともに抑えられるようなメリットがあるので、この点は作業のパートナーとして頼もしいでしょう。コックピットを見ても必要最低限のコントロールや設備が見当たりますが、このような極力無駄がない車両を探している方にはうってつけのモデルと言えます。

    現行モデルは10世代目となりますが、モデルチェンジを繰り返すことで性能は色々な面で向上されました。そろそろ使用中の車両を買い替えたい時には、新しいモデルは燃費などが良くなっていますから、メリットを見いだせるはずです。外装にしても防錆対策を強化したり、装備ではLEDライトなどの先進的なソリューションも採用されています。

    乗り換えや処分を考えている場合には、ハイゼットトラックには潜在する需要が安定しているので、売却を検討しやすいです。新しいモデルはやはり人気ですが、10年落ち程度でも状態によっては需要が見込めます。まずは買取相場や、中古車市場で人気のグレードなどを確認してみましょう。

    ハイゼットトラックの人気モデル・グレード

    ハイゼットトラックの人気グレードとは

    この車種にはスタンダードの他に、エキストラやジャンボなどのグレードが設定されています。簡素ながら質実剛健なスタンダードをベースとし、上位グレードでは快適装備が充実している他、メッキが施されるなど外観も上質です。どのグレードが人気なのか、確かめてみましょう。

    人気グレードはスタンダード

    最も多く中古車市場に出回っているグレードはスタンダードです。このグレードでは多数の車両が出回っていますが、価格的には値崩れしているわけではないので、ニーズも豊富と考えられます。買取相場が高くなりやすいのは装備が充実している車両で、エアコン・パワステ搭載モデルで年式の新しいものは、望ましい査定価格が得やすいでしょう。これらの快適装備を非搭載の場合は、相対的に査定価格はあがりにくい面がありますが、中古車への需要自体はあります。

    ダンプタイプも人気

    ハイゼットトラックの中古車市場では、3方開きのモデルが圧倒的多数です。しかしダンプモデルも中古車台数は少ないものの、しっかりとニーズがあります。ダンプモデルはややニッチな用途になりますが、軽四でこのタイプというのは選択肢は限られていますから、古めのモデルでも市場に出回っています。

    ハイゼットトラックの中古車相場の傾向

    ハイゼットトラックなどの軽トラックは全体的に見て、中古車市場は売り手にやや有利と考えられ、年式や状態の割には意外な査定価格が付くことがしばしばあります。この点で、販売台数を見てもかなりの人気を誇っているハイゼットトラックは、コンディションによっては良い査定結果を見込みやすいと考えられます。手放したい時には、買取相場の推移を確かめて、いいタイミングを選んでいきましょう。

    まず、ボーダーラインの一つとして考えられるのが、所有年数4年目の車両です。1回目の車検が終わって、次の2回目まで1年が残っている状態。このタイミングで買取依頼を行うと、好条件が提示されやすくなっています。長く乗らないつもりならば、4年目か6年目で手放すのが選択肢でしょう。これ以上の年数になってくると、ベルト関係やウォーターポンプなどの整備費用が負担になってきます。走行距離によってはドライブシャフト交換なども必要になってきますので、そうなる前に売却すると言う方は少なくありません。

    もう既に10年も乗ってしまったと言う場合、普通の車両では下取りに出しても全くプラスにならないことが普通です。しかし、ハイゼットトラックは古い車種でも一定のニーズがありますから、例え10年落ちでも諦めるのは早いと言えます。買取サービスの方もニーズがある車種は、多少はコストを払ってでも確保してくるので、キャリアの長い車両でも状態がそこそこならば、査定が見込めるわけです。

    あなたの車の最高額を選ぼう!! 全国の200社を超える買取店のうち最大8社一括査定!!

    お申し込みいただいた内容を元に提携査定会社より、買取相場情報や出張査定のご案内をメールまたはお電話でご連絡致します。

    お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

    1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!