一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

走行距離が10万キロ超えの車でも高く買取してもらう方法

長く乗り続けてきた愛車は特別な一品なので、例え走行距離が長くてもできるだけ高く売りたいものです。古い車でも正しい知識を持てば高く売ることは決して不可能ではありません。多くの中古車販売店が独自の基準で査定を行っていることを把握したうえで比較するのが、お得に車を売るための秘訣なのです。

目次
走行距離10万キロが車の寿命ってホント?
10万キロ/20万キロ乗った車の査定額を調査!
高く売るには複数の業者に査定額を競わせるのがポイント
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

走行距離10万キロが車の寿命ってホント?

走行距離10万キロが車の寿命ってホント?

走行距離10万キロで拒否されるのは過去の話。

中古車業界では走行距離10万キロが商品としての限界とされていました。特にファミリーカーと称される、家庭向けの国産車は10万キロも走れば走行性能が大きく低下すると言われていたのです。

売り物にならないので廃車として処分するのが従来の常識でしたが、現在では製造技術の進歩によって車両の性能が大きく向上しています。例え走行距離が10万キロを超えた車両でも大きな不具合が無い限り、買取査定を拒否されることはまずありません。

走行距離10万キロが限界という認識は過去の物になっているのが実状です。また、現在では外国に向けて中古車を販売する業者が増えているのも査定を拒否されない理由のひとつです。

海外に日本車の需要がある理由

工事用の作業車両など、一部の車種は頑丈な作りなので中古車でも人気がありましたが、近年ではファミリーカーも外国向けに多数販売されています。これは日本車の性能が良いことに加え、外国では走行距離をさほど重視しないのも影響しています。

長く乗り続けた車両は部品の劣化によって性能が落ちるという認識はあるものの、中古車は新車よりも性能が低いのは当たり前という認識で扱っています。そのため、日本のように走行距離を特に重視することは無いのです。

国によっては自国の新車を売却してまで日本の中古車を購入するというケースもあります。走行距離が10万キロを超えている車両でも市場に出たらすぐに売約済みになるほどです。

日本車が多くの外国で人気なのは性能の良さ以外に修理用の部品が入手しやすい点も挙げられます。日本車は広く普及しているのでその分だけ修理用の部品も多数売られているのです。廃車からの部品取りも修理業者の間では常識ですが、日本車は出回っている台数が多い分、廃車処分される数も非常に多くなります。そのため、修理用の部品を入手するのが容易なのです。

10万キロ/20万キロ乗った車の査定額を調査!

10万キロ/20万キロ乗った車の査定額を調査!

10万キロの車の場合

10万キロを超えた車両でも大きな不具合が無ければ買い取ってもらえるのが普通です。しかし、買取相場はボディタイプで異なる点を注意しなければいけません。人気が高い車両は中古車でもすぐに売れるので不良在庫になりにくく、業者も高く買ってくれるのです。

査定額が最も高くなるのはハイエースなどのワンボックスカーであり、10万キロに達していても100万円を超えることも多いです。

トヨタ ハイエースの相場

次いでステップワゴンなどのミニバンが高い査定額になりやすく、50万円前後が平均的な相場とされています。ファミリーカーとして最も普及しているセダンや軽自動車は一部の車両を除き、新車の販売価格がさほど高くないので査定額もそれに応じて低くなります。

ホンダ ステップワゴンの相場

高級車でも査定額が10万円に達するのは稀なので、一般向けの車両はそれ以上に安くなるのが普通です。

20万キロの車の場合

走行距離が20万キロを超えるとワンボックスカーでも査定額が下がりますが、それでも平均的な相場は100万円弱です。これはワンボックスカーの人気が非常に高く、特に外国で高く売れるのが大きな理由になっています。

ワンボックスカーは元々は作業車両の一種であり、頑丈に作られていることから走行距離が長い物でも性能が極端に落ちる、ということはありません。収納スペースの広さから様々な用途に使える汎用性の高さも広く普及している理由なのです。

10万キロ査定ではワンボックスカーに次いで高い金額を出したミニバンも20万キロに達したら約30万円前後と大きく下がってしまいますが、ファミリーカーとして設計された車両なので耐久性がさほど高くない点が査定額に影響するのです。

セダンや軽自動車に至っては外国で売ることも困難になる他、部品取りとしても使えません。査定をするだけ時間の無駄とも言えるので、廃車処分に回すのが無難です。

高く売るには複数の業者に査定額を競わせるのがポイント

高く売るには複数の業者に査定額を競わせるのがポイント

同じ車両でも業者によって査定額が大きく異なる

高く売れると思っていても実際に査定をしてもらったら安い金額になった、というケースは少なくありません。同じ車両でも業者によって査定額が大きく異なるので、ひとつの業者だけで安易に即決すると大きな損をしてしまいます。せっかく高く売れると見込んだ車両を安く手放すのはもったいないことです。

愛車を高く売るには複数の業者を比較できる一括査定が良い方法になります。中古車を売る業者にとって車両の買取業務は仕入れと同じことです。売り物である車両が無ければ商売にならないので、よほどの不具合でもない限り査定を拒否することはありません。

特に人気の高い車種は他の業者に取られないよう、査定額を高く算出する傾向があります。複数の業者を競い合わせる形になる一括査定がお得なのは中古車販売の仕組みを利用した方法であることが理由なのです。

下取りと買取の違いを理解する

また、高く売るためのコツとして下取りと買取の違いを理解する点が挙げられます。

不要になった車両を売るという行為そのものは同じですが、下取りはその業者で別の車両を購入することを前提とした売却手続きを意味します。車両の購入費を下取り価格で相殺するという形になるので、お金が欲しいから車両を売りたい場合は下取りではなく買取を選ぶ必要があるのです。

車を新しくするための出費を抑える目的があれば下取りの方が便利ですが、それでも年式やメーカーなどの制限が多いので買取と比べるとどうしても金額が下がってしまう事実は否めません。

下取りが買取よりも有利な点は手続きにあまり手間がかからないという程度なので、近隣に高く買ってくれる業者がいなかったり、車の販売店と長い付き合いがあるなどの特別な事情が無い限りは買取を選んだ方がお得と言えます。もちろん、車両の状態で買取金額も変わってくるのでその点は注意することが肝心です。

まとめ

  • 10万キロの車でも外国には需要がある!
  • ボディ対応によっては走行距離に関わらず高い相場!
  • 一括査定を利用してお得に売却するのがコツ

近年の車両製造技術の進歩によって、走行距離が10万キロでも外国向けに販売する名目で買い取ってくれる業者が増えています。また、車両のボディタイプによっては非常に高い査定額となるのも押さえるべきポイントの一つになります。同じ車両でも業者によって査定額が異なるので、複数の業者の比較ができる一括査定を利用するのが得をするコツです。