一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

車下取りマニュアル徹底解説

次の車を購入するにあたって、今の車を下取りで買い取ってもらう。一般的によく知られてきた買い替えの方法です。

でも初めての人にとっては

  • 下取りのサービスについてよく知らない。
  • 下取りと買取は何が違うの?
  • 下取りでどんな査定をされる?

などと分からないことが多いと思います。

この記事では、そんな下取りに関する知識を網羅的に解説! 下取りを安心して行えるように、わかりやすくまとめていきます!

目次
車の下取りとはどんなサービス?
下取りの流れ
下取りのメリットとデメリット
下取りの必要書類
下取り以外に車を買い取ってもらう方法
愛車の売却をお考えの方へ

車の下取りとはどんなサービス?

書類

車の下取りとは、次に購入する車の代金の一部として割り引きをするという目的で、ディーラーに今乗っている車を引き取ってもらうことです。

車のことになるとディーラー以外とはほとんど関わりがないという方も多いかと思います。

下取りは車を買うことはもちろんのこと、車を売るのもディーラーで行なうことができます。簡単に言えば、ディーラーで車を売ることを下取りと呼ばれています。

下取りの流れ

下取りの流れはこのようになります。

  1. ① ディーラーで購入する車を探す
  2. ② 購入する車の見積もりを出してもらう
  3. ③ 下取りをしてもらう車の査定を依頼する
  4. ④ 下取り査定額を元に購入する車の値引きを交渉する
  5. ⑤ 購入する車の契約と、手放す車の下取りの手続きを行う

① ディーラーで購入する車を探す

次に購入する車を決めるためにディーラーへ赴き、試乗をするなど次に乗る車を決定します。

② 購入する車の見積もりを出してもらう

下取りと見積もりを同時に行うと、下取り金額がいくらなのかが見えにくくなります。 別々で行ってもらったり、明細が分かるようにしてもらうと良いでしょう。

③ 下取りをしてもらう車の査定を依頼する

買取相場を知っておくことで、下取りの査定額が極端に損をしないか、の判断ができます。事前にしらべておけると良いです。

④ 下取り査定額を元に購入する車の値引きを交渉する

次の車を安く手に入れられるように、交渉しましょう!

⑤ 購入する車の契約と、手放す車の下取りの手続きを行う

必要な資料を用意することで、手続きは全てディーラーが行ってくれるところが多いです。

下取りのメリットとデメリット

下取りには、売買を同じディーラーで行うことができるため、楽であるというメリットがある一方、買取相場が安くなる傾向にあります。以下にメリットとデメリットをまとめています。

下取りを利用する際はこのメリットデメリットを理解しておきましょう。

車下取りのメリット

  • 車の売却と購入が同じで手続きが楽でかつ安心
  • 車のない状態の期間が生まれない
  • 人気や需要のない車は買取よりも値段がつくことがある
  • 年式が古い車や事故車、修復歴車でも引き取りを頼みやすい

車下取りのデメリット

  • 買取店の価格よりも低い査定になる場合が多い
  • 下取価格と新車の値引きがわかりづらい
  • 他社メーカーや外車の査定が低くなる
  • 追加パーツやドレスアップが評価されない
  • 下取り査定料や手数料を取られる場合がある

ちなみに、車買取のメリットデメリットはこちらで確認できます。 車買取の完全網羅解説を読む

下取りの必要書類

下取りに出す際は、必要な書類を揃えることで、難しい手続きはほぼディーラーがやってくれる事が多いです。普通自動車を軽自動車によって、揃える書類が少し違います。

書類

普通自動車を下取りに出す場合

  • ■ 印鑑登録証明書
  • ■ 自動車検査証
  • ■ 自動車納税証明書
  • ■ 自賠責保険証明書
  • ■ 実印
  • ■ リサイクル券

軽自動車の必要書類

  • ■ 自動車検査証
  • ■ 軽自動車納税証明書
  • ■ 自賠責保険証明書
  • ■ 印鑑
  • ■ リサイクル券

下取り以外に車を買い取ってもらう方法

下取り以外の新車購入時の車処分方法として、大きく「買取」「廃車」があります。 あるデータによると、その処分方法の比率は 下取り=60、買取=10、廃車=15 となっています。

この比率だけを見ると、下取りが多く一般的であるように感じますが、近年インターネットの普及してきたことで買取のサービスを知る人が増え、下取りの比率は年々下がってきており、買取を選択する人が増えてきているようです。

買取とは、車を買取専門の業者に買い取ってもらうこと。買取業者といっても、扱っている車も様々なので、中には、輸入車だけを扱っていたり、廃車や事故車を専門としている買取業者もあります。

それぞれ得意な買取業者に引き取ってもらうことで、思ってもみなかった価値を見出してもらえるかもしれません。