ポルシェ カイエン買取査定・価格相場

カイエン (ポルシェ)

2020年4月のカイエン平均買取相場は

ズバリ 967万円 〜 1637万円 です

※2018年式、走行距離2万kmの場合の参考価格です。

買取相場を確認したら実際の買取価格をチェックしよう!

査定依頼スタート

\ あなたの愛車は今いくら? /

買取査定シミュレーターで愛車の買取相場をチェック!

年式
走行距離
買取相場をチェック

あなたのカイエンの買取相場は、現在 967万円 〜 1637万円 です

愛車の相場が分かったら、実査定で最高買取額を知ろう!

車選び.comの一括査定ではたった1回の入力で、全国200社を超える買取店のうち複数社に査定依頼が可能!

あなたの愛車を高く買い取ることができる買取店を厳選して最高額をゲット!

あなたのカイエン買取最高額を調べてみる

※このページに掲載しているカイエン買取相場は、最新の中古車売買情報に基づいて、中古車情報サイト「車選び.com」が独自に統計分析したものです。お車の状態によって値段は変わるため、実際の買取価格を保証するものではありません。 ※当サイトに掲載している買取相場情報の無断転載はお断りしています。

カイエンが高く売れるタイミング

カイエンを高く売るタイミングとして、一般的に引っ越しなどのライフイベントで需要が高まる前の、1〜2月と7〜8月に買取価格が上がりやすいと言われています。

しかし、買取価格を決める上で季節よりも重要な要素があることはご存知でしょうか?それはフルモデルチェンジの時期です。新しいモデルのカイエンが発売されると人気が集まるため、古いモデルのカイエンは大幅に値下がりしてしまいます。そのためフルモデルチェンジを予想して、その前に車を売るのがベストなタイミングと言えるでしょう。

フルモデルチェンジに対する正式な発表は、販売の直前にされることが多く、発表されてからでは高価買取を狙うのは厳しくなります。前回のモデルチェンジや新車販売の動きからある程度予測はできるのですが、自動車業界の動きを追いかけていないとモデルチェンジを予測するのは難しいです。

そこで車選び.comでは、中古車情報サイトを15年以上運営してきたノウハウと自動車業界の動きから、カイエンの次回フルモデルチェンジを大胆予想!ぜひ、カイエンの売却タイミングの検討にご活用ください。

カイエンのモデルチェンジ予想

次回フルモデルチェンジ予想 未定

カイエンのフルモデルチェンジに関する情報を発見することができませんでした。
フルモデルチェンジに関する業界ニュースや噂が出始めると買取価格が下がる傾向にあるので、そういった情報が出る前に売却して高く買い取ってもらうのも賢い車の売却方法です。

買取相場の傾向を確認したら、実査定で最高買取額をチェック!

あなたのカイエン買取最高額を調べてみる

カイエンの買取相場表

当サイトでカイエン買取相場を調べた方のシミュレーション結果から、年式別・走行距離別の平均的な価格帯をまとめました。

年式別のカイエン平均買取相場

年式別 査定相場・買取金額
2019年(令和1年) 1043万円 〜 1642万円
2018年(平成30年) 967万円 〜 1637万円
2017年(平成29年) 799万円 〜 985万円
2016年(平成28年) 712万円 〜 983万円
2015年(平成27年) 713万円 〜 949万円
2014年(平成26年) 630万円 〜 884万円
2013年(平成25年) 595万円 〜 746万円
2012年(平成24年) 558万円 〜 758万円
2011年(平成23年) 521万円 〜 677万円
2010年(平成22年) 486万円 〜 629万円

走行距離別のカイエン平均買取相場

走行距離別 査定相場・買取金額
10000km 981万円 〜 1576万円
20000km 824万円 〜 1452万円
30000km 752万円 〜 979万円
40000km 633万円 〜 887万円
50000km 583万円 〜 749万円
60000km 527万円 〜 721万円
70000km 446万円 〜 659万円
80000km 370万円 〜 535万円
90000km 334万円 〜 480万円
100000km 315万円 〜 438万円

カイエンの買取・下取実績

カイエンの実際の買取価格はどれくらい?平均買取価格は?一般的にどれくらいのタイミングで売却を検討するの?

カイエンの買取情報から、気になる「平均買取価格」「最高買取価格」「平均年式」「平均走行距離」「査定満足度」をまとめました。

平均買取価格 4,737,000 ↑(前月差 168,000円 / 変動率 8%) 最高買取価格 8,332,000
平均年式 10年2か月 平均走行距離 6.2万km
査定満足度 2.8 評価:2.8
※中古車情報サイト「車選び.com」が提供する中古車管理システムから、過去6か月間の買取・下取査定データをもとに統計分析して算出。

カイエン買取実績一覧を見る

カイエン買取査定の評判・口コミ

今までにカイエンを買取査定したことがあるユーザーからの口コミ・体験談を掲載しています。
「価格」「接客」「お店の雰囲気」「スピード」「満足度」の5つの評価軸から総合評価して、実際に査定依頼して感じたユーザーの感想と買取価格も掲載しました。
買取査定にまつわる口コミを参考にして雰囲気を掴みましょう。(中には高価買取のヒントになる口コミもあります!車買取の交渉材料としてお役立てください。)

※「車選び.comの一括査定」サイトで集計したユーザーアンケートより抜粋。

カイエンの買取口コミ一覧を見る

査定の雰囲気を掴んだら、実査定で最高買取額をチェック!

あなたのカイエン買取最高額を調べてみる

カイエン買取特徴

人気ですぐに売れてしまう傾向にあるカイエン

カイエンはフォルクスワーゲン・トゥアレグをベースにしたポルシェ初のSUVです。トゥアレグのシャシーを流用し、エンジンやトランスミッション、サスペンションなどポルシェが手を加え、ポルシェファン以外にも一目でポルシェと分かるようなデザインです。また、大ヒットしたことで低迷していたポルシェを復活させた立役者でもあります。


スポーツカーメーカーのポルシェは、スポーツ性能を犠牲にすることなく開発しています。また、SUVならではのオフロード性能もトゥアレグと同等まで引き上げ、高級SUVの市場に一石を投じることになります。2002年に先行投入された初代カイエンは「V84.5L」のカイエンSとカイエンターボの2本体制でしたが、1年後には2014年モデルとして「V63.2L」を搭載したベースグレードが登場しました。SUVとしては並外れたハンドリングや走行性能を備えており、ポルシェはカイエンのことを「あたらしい形のスポーツカー」と呼ぶほどで、主に911やケイマン/ボクスターのオーナーが普段使用する車として満足のいく仕上がりになっています。2006年には初のフェイスリフトを施し、カイエンSと同じエンジンながら出力を向上させ専用のエクステリアデザインを与えたカイエンGTSが登場しました。2010年に登場した2代目は、好評だった初代のデザインを大きく変えることないキープコンセプトで、全てのモデルにアクティブ4WDシステムが搭載されました。それによってオンロード性能が格段に上がり、2トンを超える車両重量をものともしないハンドリングが好評です。また、ポルシェ初のハイブリッドカーであるカイエンSハイブリッドを発表。「V63.0Lスーパーチャージャー」にモーターを組み合わせたシステムが搭載されました。2014年のフェイスリフトでは、初代と同じくカイエンGTSを投入、カイエンターボの上級版となるカイエンターボSが新たに追加されました。カイエンSハイブリッドは出力を上げ、カイエンSE-ハイブリッドとして生まれか変わります。2017年には3代目が発表され、半年前に発表された2代目パナメーラと同様に、それまで楕円形のテールライトが911カレラ4と同じく一文字型テールに統一されました。48Vシステムと呼ばれる電子制御により、スタビライザーを強化してSUVではトップクラスのコーナリング性能を手に入れています。

カイエンの人気モデル・グレード

そんなカイエンですが、全体的に相場が下がりにくい他のポルシェの車種同様、カイエンも相場がとても安定しています。ここでは人気のグレードやオプションを紹介します。

後期専用グレード・カイエンGTS

カイエンGTSは初代、2代目共にフェイスリフトモデルにしか設定されていないグレードで、カイエンSをパワーアップさせ、モデルエンブレムやテールライトをブラックアウトさせています。中古車市場でのカイエンGTSは非常に人気ですぐに売れてしまう傾向にあるため、全グレードの中で値下がりしにくいと言えます。

人気オプション「ACC」、「LDW」、「PDCC」

カイエンは長距離移動に適しているため、2代目に設定のある運転支援システムの「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」と車線を維持するよう促す「LDW(レーンデパーチャーウォーニング)」が付いていると買取の際に有利に働きます。この2つは親会社であるフォルクスワーゲンの車種に採用されているものと同じシステムで、同グループのアウディやベントレーにも採用されているため、故障が少なく信頼性の高いシステムです。「PDCC」はポルシェ独自のシステムで、車体の傾きを抑え安定した乗り心地を体感できるシステムです。非常に人気の高いオプションで「PDCC」非装着車と比べて評価が大きく違うため、装着車は必然的に買取価格に上乗せされます。

カイエンの中古車相場の傾向

中古車市場で人気の高いカイエンですが、走行距離が10万キロを超えると他の輸入車同様相場が一気に下がってしまいます。また、ポルシェ特有の膨大な高額オプションのおかげで、オプションが異常に少ない個体は平均買取相場を大きく割っているのが現状です。上記で紹介したオプションの他に、「PCCB(ポルシェカーボンセラミックブレーキ)」が装着されていると相場から大きくかけ離れた値段で取引される傾向にあります。ブレーキパッドが摩耗しづらい「PDCC」とは逆に、通常のブレーキパッドは摩耗しやすいため、交換が必要と判断される状態では査定で不利になりやすいです。高額オプション装着車でもそのオプション装備が故障していたり、エアサスペンションのエア漏れや電子制御異常による傾きなどがある場合は査定に含まれず、マイナス査定をされてしまう可能性があります。ポルシェはトランスミッションやエンジンの細かな異常で性能が著しく低下してしまうため、ディーラーの保証が残っている場合は売却前にできるだけ直したほうが賢明と言えるでしょう。2018年半ばから3代目の納車が始まると、初代、2代目の相場の低下が始まるため、売却を考えている場合は納車状況をディーラーで確認したほうがいいでしょう。

ポルシェの人気ランキング車種買取相場

SUV/クロカンの人気ランキング車種買取相場(ポルシェを除く)

【相場情報更新】

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう! JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら
	「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。