カンタン入力45秒!最大7社の見積り比較!(ホンダライフ)実績最高額がわかる!!

完全無料!今すぐ査定依頼スタート!概算価格もネットで分かる!

ホンダ ライフの買取相場検索

全国4000社が利用する中古車販売管理システムからホンダライフの買取価格データ(下取データ含む)を買取相場表にして一挙公開!どこよりも最新で正確なライフの買取情報が得られます。グレードやボディー色、年式、走行距離も情報公開されているので、より具体的な価格が分かります。並び替え機能もついて比較が更にしやすくなりました!

ライフ
平均買取価格 最高買取価格 最安買取価格
25.0万円 (前月比-273円 変動率-0%) 302,000 50,000

※当サイト買取相場情報の無断転載、リンクが貼っていない引用はお断りしています。

ホンダライフの買取取引データ一覧

No 地域 査定時期 年式 カラー 車名・グレード 走行距離 査定額
1 埼玉県 2017年01月 2011年
(平成23年)
ホワイトパール ライフ G 3〜4万km 198,000
2 愛知県 2017年01月 2010年
(平成22年)
ホワイト ライフ (ベースグレード) 6〜7万km 285,000
3 京都府 2017年01月 2009年
(平成21年)
ブラック ライフ パステル 10〜11万km 80,000
4 京都府 2017年01月 2008年
(平成20年)
シルバー ライフ C ファインスペシャル 10〜11万km 50,000円以下
5 千葉県 2017年01月 2008年
(平成20年)
ブルー ライフ C ファインスペシャル 12〜13万km 50,000円以下
6 岡山県 2017年01月 2008年
(平成20年)
パープル ライフ C ファインスペシャル 8〜9万km 253,000
7 千葉県 2017年01月 2006年
(平成18年)
イエロー ライフ C 5〜6万km 50,000円以下
8 埼玉県 2017年01月 2006年
(平成18年)
グレー ライフ F 3〜4万km 58,000
9 福岡県 2017年01月 2005年
(平成17年)
ブラウン ライフ C スタイル 13〜14万km 50,000円以下
10 福岡県 2017年01月 2005年
(平成17年)
パープル ライフ ディーバ 8〜9万km 50,000円以下
11 埼玉県 2017年01月 2005年
(平成17年)
パープル ライフ ディーバ 8〜9万km 50,000円以下
12 神奈川県 2017年01月 2004年
(平成16年)
イエロー ライフ F 3〜4万km 50,000円以下
13 千葉県 2017年01月 2004年
(平成16年)
ブラウン ライフ F 6〜7万km 50,000円以下
14 埼玉県 2017年01月 2004年
(平成16年)
その他 ライフ F 8〜9万km 50,000円以下
15 兵庫県 2017年01月 2004年
(平成16年)
ブラック ライフ D 12〜13万km 50,000円以下

※これらの金額は過去の取引データを元に算出した買取金額の推定値です。実際の買取価格を保証するものではありません。無断転載、リンクが貼っていない引用はお断りしています。

自動車の価値は時間とともに下がっていきます。

当社の集計では、中古車の価格は1ヶ月におよそ4%下落 する事が分かっています。相場100万円の中古車なら、来月売るのでは4万円マイナスに!!※2014年5月。20台以上の相場情報のある車種の価格下落率を集計

車選び.comの一括査定では全国の20社を超える買取店のうち、あなたの車を高く買い取ることができる最大7社が査定を担当!!「いつ売る予定です」と売る時期を明確にすることで、査定会社も値段の検討をつけやすくなり高額査定が狙えます。

あなたの車の最高額を選ぼう!! 全国の20社を超える買取店のうち最大7社が一括査定!!

お申し込みいただいた内容を元に提携査定会社より、買取相場情報や出張査定のご案内をメールまたはお電話でご連絡致します。

一括査定を依頼する(無料)

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

※祝日・ GW(5/3〜5/5)、夏季(8/13~8/15)、年末年始(12/29〜1/3)を除く。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!

ホンダ ライフを高く売却するために

ライフを高く売却するために

ライフはホンダの軽自動車。ハイトワゴン系の概観と使い勝手は長らくキープコンセプト。
軽自動車の中で指名買いでこの車だけを探しているユーザーも多い。
シリーズにはよりスタイリッシュなライフディーヴァやダンクといったスポーティなモデルもある。
シートアレンジ(折りたたみなど)のラインナップ、拡張性多様性の多さはさすがシビックやフィットなど常に
ファミリーフレンドリーな車作りの得意なホンダらしいといってよい。
一定の層でパステル系の色への需要が底堅い印象。最近のモデルでは
グレード名で「パステル」と言うグレード名のものがあるが
それにはかかわらず、ライトグリーンやクリーム色といった淡い色のことである。
それぞれの予算帯で大きくキャラクターが変わらないで選べるのが
ライフのいいところかもしれない。

商用車仕様はなく、すべてトールワゴンのヒンジドア。スライドドアはない。
現在展開中のNシリーズでも層だが細かいオーディオ、ナビやオーディオの細かい設定で
ユーザーのニーズに合わせたものを選べるようになっている。
購入の際のアドバイス。4
前のユーザーの用途に合わせている傾向が強いので、完全に期待しないほうがいいかもしれない。
程度と予算で選び、自分にあったナビ、オーディオを取り付けるほうが合理的といえるかもしれない。

このページのトップへ