カンタン入力45秒!ワゴンR実績最高額がわかる!!

完全無料!今すぐ査定依頼スタート!概算価格もネットで分かる!

お申し込みいただいた内容を元に提携査定会社より、買取相場情報や出張査定のご案内をメールまたはお電話でご連絡致します。

一括査定を依頼する(無料)

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

スズキ ワゴンRの買取相場検索

全国4000社が利用する中古車販売管理システムからスズキワゴンRの買取価格データ(下取データ含む)を買取相場表にして一挙公開!どこよりも最新で正確なワゴンRの買取情報が得られます。グレードやボディー色、年式、走行距離も情報公開されているので、より具体的な価格が分かります。並び替え機能もついて比較が更にしやすくなりました!

ワゴンR
平均買取価格 最高買取価格 最安買取価格
57.2万円 (前月比2,764円 変動率3%) 588,000 50,000

※当サイト買取相場情報の無断転載、リンクが貼っていない引用はお断りしています。

スズキワゴンRの買取取引データ一覧

No 地域 査定時期 年式 カラー 車名・グレード 走行距離 査定額
1 大阪府 2017年03月 2016年
(平成28年)
ブラック ワゴンR FA 1〜2万km 529,000
2 東京都 2017年03月 2015年
(平成27年)
ホワイト ワゴンR (ベースグレード) 0〜1万km 476,000
3 埼玉県 2017年03月 2013年
(平成25年)
パープル ワゴンR 20周年記念車 2〜3万km 374,000
4 埼玉県 2017年03月 2013年
(平成25年)
ピンク ワゴンR FX リミテッド レーダーブレーキサポート装着車 2〜3万km 411,000
5 千葉県 2017年03月 2013年
(平成25年)
ホワイトパール ワゴンR FX 4〜5万km 303,000
6 大阪府 2017年03月 2012年
(平成24年)
ブラック ワゴンR FX 2〜3万km 296,000
7 神奈川県 2017年03月 2012年
(平成24年)
パープル ワゴンR FX リミテッド 6〜7万km 472,000
8 埼玉県 2017年03月 2012年
(平成24年)
ピンク ワゴンR FX 2〜3万km 380,000
9 福岡県 2017年03月 2012年
(平成24年)
ブラック ワゴンR FX 5〜6万km 293,000
10 茨城県 2017年03月 2011年
(平成23年)
ブルー ワゴンR FX リミテッド 1〜2万km 552,000
11 神奈川県 2017年03月 2011年
(平成23年)
ブラック ワゴンR リミテッド 3〜4万km 522,000
12 埼玉県 2017年03月 2010年
(平成22年)
ブラック ワゴンR FX 2〜3万km 158,000
13 福岡県 2017年03月 2010年
(平成22年)
ブラック ワゴンR FX 5〜6万km 130,000
14 千葉県 2017年03月 2009年
(平成21年)
シルバー ワゴンR FX リミテッド 8〜9万km 150,000
15 福岡県 2017年03月 2009年
(平成21年)
シルバー ワゴンR (ベースグレード) 9〜10万km 150,000

※これらの金額は過去の取引データを元に算出した買取金額の推定値です。実際の買取価格を保証するものではありません。無断転載、リンクが貼っていない引用はお断りしています。

自動車の価値は時間とともに下がっていきます。

当社の集計では、中古車の価格は1ヶ月におよそ4%下落 する事が分かっています。相場100万円の中古車なら、来月売るのでは4万円マイナスに!!※2014年5月。20台以上の相場情報のある車種の価格下落率を集計

車選び.comの一括査定では全国の20社を超える買取店のうち、あなたの車を高く買い取ることができる最大7社が査定を担当!!「いつ売る予定です」と売る時期を明確にすることで、査定会社も値段の検討をつけやすくなり高額査定が狙えます。

あなたの車の最高額を選ぼう!! 全国の20社を超える買取店のうち最大7社が一括査定!!

お申し込みいただいた内容を元に提携査定会社より、買取相場情報や出張査定のご案内をメールまたはお電話でご連絡致します。

一括査定を依頼する(無料)

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!

スズキ ワゴンRを高く売却するために

ワゴンRを高く売却するために

スズキを代表する、というよりも日本を代表するクルマ、軽自動車を代表するクルマ。バブル崩壊後に登場した新時代のシティラナバウトそれがワゴンRです。早いものですでに5代目。シンプルでスペースはたっぷり。実は昔から軽自動車の目指すところはここだったのかもしれませんね。「軽自動車は燃費ではエコカーにかなわない。」税金など維持費はは安いもののトータルのエコに関する先見性では、ともすると「追わなくてよい」し「期待できない」ような風潮も感じないではなかったですが、ここへ来て、軽自動車にも低燃費を追求しつつ、経済性は絶対に譲らない。そんな技術が多数出てくるようになりました。ワゴンRもこの5代目になって、「エネチャージ」を搭載。リチウムイオンバッテリーを追加し、高効率オルタネーターで発電した電気を電装系に使用。アイドリングストップ時にエアコンが送風に変わる際、蓄冷剤を通過させ冷風を送ることで室内の温度上昇を防ぐ。またアイドリングストップ機能をブラッシュアップ。エンジンをR06Aに更新し、ボディ自体も軽自動車初のハイテンション鋼材を使用することで70キロの軽量化に成功。小さいことからこつこつと積み上げることでコストも下げてクルマを完成さえることを得意とするスズキらしいあらゆる努力の結晶、積み上げた結果で低燃費を実現させているのです。流通量は売買共に安定の車種。知名度も手伝って高額買取ではなくとも安定して良好な取引価格が推移するといってよいでしょう。こういうクルマでは、社外品がいい、車検の残りが長い。こうしたことで、買取金額が上下するポイントになろうかと思います。

このページのトップへ