ホンダの買取相場検索

全国4000社が利用する中古車販売管理システムから取得した、新鮮な買取相場情報を相場表にして一挙公開!よく検索されるホンダの人気車種をランキング形式で最大8位まで紹介しています。ホンダのその他の車種の買取相場は、車種一覧から検索出来ます。

ホンダ車の買取相場について

ダミー

ホンダはもともとオートバイメーカーからスタートし、自動車の製造に
乗り出したメーカーで、早い時期からモータースポーツの自動車開発における価値を見出し
F1へも積極的に参戦、また運営する鈴鹿サーキットのへのF1グランプリの招聘や
サーキットでのイベントへの動員を通して、常に自動車文化の浸透に問題意識を持ってきたメーカーであるといってよいでしょう。
そういった活動や、初めて生産した乗用車が「ホンダスポーツ」で、スポーツカー向きのツインカムエンジンをいち早く採用していた
こともあってか、スポーツカーメーカーというイメージは強いようです。
しかしこのホンダスポーツ以降は、早くから、コンパクトかつ高性能なクルマを常にリリース。
また早くから環境対策でも先頭に立ち、シビックはアメリカの排ガス規制を一番にクリアしました。
低燃費で、高効率、優れたパッケージの乗用車メーカーとして日本のみならず、世界中で高い認知を集めるようになります。
そんなホンダは、今でも軽自動車を独自に開発製造し、独自のクルマ作りで、
コンパクトカーからミニバンなどのファミリーカーとして多彩なラインナップをそろえる自動車メーカーとして大きく成長してきました。

もともともシビック、アコード、プレリュードなどを看板車種として展開してきました。
トヨタや、日産がフルラインナップで展開、車選びにある種のヒエラルキーを持ち込んだ面がありましたが
ホンダはもっと自由に、そして誰しもが走る喜びを享受できるクルマを数多くリリース。
格式というよりは、何にも変えがたい独自のキャラクターを重んじて車を造って来ました。
また長らく求められてきたスポーツカーも開発、本格的なNSXや、S2000をはじめ
シビックタイプRなどは今も根強いファンが後を絶たない色濃く記憶に残る名車といえるでしょう。

また最近では、オデッセイ、ステップワゴンなど、ミニバンでも大変人気のモデルを多数リリース。
5ナンバーサイズながら、骨格の構造を大幅に見直して室内空間を確保するあたりは、かつて黎明期に軽自動車やシビックを造ってきた
ときのノウハウ、面目躍如といってよいでしょう。
また重心の高さを下げることへのこだわりは、もはや「固執」といってもいいレベル。走って楽しいミニバン、だけでなく
ドライバーにフレンドリーな設計で安全性にもつながっているのです。こういう視点も今までの歴史がしっかり刻まれた
ホンダらしい商品開発といってもよいでしょう。


査定でプラスになるもの
ぜひとも装着したいのはホンダ車同士で渋滞情報を共有できる「インターナビ」
メーカーオプションでグレードを幅広く用意しているのもホンダの特徴ですがその最高峰に位置づけられます。
高価ですが、中古車でホンダ車探している方はかなり期待していると思います。

グランプリホワイト・・・昔からF1のカラーが日本は白で、スポーツグレードのイメージカラーでした、というのもあって
白も人気ですし、やはり並んで黒も人気は高いと思います。しかし、赤などの色も案外需要は高い印象です。
他メーカーほど影響は大きくないかもしれません。ただ、色に関して、間違いないのは白、黒だと思われます。

ホンダの車種一覧

買取相場を調べたいホンダの車種をお選びください。

最大7社の見積り比較!実績最高額が分かる!! 実績ある買取専門店が査定します! 車選び.comの一括査定なら約20万円お得! ※1 買取相場の掲載台数第1位(2016年12月現在 自社調べ) ※2 中古車メディア「車選び.com」の運営実績10年以上 ※3 2016年12月ユーザーアンケート実績

完全無料!今すぐ査定依頼スタート!概算価格もネットで分かる!

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!

各メーカーの車買取相場

都道府県別の車買取

このページのトップへ