あなたの愛車は今いくら?実績最高額がわかる!!

プリウス (トヨタ) の買取相場例
グレード 1.5 S
年式 2005年式 走行距離 7.1万km
最高額 23万円
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

その他事例をまとめた買取相場情報はこちら!

プリウス (トヨタ)

相場を調べて比較してみましょう

完全無料!今すぐ査定依頼スタート!概算価格もネットで分かる!

お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら
「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

プリウス (トヨタ) の買取相場・下取り価格

【相場情報更新】

中古車情報サイト車選び.comが提供する中古車管理システムから、全国4000社分の中古車買取・下取り価格データをもとに買取相場を算出!
プリウス (トヨタ) の最新の査定情報をご紹介します。

プリウス (トヨタ) の買取情報

プリウスの平均買取価格はどれくらい?最高買取価格や最低買取価格は?一般的にどれくらいのタイミングで売却を検討するの?プリウスの買取情報から、気になる「平均買取価格」「最高買取価格」「最低買取価格」「平均売却期間」「平均走行距離」をまとめました。

平均買取価格 965,000 ↓(前月比-117,000円 / 変動率-17%)
最高買取価格 1,957,000
最安買取価格 50,000
平均売却期間 8年4か月
平均走行距離 8.1万km

あなたのプリウスの正確な査定額を調べてみる

プリウス (トヨタ) の買取相場一覧

プリウスの買取・下取価格データを買取相場表にして一挙公開!グレードやボディー色、年式、走行距離も情報公開されているので、より具体的な価格が分かります。並び替え機能もついて比較が更にしやすくなりました!

車名・グレード 年式 走行距離 カラー 地域 査定時期 査定額
プリウス 1.8 S 2012年
(平成24年)
10〜11万km ホワイト 大阪府 2018年03月 452,000
プリウス 1.8 S 2017年
(平成29年)
1〜2万km シルバー 福岡県 2018年02月 1,626,000
プリウス 1.8 S ツーリングセレクション 2016年
(平成28年)
2〜3万km ブルー 静岡県 2018年02月 1,876,000
プリウス 1.8 S ツーリングセレクション G's 2014年
(平成26年)
4〜5万km ホワイト 福岡県 2018年02月 1,509,000
プリウス 1.8 S 2014年
(平成26年)
2〜3万km ブラック 愛知県 2018年02月 896,000
プリウス 1.8 S 2014年
(平成26年)
5〜6万km ブラック 千葉県 2018年02月 1,123,000
プリウス 1.8 S 2013年
(平成25年)
8〜9万km ホワイト 東京都 2018年02月 791,000
プリウス 1.8 S ツーリングセレクション G's 2013年
(平成25年)
9〜10万km ホワイトパール 神奈川県 2018年02月 1,176,000
プリウス 1.8 S ツーリングセレクション G's 2013年
(平成25年)
5〜6万km ホワイトパール 愛知県 2018年02月 1,354,000
プリウス 1.8 G 2013年
(平成25年)
2〜3万km ホワイトパール 福岡県 2018年02月 1,183,000
プリウス 1.8 G ツーリングセレクション 2013年
(平成25年)
5〜6万km パープル 東京都 2018年02月 881,000
プリウス 1.8 S ツーリングセレクション G's 2013年
(平成25年)
8〜9万km ホワイトパール 千葉県 2018年02月 1,076,000
プリウス 1.8 S 2013年
(平成25年)
2〜3万km ブラック 愛知県 2018年02月 728,000
プリウス 1.8 G 2012年
(平成24年)
4〜5万km ブラック 福岡県 2018年02月 1,172,000
プリウス (ベースグレード) 2012年
(平成24年)
3〜4万km シルバー 兵庫県 2018年02月 896,000
プリウス 1.8 L 2012年
(平成24年)
4〜5万km ホワイト 兵庫県 2018年02月 841,000
プリウス 1.8 S 2012年
(平成24年)
0〜1万km ブラック 愛知県 2018年02月 961,000
プリウス 1.8 L 2012年
(平成24年)
8〜9万km シルバー 大阪府 2018年02月 431,000
プリウス 1.8 G 2012年
(平成24年)
2〜3万km ブラック 愛知県 2018年02月 930,000
プリウス 1.8 S 2011年
(平成23年)
28〜29万km ホワイトパール 秋田県 2018年02月 188,000
プリウス 1.8 S LEDエディション 2011年
(平成23年)
7〜8万km ホワイトパール 群馬県 2018年02月 623,000
プリウス 1.8 S ツーリングセレクション 2011年
(平成23年)
4〜5万km ホワイトパール 京都府 2018年02月 427,000
プリウス 1.8 L 2010年
(平成22年)
4〜5万km シルバー 千葉県 2018年02月 623,000
プリウス 1.8 G ツーリングセレクション 2010年
(平成22年)
12〜13万km ホワイトパール 千葉県 2018年02月 537,000
プリウス 1.8 S 2010年
(平成22年)
24〜25万km グリーン 愛知県 2018年02月 198,000
プリウス 1.8 S LEDエディション 2010年
(平成22年)
8〜9万km グレー 福島県 2018年02月 456,000
プリウス 1.8 S 2010年
(平成22年)
10〜11万km ホワイトパール 福岡県 2018年02月 466,000
プリウス 1.8 S 2010年
(平成22年)
11〜12万km レッド 秋田県 2018年02月 245,000
プリウス 1.8 S 2009年
(平成21年)
11〜12万km ブラック 静岡県 2018年02月 425,000
プリウス 1.8 G ツーリングセレクション レザーパッケージ 2009年
(平成21年)
3〜4万km ブラック 東京都 2018年02月 1,019,000
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。お車の状態によって値段は変わるため、実際の買取価格を保証するものではありません。

あなたのプリウスの正確な査定額を調べてみる

プリウス (トヨタ) の売却検討時期ランキング

中古車管理システムで集計された過去半年の買取・下取りデータをもとに、どういったタイミングでプリウスを売却検討される方が多いのかランキング形式で公開しています。
最も売却検討されたタイミングは「9年落ち9.1万km走行」のタイミングで、平均買取価格は34.7万円となりました。

順位 売却検討時期 平均買取価格
1 9年落ち 9.1万km走行 34.7万円
2 6年落ち 5.2万km走行 74.6万円
3 8年落ち 7.2万km走行 55.2万円
4 8年落ち 6.1万km走行 65.7万円
5 10年落ち 7.3万km走行 24.8万円
6 12年落ち 7.5万km走行 25.2万円
7 8年落ち 9.3万km走行 34.5万円
8 7年落ち 4.8万km走行 74.5万円
9 8年落ち 8.6万km走行 43.9万円
10 6年落ち 4.9万km走行 84.7万円
※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

あなたのプリウスの正確な査定額を調べてみる

プリウス (トヨタ) のリセールバリュー推移

プリウス人気モデル(型式)をピックアップして、買取価格の推移表を表示しています。
車検を機に車を売却するかご検討中の方はもちろん、今お乗りの車を乗り潰そうか売却しようかお悩みの方も、プリウスの3年落ち・5年落ち・7年落ちのリセールバリューを確認して参考にしてみてください!

    ※過去6か月のデータをもとに中古車管理システムより統計分析して算出。

    あなたのプリウスの正確な査定額を調べてみる

    トヨタプリウス買取の特徴

    プリウス (トヨタ)

    幅広いドライバーから人気のあるプリウス

    今でこそ街中を様々なハイブリッド車が走っていますが、そのハイブリッド車の先駆けとも言えるのがプリウスです。特長的なのはやはり燃費の良さ、初代からハイブリッド車のみ生産されているプリウスは、カタログ燃費で30.4km/L実燃費でも21km~26km/Lという低燃費を実現しています。長距離のドライブでもガソリンを気にせず運転を楽しむことができるでしょう。

    また、プリウスにおけるもう1つ大きなポイントは静寂性です。モデルチェンジを重ねるたびに、静寂性に改良がくわえられており、最新モデルだとエンジンが動いている音はもちろんですが、走行中にエンジンが再始動する音もほとんど聞こえないほどです。
    ボディの遮音性も高く、車外の音やタイヤからのロードノイズもかなり軽減されています。

    低燃費・静かという事から、加速や走行性能に物足りなさを感じるのでは?と不安を感じる方もいるかもしれませんが、この点も問題ありません。
    特に加速に関しては電気で動くモーターをもつ車の特長でもある、するするとした滑らかな走り出しで、安定した加速が得られます。
    更に「エコ」「ノーマル」「スポーツ」3種類の走行モードが用意されており、ドライブシーンに合わせて加速度を調整することも可能になっています。

    そんなプリウスは、若者からお年寄りまで幅広いドライバーから人気のあるクルマです。
    つまり、これから乗る人も多ければ売りたい人も多い車と言えるでしょう。
    売却をお考えの際はぜひ、査定でプラスになるポイントをご確認ください!

    プリウスの人気モデル・グレード

    2015年12月にフルモデルチェンジされた4代目が登場したプリウス。
    買取相場は基本的に高値を維持していますが、モデルチェンジの影響で3代目以前の買取価格がやや下がっている傾向にあります。3代目以前のプリウスの売却をご検討の場合は早めの方が良いかもしれません。それを踏まえて買取で人気の高いモデル・グレードやオプションをご紹介いたします。

    2代目、3代目なら「Sツーリングセレクション」が人気

    プリウスの標準グレードにあたるSグレードの中で人気が高いのが、スポーツグレードの「ツーリングセレクション」です。アルミホイールが採用されたスポーティーなデザインや、ロングドライブの負担を軽減する快適温熱シートなど、より走りにこだわった仕様となっています。また初代プリウスにおいてもこのツーリングセレクションは人気があり、買取価格も高い傾向です。

    安全機能は査定でプラスに

    白線を超えそうな場合に自動でステアリング制御し、はみ出しを回避する「車線はみ出しアラート」や、先行車との車間を適切に保つ支援をしてくれる「追従ドライブ支援機能」など、トヨタセーフティセンスの機能は後付できないこともあり、査定時に高評価となる傾向があります。

    エクステリア、インテリアでのプラス要素は?

    メーカーオプションの電動ムーンルーフは査定のポイントになります、プリウスの場合「Aプレミアム」でしか電動ムーンルーフのオプションが選択できないので、稀少と言えます。その他にも純正オプションのエアロ、アルミホイールなどが査定時にプラスになりやすい要素です。

    プリウスの中古車相場の傾向

    買取相場の変動から傾向を紹介

    プリウスはその人気から買取価格も高値となりやすいですが、前述のようにフルモデルチェンジの4代目登場以降、これまでのモデルはやや下落傾向が見られます。
    中古車市場でも十分な供給がある状態ですので、買い替えをお悩みの際は早めの査定をおすすめします。
    また一般的に査定額が落ちやすいポイントは押さえておく必要があるでしょう。車検のタイミングにあたる3年目・5年目やモデルチェンジの後などは、査定相場が下がりやすくなっています。

    プリウスを高く売るために知っておきたいポイント

    車を売ると決めたら、やはり少しでも高く売れて欲しいですよね。
    車の査定・売却の前に気を付けておきたいのは「いつ、どこで、どのように」売るかです。
    車を高く売るために押さえておきたいポイントをご紹介します。

    売り時はいつか?一般的にどのタイミングで売っているか?

    まず最初に押さえておきたいポイントは、車を売るタイミングです。

    中古車の相場は常に変動していますが、1月~3月と9月~10月は一般的に査定価格が高い時期と言えるでしょう。この時期は1年のうちで最も車を購入する人が多い時期でもあり、中古車販売店は在庫確保のため買取に力を入れている場合が多く、査定価格が高くなりやすい傾向があります。

    その他にも年式・走行距離などをもとに、売却時期を検討するのも良いでしょう。同じ車種を過去に売却した人が、いつ頃売却を検討していたか参考にしてはいかがでしょうか。
    プリウスの場合は、2018年1月から過去1年の傾向を見てみると、走行距離6万kmを超えたあたり、年式では7年落ちになった辺りで売却を検討している人が多いようです。
    3回目の車検を機に売る人が多いのかもしれません。それでも、50万円〜100万円の値段がつくこともあるので、そこからもプリウスが人気の車種であることが伺えます。
    年式も走行距離も査定結果に大きく影響してくる要素ですので、売却する気持ちが決まっているのであれば、査定を受けるのは早ければ早いほど良いと言えるでしょう。

    査定を受ける前にやっておきたいこと

    売却前にできる細かなことでも、査定価格アップに繋がる物があります。査定に出す前にぜひ以下の内容をチェックしてみてください。

    車内をできる限りきれいに掃除しておく
    お金をかけてクリーニングをする必要は有りませんが、査定に出す前に自分でできる範囲で社内の掃除をしておきましょう。
    また、車内のごみや汚れだけでなく、「臭い」は査定に影響すると言われています。
    たばこやペットの臭いを気にする人は多いため、消臭などのケアがされた車は査定額がアップする傾向があるようです。
    カーナビはそのまま、付属品をそろえておく
    査定に置いて純正オプションはプラスになりやすい要素です。
    特に後付けができないオプションは高評価で、エアバックやブラインドモニター、サンルーフなどがそれにあたります。純正ナビもそのひとつです。
    ですが社外品のカーナビなども買取店であれば評価してくれる場合があります。
    買ったばかりで次の車でも使いたい…などの事情が無ければそのまま査定に出すのがオススメです。
    また、車を購入した時についてきた説明書やスペアキーなどの付属品もそろえた状態で査定に出すとプラスになりやすいです。ぜひ査定前にそろえておきましょう。
    メンテナンスノート(整備点検記録簿)を用意する
    メンテナンスノート(整備点検記録簿)とは、オイル・消耗品の交換や整備の記録です。
    査定に出された車がしっかりとメンテナンスされているかどうかの判断材料となるため、高額査定に繋がりやすいと言えます。査定前にメンテナンスノートの有無を確認しておきましょう。

    下取と買取のどちらがお得なの?

    車を売却するにも色々な方法がありますが、多くの場合は「下取り」か「買取」のどちらかになると思います。そもそも何が違うのか、どちらが高く買い取ってくれるのかなどをここでご紹介します。

    下取りのメリット・デメリット

    下取りのメリットは何と言っても手間がかからない所でしょう。下取りとは次に購入する車の金額から、今のっている車の下取り額を引くという者なので、ディーラーや中古車販売店が車を手放すのに必要な手続きを一通りやってくれます。
    また、通常であれば購入した新車の納車時に、下取りに出した車を引き取ってくれるのでギリギリまで今までの車に乗り続けることができます。

    では下取りのデメリットは何かというと、金額面でしょう。下取りの場合、買取店での売却金額より低くなるケースが多いようです。
    買取では評価される純正オプションなどは、下取りの場合はそれほど影響しないと言えるでしょう。

    買取のメリット・デメリット

    一方買取だと、買取店が車の相場やニーズに詳しいことから、買取価格が高くつきやすいことがメリットと言えるでしょう。前述したような細かいポイントも査定の評価対象になるのもポイントです。

    対してデメリットは多少の手間がかかるところでしょう。買取店で売却しディーラーや他の中古車販売店で新しい車を購入する場合は、複数の商談・手続きをすることになります。
    また、下取りとは違い売却が確定したら店舗にもよりますが数週間以内に車を手放す必要があります。

    「下取り」と「買取」にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分の希望にあった方法を選んでみてください。

    買取一括査定のススメ

    さて、買取店での売却を決めた場合、次は実際にお店に車を持って行って査定をしてもらったり、出張査定をしてもらう必要があります。少しでも高く売却を希望される場合は、1社だけに持ち込むのではなく、複数のお店に相見積もりをとっていただくことをお勧めします。

    ですが、複数のお店に1店舗ずつ車を持って行ってみてもらうとなると、時間も手間もかかります。そんなときに便利なのが「一括査定」サービスです。一括査定サービスではインターネットから1度に複数の買取店に向けて車の査定依頼をすることができます。
    ここでは一括査定サービスのメリット・デメリットをご紹介します。

    一括査定のメリット

    一括査定の1番のメリットは「高く売れやすい」ことです。前述のとおり、買取店の売却価格は高くなりやすいのですが、一括査定を利用して買取店に売却をする場合、よりその傾向が強くなります。
    なぜかというと、一括査定の場合は複数の業者が査定に参加しているため、買取店どうしで競い合うことになるのです。

    また、「手間がかからない」というのも大きなメリットでしょう。
    車の情報を1度入力すれば、複数の業者から査定の概算価格が送られてくるため、後は結果をもとに売却するお店を決めればOK。相見積もりのために複数の店舗を回る必要がなるくなります。

    一括査定のデメリット

    一方でやはりデメリットもあります。1つ目は「メールや電話が頻繁にかかってくる」ことでしょう。
    買取可能な業者が多ければそれだけ、複数の業者からメール・電話で査定額の連絡が届くことになりますので、頻度は高くなってしまいます。

    また概算価格の連絡があってから実際に売却をする前に、現車を見てもらって実際の査定額を出してもらう必要があります。複数の店舗に査定額を出してもらう場合は、その分、時間に余裕を持つ必要があるでしょう。

    プリウス買取のまとめ

    いかがでしたでしょうか。
    大切に乗ってきた愛車を手放すのであれば、少しでも良い形手放したいものですよね。
    どうやって、どこに売ろうか迷っている…そんな時はぜひ一括査定をご利用ください。

    下取りに出すにせよ買取に出すにせよ、一括査定で概算査定額を知るということは愛車の市場価値を知ることに繋がります。きっと商談の時や売却先の決定の時に役に立ってくれるでしょう。

    あなたの車の最高額を選ぼう!! 全国の200社を超える買取店のうち最大8社が一括査定!!

    お申し込みいただいた内容を元に提携査定会社より、買取相場情報や出張査定のご案内をメールまたはお電話でご連絡致します。

    一括査定を依頼する(無料)

    お電話でのお申込みも受付中! 通話無料:0120-994-996(受付時間:9:30〜18:30 / 平日のみ)

    1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう!