ミツオカの車種一覧から中古車を検索

光岡自動車は中古車ディーラー、輸入車ディーラー、カスタムカーメーカーにして日本で10番目に誕生した自動車メーカー。 ■ 光岡自動車の車 1994年、ニアセブンの一種である「ゼロワン」を開発、1996年にこれが型式認定され光岡自動車は正式に自動車メーカーとなった。 そのほか、ゼロワンの兄弟車である「ゼロワンクラシックタイプF」、そして2006年に発売した「オロチ」が型式認定されている。 これ以外のミツオカブランドの車種は大手メーカー製の自動車の内外装を変更したカスタムカー、またはミニカー登録の近距離用コミューターである。 ミツオカのカスタムカ... 詳しくはこちら!»

●下記車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
(一度に9車種まで選択できます。)

チェックした車種を探す

ア行

カ行

サ行

タ行

  • ドゥーラ ドゥーラ(0)

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

  • ユーガ ユーガ(0)

ラ行

英数字 ・ 漢字

  • /その他 ミツオカ /その他 ミツオカ(0)
  • MC-1 MC-1(0)

チェックを入れた車種とよく比較される車種が表示されます

  • 左の車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
  • こちらのエリアに、選択した車種とよく比較されている車種5車種が表示されます!

車選び.com オンラインコンシェルジュ

販売店の口コミ投稿で先着500名様にAmazonギフト件1,000円分プレゼント!詳しくはこちら

エリアからミツオカの中古車を探す

ミツオカの中古車情報をエリア(地域)から簡単に検索できます。

価格からミツオカの中古車を探す

ミツオカの中古車情報を価格から簡単に検索できます。

ミツオカ

光岡自動車は中古車ディーラー、輸入車ディーラー、カスタムカーメーカーにして日本で10番目に誕生した自動車メーカー。

■ 光岡自動車の車
1994年、ニアセブンの一種である「ゼロワン」を開発、1996年にこれが型式認定され光岡自動車は正式に自動車メーカーとなった。
そのほか、ゼロワンの兄弟車である「ゼロワンクラシックタイプF」、そして2006年に発売した「オロチ」が型式認定されている。
これ以外のミツオカブランドの車種は大手メーカー製の自動車の内外装を変更したカスタムカー、またはミニカー登録の近距離用コミューターである。

ミツオカのカスタムカーは、クラシック風のフロントマスクやテールエンド、車種やグレードによってはウッドパネルや本革内装等により雰囲気を主としてカスタムしたものが多い。
車種名称は日本語を用いることが大半で、主として型式はベース車のものそのままである。廉価モデル等では内装はベース車そのままのこともある。
ミツオカはこの手のカスタムカーメーカーとしては年数・台数とも実績があり、一定の評価を得ている。

ミツオカは同じ名前の車種で代により車格が異なることがあり、中古車として求める場合には下調べを要する。

■ ビュート
初代モデルは1993年にデビュー。
車名は「美しく遊ぶ人」という意味。英語表記は「viewt」。
モチーフとなったのは50-60年代のイギリス、ジャガーの名車「マーク2」。
ベースとなったのは日産・マーチの二代目モデル。K11型マーチの丸いルーフラインとシンプルなサイドビューを活かし、巧みに前後のスタイルを変更することによりジャガー風に仕立てている。
K11マーチと同じく1000ccと1300ccがラインナップされ、それぞれATとMTを選択する事ができた。
1997年にはベースとなったマーチにカブリオレが追加されたのに伴い「ビュート・コンバーチブル」を追加設定。
ビュートコンバーチブルはクローズドモデルと異なり、リアエンドはベース車ほぼそのままであった。同時に3ドアおよび5ドアのハッチバックモデルも追加設定され、こちらもリアエンドはベース車ほぼそのままであった。
その後はマーチのモデルチェンジに追従し、2005年にK12型をベースとした二代目に、2012年にはK13型系マーチをベースとした三代目となる。

■ キュート
二代目ビュートからはハッチバックモデルが切り離され、「キュート」と名付けた別車種となる。
車名は「喜び遊ぶ人」と、英語の「cute」のダブルミーニング。二代目ビュートと同じく日産・マーチK12型をベースとする。

■ リョーガ
車名は日本語の「凌駕」が由来。
初代モデルはP11型の日産・プリメーラをベースとし、1998年にデビュー。ベースのプリメーラに設定のあったワゴンもある。

プリメーラがP12型となりシルエットが大きく変わるとリョーガはこれに追従せずベース車を変更。
ひとまわり小さな日産・サニー(B15型)にベース車を変更し2001年、二代目リョーガとして発売する。

■ ヌエラ
ヌエラの名は「new era(新しい時代)」という英語が由来。ミツオカには珍しく日本語を当てていないネーミングだ。

初代モデルは2004年、ホンダ・アコードをベースとして発売。
新車としてのラインナップは2000cc~2400ccの通常のモデルだが、後に「認定中古車(ミツオカ独自の制度で通常の中古車販売ではない)」として「ヌエラ・ユーロR」や「ヌエラ・ワゴン」が作られたことがある。
「ヌエラ・ユーロR」は「お遊びで作ってみた」と語られており、おそらく一台のみのスペシャルでたいへん希少性が高い。

アコードがモデルチェンジし、ボディが大型化するとヌエラはベース車を変更。
リョーガの例と同じくひとまわり小さな車種となる。この際、混乱を避けるためか「ヌエラ6-02」と名前を変更している。
二代目ヌエラはE140型カローラをベースとし、セダンはカローラアクシオを、ワゴンはカローラフィールダーをベースとしている。

■ ガリュー
1996年、日産・クルーサルーンをベースにデビュー。他のミツオカ車とは異なり、二代目モデルが発売されても2001年まで併売されていた。
ストレッチリムジン仕様も少数だが製造され、全長は1.74m延長され6.6mとなり、ドアは6枚であった。

二代目モデルは初代併売の関係上「ガリューII」を名乗り1999年に発売、2004年まで生産された。
ベースとなったのはY34型の日産・セドリックまたはグロリア。エンジンはセドリック/グロリアのVQ25DD型V6 2500ccとVQ30DD型V6 3000cc。
初代と同じくリムジン仕様も受注生産として設定され、全長は6.36mであった。

セドリック/グロリアの廃番に伴いガリューは「ガリューIII」としてベースをY50型フーガに変更。2005年に発売した。
エンジンはVQ25DE型V6 2500ccとVQ35DE型V6 3500cc。ガリューIIIでは4WDモデルも選択出来た。2010年生産終了。
2008年、「ガリューIII」のホイールベースを500mm延長した「ガリューリムジンS50」が発売。
同時に外装がフーガのままの「ミツオカリムジンS50」も設定された。

ガリューシリーズの異色の存在として2007年発売の「ガリューIIIコンバーチブル」がある。
これは名前は「ガリューIII」と似ているが車としての関連性はなく、並行輸入のフォード・マスタングコンバーチブルをベースとしている。このため、左ハンドルであり、メーターはマイル表示である。

2010年、ガリューは二代目日産・ティアナをベースとした四代目にモデルチェンジ。名前は数字は付けない「ガリュー」に戻された。ベース車と同じく2500ccと3500ccモデルがある。

このガリューの系譜と並行して「ガリュー2-04」というモデルも設定された。ベースはE140型カローラアクシオおよびカローラフィールダー。
また2010年には「ガリュー2-04」の内装を豪華にした「ガリュー・クラシック」を追加。
両車とも2008年からE140型カローラ系が生産終了となる2012年まで販売。

■ ヒミコ
2008年、三代目NC型マツダ・ロードスターをベースとして発売。
ホイールベースを大幅に延長し、ロングノーズ・ショートデッキのクラシカルなプロポーションとしている。

■ ドゥーラ&ラ・セード
ドゥーラは1991年、フォード・マスタングをベースに戦前のアメリカ車風を再現したスタイルで発売された。

これに続きラ・セードは1996年にS13型シルビアをベースとし500台限定で発売された。
ドゥーラよりもベース車を身近な車種としたことで価格とメンテナンスコストを下げながら、ベース車そのままの外装部分が非常に少なく完成度が高いとして当時大きな話題となった。
S13初期型と同じCA18DE型エンジンを搭載し、シルビアにはあったターボはラインナップされなかった。

シルビアがS15型となると2代目ラ・セードを発売。エンジンはSR20DE型となりやはりターボはラインナップされていない。
ベースのシルビアには存在したヴァリエッタをベースとしたコンバーチブル仕様も有名だが、これは第35回東京モーターショーで参考出品されたのみで市販はされていない。

■ オロチ
オロチはミツオカオリジナルの車種であり、ベースとなった車種はない。2006年発売。
自社製のフレームに構築されたFRPボディは全長×全幅×全高は4560×2035×1180mm。日本車ばなれした低さと幅広さ、スーパースポーツらしいエンジンスペースの長さでまさにスーパーカーのプロポーションである。
この堂々としたボディにトヨタの3MZ-FE型V6 3300ccエンジンにアイシンAW製5ATを組み合わせミッドシップに横置きしている。動力性能は十分以上で、普通の車よりはパワフルで速いが決して飛び抜けた性能という訳ではない。
開発車自身この車を「ファッションスーパーカー」と定義付けており、スーパーカーの優越感と雰囲気を味わいながら、日常の足として使えることを狙っている。

ブレーキはホンダ・レジェンドから、ステアリングはスズキ製、内装の一部をロードスターから流用している。
しかしこうした細かい流用は少量生産のスーパーカーやスポーツカーにはよく見られることであり、例えばランボルギーニ・ディアブロの後期型のヘッドライトはZ32型日産・フェアレディZから、ロータス・エスプリ後期型のテールランプはAE86型トヨタ・カローラレビンから流用している。またロータスの生産車は室内のスイッチ類を量産車から流用することは多々ある。