メーカー・車名一覧からアウディの中古車を検索

アウディはフォルクスワーゲンのグループ企業で、フォルクスワーゲンが大衆車向けの車を中心に生産するのに対して、それよりもやや高級なプレミアムカーブランドという位置づけで捉えられています。4つの自動車メーカーが合併してできたメーカーであり、エンブレムである4つの輪のつながりは、4社の結束を象徴したものであると言われています。同社の車は、クワトロと言われる四輪駆動のシステムとヨーロッパで広く普及しているディーゼルエンジン車を得意とする特徴があります。国内で輸入車の販売が伸びていますが、特にアウディの車は高いデザイン性で人気があり益々シェアを伸ばしています。そのため中古車市場にも多くのアウディが流通しています。 ... 詳しくはこちら!»

●下記車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
(一度に9車種まで選択できます。)

チェックした車種を探す

ア行

英数字

チェックを入れた車種とよく比較される車種が表示されます

  • 左の車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
  • こちらのエリアに、選択した車種とよく比較されている車種5車種が表示されます!

車選び.com オンラインコンシェルジュ

アウディ

アウディはフォルクスワーゲングループ傘下にあって、小型車から中級~上級のセダン・ワゴン・スポーツカー、またそのイメージを活かしたSUVを主とするメーカーである。

■ アウディ設立と消滅
初期のベンツの工場長であったアウグスト・ホルヒが1899年に独立しホルヒ社を創業、1901年に自動車の生産を始めた。
しかしアウグスト・ホルヒの「良い車を作る」という理念が商業的な利益を求める経営陣と対立、ホルヒ社を追い出されてしまう。
1909年、アウグスト・ホルヒは新たに同名のホルヒ社を設立。しかしアウグスト・ホルヒのホルヒ社は商標を侵害しているとして古巣のホルヒ社から差止めされる。
そこでアウグスト・ホルヒは自身の名前「ホルヒ」をラテン語訳した「アウディ」として商標を変更。これがアウディ社の起源となる。
1920年、創業者アウグスト・ホルヒはアウディを去る。
1932年、躍進激しいアメリカ車に対抗するためアウディはDKW、ホルヒ、ヴァンダラーと合併、アウトウニオン社となる。
アウトウニオン社の中でアウディは中級~上級サルーンのブランドとして生きていたが、第二次大戦で一旦アウディのブランドは消える。

■ アウディブランドの復活
アウトウニオンは1958年、ダイムラーベンツの傘下に入りさらに1964年、ダイムラーベンツからフォルクスワーゲンに売却される。
このフォルクスワーゲン傘下で1965年、アウディブランドが再び市販車に使われ復活。

■ 現在のアウディの成立
同じドイツの自動車メーカー、NSUは史上初のロータリーエンジンを搭載した市販車、ヴァンケルスパイダーに続きロータリーエンジンの4ドアサルーン、Ro80を発売。
その性能とスムーズさは素晴らしいものであったが、信頼性に問題を抱えており、結果、NSUは1969年にアウトウニオンに吸収されることとなった。
余談ではあるが、このヴァンケル式ロータリーエンジンはマツダが技術を買い取り、日本で改良を重ねて花開くことになる。
ここにアウディNSUアウトウニオン社が誕生し、現在のアウディが成立した。
さらに1985年、アウディNSUアウトウニオンはアウディと改称。これが名実ともに現在のアウディである。

■ アウディ80のヒット
アウディはフォルクスワーゲン傘下で中級クラス以上のサルーンを生産・販売する部門としての役割を担った。
1972年に登場した中級サルーン、アウディ80はジョルジェット・ジウジアーロのデザインで素直なシルエットを持ち、メカニズムも量販を意識し素直なものであった。
このアウディ80はヨーロッパカーオブザイヤーにも選ばれ、商業的にも大成功であった。
この初代80をベースとしてフォルクスワーゲン・パサートが、また二代目80をベースとして二代目パサートとサンタナが作られ、そのサンタナは一時期日本の日産でノックダウン生産が行われたことは一定以上の世代には有名。
なおサンタナは2013年現在でも中国等で継続生産されており、今なおこのアウディ80のメカニズムは所変わって生き続けている。
アウディ80は日本でも非常に多く売れたので、いまなお最終モデルは中古車市場で見かけることがある。

■ クワトロ
1972年、ポルシェ創業者フェルディナント・ポルシェの孫であり元ポルシェの技術者であるフェルディナント・ピエヒがアウディの技術担当責任者に収まる。
フェルディナント・ピエヒは乗用車のためのフルタイム4WDシステムを開発。このフルタイム4WDを通常のサルーンに載せたことが当時としては画期的であった。
4WDを備えたサルーン自体はスバルに先行例があったが、スバルの当初の4WDは不整地走破性を目的としたパートタイム4WDシステムであり、アウディの4WDは舗装路における走行安定性・トラクション性能を目的としている点が大きく異なる。

1980年、大ヒットしたアウディ80の二代目のクーペボディにこの4WDシステムを搭載した「クワトロ」が発売される。
当初「クワトロ」はこの車の名前であったが、以後アウディの4WDシステムそのものの名前としても使われた。
のちの区別のためこの「クワトロ」のことを指して「ビッグクワトロ」と呼ぶのが一般的になっている。

ベースとなった80クーペは名デザイナージョルジェット・ジウジアーロによるもので、美しいシルエットのクーペながら大人が無理なく座ることの出来る後席スペースを備えていた。
これにビッグクワトロでは絶妙なボリュームのブリスターフェンダーや各種空力付加物によって筋肉質な美しさを身につけていた。

その走行性能も素晴らしいもので、ビッグクワトロはWRC(世界ラリー選手権)をはじめ競技で活躍。「4WDでなければ勝てない」ことを見せ付けてラリー史を塗り替える存在となった。
4WDのライバルが出揃ってくるとアウディはスポーツクワトロというグループBモデルを投入、ビッグクワトロよりもホイールベースを30cm以上切り詰めて旋回性能の向上を図った。
さらにスポーツクワトロはスポーツクワトロS1へと発展、しかしこの頃のWRCではミッドシップレイアウトの4WDが主流となっており、フロントエンジンのスポーツクワトロS1は苦戦を強いられた。
そのためアウディはミッドシップレイアウトとしたスポーツクワトロRS002の開発を行っていたが、WRCにおけるグループBおよびグループSカテゴリの廃止に伴い日の目を見ることはなかった。

しかし市販モデルとしての「クワトロ」はその後もアウディのイメージリーダーとして今日まで人気を博している。

1999年、イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニがアウディと同じフォルクスワーゲンの傘下に収まると、ランボルギーニはアウディから車作りを学んだ。
その提携の成果としてランボルギーニ側ではガヤルドとして結実。ガヤルドはアウディのエンジンブロックを基本とするV10エンジンを備え、ヘッド周り等パワーを生み出す部分はランボルギーニ独自のものである。
よく誤解されていることであるが、ガヤルドは4WDとはいえアウディのクワトロとはシステムとは異なり、通常のビスカスカップリング式フルタイム4WDだ。

2006年、本格的なスーパーカー、R8がデビュー。もちろんアウディのV10エンジンとクワトロシステムを備えるが、ランボルギーニとの提携とは無関係ではないかもしれない。

「速いアウディ」はこのR8だけではなくサルーンやステーションワゴン(アウディ流に言えば「アバント」)にも用意される。
まずはS4、S6等のSシリーズが、そしてそれに飽き足らないユーザーのためにはRSシリーズがある。
ランボルギーニにも使われたV10エンジンを収めながらエレガントなサルーンとしての外見を保っているRS6は「羊の皮を被った猛牛」である。
中古車としても10年以上経つRS6でさえ高値を保っており、その魅力と人気が伺える。

■ エンジン、レイアウト
アウディのエンジン配置と駆動方式は基本はFF(フロントエンジン・フロントドライブ)で、これ自体は小型~中級クラスのサルーンとしてごく一般的なものであるが、アウディの中級クラス以上はエンジンを縦置き配置しているのが特徴。
この特徴はFFを生産し出した初期からのもので、特段クワトロシステムを前提としたものではない。しかし縦置き配置だったからこそクワトロシステムがマッチしたとも言えるだろう。
アウディのラインナップでも小型車等、VWのプラットフォームを使用したモデルでは横置きレイアウトのものもある。A1、A3、S3等がそれに当てはまる。

他メーカーでは比較的珍しいエンジンとして直列5気筒エンジンや5バルブエンジンを採用していたこともある。
5気筒はアウディ80や90、5バルブエンジンはアウディA4等に搭載。それぞれグループ企業のフォルクスワーゲンにも流用されている。
他メーカーでは5気筒はホンダやボルボ、5バルブはトヨタ(ヤマハ開発の4A-GE型エンジン)や三菱(ミニカダンガン、パジェロミニ)等に採用例がある。