メーカー・車名一覧からレクサスの中古車を検索

レクサスはアメリカで生まれたトヨタ自動車の高級ブランドです。アメリカ市場ではヨーロッパや国内の高級車(プレミアムカー)メーカーの自動車が良く売れており、日本車は品質では特に優れているものの、一般大衆車というイメージが定着していました。しかしレクサスは機能性と高級感の両立をイメージさせるブランディングに成功し、アメリカ市場で大きく受け入れられ、現在では世界的にも独立した高級車ブランドとしての地位を築くに至りました。欧州プレミアムカーにも引けをとらないプレミアム感と国産ブランドの安心感を同時に享受できることから、日本での普及が進み、中古車も数多く流通するようになりました。 ... 詳しくはこちら!»

●下記車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
(一度に9車種まで選択できます。)

チェックした車種を探す

英数字

チェックを入れた車種とよく比較される車種が表示されます

  • 左の車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
  • こちらのエリアに、選択した車種とよく比較されている車種5車種が表示されます!

車選び.com オンラインコンシェルジュ

レクサス

高級車という言葉から連想される自動車メーカーは、一般にメルセデスベンツやBMWなどの輸入車メーカーのイメージが根強いのではないでしょうか。
しかし、トヨタも国内向けには古くからクラウン、センチュリーといった高級セダンを作ってきた歴史があります。
ですが、それらの車種は海外向けには販売しておらず、高級ブランドとしての海外進出はトヨタの悲願であったと言えるでしょう。
1989年、並居る高級車メーカーをその静粛性と走行性能で驚かせたセルシオがデビューしました。
そのセルシオはアメリカではレクサスLS400という名前で売りだされ、レクサスブランドが誕生したのです。
高級車は性能だけでなく、そのブランドの持つ歴史や文化も他のカテゴリーよりも重く見られる傾向にありますが、最近のレクサスは「スピンドルグリル」という紡錘型のラジエーターグリルを備え、トヨタ自動車がもともと織物を作る機械を作っていた会社から派生したという歴史を踏まえることで伝統を打ち出していると言えるでしょう。
 

歴史


レクサス展開の拠点となったアメリカでは、キャデラックやリンカーンのように重厚で威厳を放つ車こそ、成功の証と考えられていました。
たとえ、燃費が悪く、故障しやすかったとしても、伝統的なブランドであることから許される傾向にあったのです。
一方トヨタでは、消費者のなかでは潜在的に不満がたまっていること、特に若い層の間では前述したようなブランドも「古臭い」と捉えられていることを市場調査からつかんでいました。
そのためレクサスでは「機能的」で「高品質」なプレミアを追求がされたのです。
1989年に発売されたレクサスLSは、約5年にも及ぶ開発期間で、テストコースや開発体制などを一新し、「壊れないが、あくまで安物の大衆車」という日本車のイメージをうちやぶりました。
LSは初年度だけで約11,600台を売り上げ、大衆車メーカーの高級車市場への進出をはたしたのです。
2005年には日本国内でもレクサスブランドの展開が開始され、以来レクサスはメルセデスベンツ CクラスやBMW 3シリーズをライバルに見据えたレクサス IS、
メルセデスベンツ EクラスやBMW 5シリーズに相当するクラスのレクサス GS、そしてフラッグシップモデルとしてかつてセルシオとして販売していたレクサス LSをセダンのラインナップに持つようになりました。
 

特徴


欧米の他メーカーと比べレクサスがそのアイデンティティとしているのは環境性能を重視したハイブリッドモデルを幅広くラインナップしていることでしょう。
GSやLSの他にもSUV(スポーツ用多目的車)のRX、さらにハイブリッド専用モデルとしてCTとHSを持っています。
その他のラインナップとしてレクサス SCは、完全に格納可能な電動ハードトップを備えた2+2クーペカブリオレで、かつてトヨタ ソアラとして販売されていたものです。
LFAは超弩級のスーパーカー。新車価格で家が建ちそうなほど高価ですが、F1の技術をフィードバックしたと言われるドライサンプのV10エンジン、
軽量だが高価過ぎて一般の車種には使えないカーボンFRPとアルミ合金の複合で作られたボディ等非常にコストのかかった車で、作れば作るほど赤字が増えるとも言われているほどで、考えようによってはお買い得とすら言えるのではないでしょうか。
 

デザイン性


レクサスのデザインにおける基本理念に「L-finesse(エルフィネス)」というキーワードがあります。
“L”は“Leading edge(先鋭)”、“finesse”は“人間の感性や巧みの技の精妙”という意味があります。
“L-finesse”以下の3つの要素から構成されされています。
・「純」本質を究めたシンプルさ
・「妙」感性に響く深み
・「予」時間をデザインする
日本的美意識を追求したシンプルなデザインからは、従来の高級車の威圧的な様相とは違った良さが感じられるのではないでしょうか。
 
各車種の共通的なデザインとしてあげられるのは、フロントマスクはフロントグリルをヘッドライトより低い位置に配置したレゾリュートルック、シルバーのモールがフロントからリアにかけて一本に貫き、リアナンバー灯には白色LEDが使用されている点などでしょう。
インテリアでは、トヨタブランドの車種とは異なり、ダッシュボードなどに使われるソフトパッドにシボ加工のものが採用されています。
RXの3代目モデルからは、カーナビゲーションシステムを、手元で操作できるリモートタッチが実装されました。
  

中古車市場


レクサスはコンシェルジュサービスや緊急対応サービスの付加されたカーナビゲーションなど、店舗でのいわゆる「おもてなし」といったソフト面での価値も魅力的です。
そのため、走行距離が10万kmを大きく上回る等、他ブランドの車ならばタダ同然になってしまうような条件であっても大きく値落ちしないことが特徴といえるでしょう。
しかも、そういったサービスは中古車購入者も受けることができるのです、
また売却時にも値落ちが少ないので実は中古車としてもおすすめできるブランドです。