ダイハツの中古車について

ダイハツはトヨタ自動車グループの会社で、軽自動車や小型車を専門的に生産している自動車メーカーです。大阪大学の技術者によって作られたエンジンを生産する会社をルーツとしており、大阪の発動機という意味からダイハツという名前になったと言われています。タントやムーブなどの軽バン人気車種を生産しており軽自動車のシェアをスズキと争っています。軽自動車は特に中古車でも人気がありますので、ダイハツの中古車も多く流通しています。 ... 詳しくはこちら!»

●下記車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
(一度に9車種まで選択できます。)

チェックした車種を探す

ア行

カ行

サ行

  • シャルマン シャルマン(0)
  • シャレード シャレード(0)
  • シャレードソシアル シャレードソシアル(0)
  • シャレードデ・トマソ シャレードデ・トマソ(0)
  • ストーリア ストーリア (2)
  • ソニカ ソニカ (61)

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ラ行

  • ラガー ラガー(0)
  • リーザ リーザ(0)
  • ロッキー ロッキー(0)

英数字

チェックを入れた車種とよく比較される車種が表示されます

  • 左の車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
  • こちらのエリアに、選択した車種とよく比較されている車種5車種が表示されます!

車選び.com オンラインコンシェルジュ

ダイハツ車の燃費ランキング

※燃費は10・15モード燃費です。定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。 ※車種の中の最良グレードでの燃費ランキングです。

  • 1位
    ダイハツミライース
    ダイハツ
    ミライース
    (LA300S/2011年09月)
    20.4km/L
    排気量660cc (CVT)
  • 2位
    ダイハツエッセ
    ダイハツ
    エッセ
    (L235S/2005年12月)
    19.3km/L
    排気量660cc (MT)
  • 3位
    ダイハツミラ
    ダイハツ
    ミラ
    (L275S/2006年12月)
    19.1km/L
    排気量660cc (MT)
  • 4位
    ダイハツムーヴ カスタム アイドリングストップ
    ダイハツ
    ムーヴ カスタム アイドリングストップ
    (LA100S/2011年11月)
    18km/L
    排気量660cc (CVT)
  • 5位
    ダイハツムーヴ カスタム アイドリングストップ
    ダイハツ
    ムーヴ カスタム アイドリングストップ
    (LA100S/2010年12月)
    17.8km/L
    排気量660cc (CVT)
  • 6位
    ダイハツミラ
    ダイハツ
    ミラ
    (L250V/2002年12月)
    17.4km/L
    排気量660cc (MT)
  • 7位
    ダイハツムーヴ アイドリングストップ
    ダイハツ
    ムーヴ アイドリングストップ
    (LA100S/2010年12月)
    16.9km/L
    排気量660cc (CVT)
  • 8位
    ダイハツタントエグゼ
    ダイハツ
    タントエグゼ
    (L455S/2009年12月)
    16.8km/L
    排気量660cc (CVT)
  • 9位
    ダイハツミライース
    ダイハツ
    ミライース
    (LA310S/2011年09月)
    16.5km/L
    排気量660cc (CVT)
  • 10位
    ダイハツソニカ
    ダイハツ
    ソニカ
    (L405S/2006年06月)
    15.8km/L
    排気量660cc (CVT)

ダイハツ

ダイハツはトヨタグループの一員として小型車および軽自動車を中心にラインナップする自動車メーカーだ。元々の社名は「発動機製造」だが自然発生的に「大阪の発動機」略して「大発」として認知されていたため後に正式な社名もそれに追従し「ダイハツ」を名乗るようになった。社名は本社所在地の町名にもなっており、「大阪府池田市ダイハツ町1-1」。このように自動車メーカー名が地名になった例としてはトヨタ、スバル等にも見られる。

歴史

ダイハツは非常に長い歴史を持つメーカーで、元々は1907年創立の「發動機製造株式會社」に遡ることが出来る。当初は産業用発動機のメーカーであったが、1930年、オート三輪のダイハツ号をリリースしたことで自動車産業に参入。1957年、ミゼットを発売。一躍ダイハツのヒット商品となる。「小回りの利く、ミゼット!」のTV生CMや、桑田佳祐の映画「稲村ジェーン」でサーフボードを荷台に立てかけている姿はポスターにもなり記憶にある方も多いことだろう。

1977年、「5平米カー」を謳う合理的なパッケージのリッターカー、シャレードを発売。たちまち人気となり、基本性能の高さでラリー等のモータースポーツでも活躍し歴史に名を刻んだ。

1980年、長く看板車種となるミラを発売。乗用車ライクな背の低さと極端に狭めたリアシートによって貨物登録を可能にした軽ボンネットバンとして登場。
車両価格と物品税の安さから庶民のセカンドカー需要にマッチし、たちまち街にあふれ出した。いわゆる「ボンバンブーム」である。

1985年、ミラターボTR-XX登場。軽自動車のパワー戦争が加熱しスズキアルトワークス、三菱ミニカダンガン、スバルレックススーパーチャージャー等と「速いボンバン」競争を繰り広げた。
軽自動車の64psを上限とした業界自主規制はこのころから2013年現在も続く。

パワー戦争は小型車であるリッターカークラスにも波及、シャレード GTtiは1000ccながらツインカムでインタークーラーターボを備え、105psを発生。モータースポーツでも活躍した。シャレード GTtiはマイナーチェンジで水冷インタークーラーを得たシャレード GT-XXに発展。ライバルのスズキはカルタスGT-iを投入し対抗した。
このころイタリアのデ・トマソ社との提携で生まれ、赤黒ツートンをイメージカラーにした「シャレード デ・トマソ」は当時を知る人には懐かしいものがある。

1993年にライバルのスズキがワゴンRを発売、大ヒットするとダイハツも1995年、ムーヴを投入し軽トールワゴン市場に参入。2013年現在まで至る同カテゴリーの草分けの一角となる。
2011年、「第三のエコカー」を謳うミライースを発売するとスズキとの間で軽自動車低燃費戦争が勃発。
すぐにスズキは追従し、ミライースよりも0.2km/l燃費性能が上回るアルトエコを売り出した。
トールワゴン分野ではムーヴとスズキワゴンR、タントとスズキパレット/スペーシアでも同様の燃費競争が繰り広げられた結果、
ダイハツとスズキが数ヶ月毎にクラストップの燃費性能の車種を交互にデビューさせる程の加熱ぶりである。

このように燃費の向上と室内スペースの広さを競い合った結果、軽自動車の需要は増加。
ついに2011年、親会社のトヨタへ軽自動車のOEM供給を開始。ムーヴコンテをトヨタ初の軽自動車、ピクシススペースとして売り出した。
軽自動車業界の再編を受け、2010年にはトヨタを通じて関係の深いスバルにも、ミラをスバルプレオとして、続いて2012年にはミライースをプレオプラス、ハイゼットをスバルサンバーとしてOEM供給を開始した。

人気の車種

ダイハツで乗用を指向した車種としては背の高さ別にミラ&ミライース、ムーヴ、タントの三車種が代表的な人気車だ。
ミライースにはMTが設定されていないため、ミラのMTモデルも2013年現在も新車のラインナップに残されている。

ミラは従来からのボンバンの流れをくむオーソドックスな乗用モデル。派生したバンタイプも存在する。ミライースはミラと同様のプロポーションのボディに低燃費性能を磨いた車種。外見をクラシック風にしたミラジーノ、欧州の古いコンパクトカーのようなテイストのミラココアは女性を中心に人気である。

ムーヴは背を高くしたことで室内スペースを広く取った軽乗用ワゴン。
派生モデルとして外観のイメージを変えたムーヴカスタム、ムーヴラテ、ムーヴコンテ、ムーヴコンテカスタムがある。
ムーヴよりもさらに高い全高と広大な室内スペースをコンセプトとするタントも子育て層に人気だ。こちらも外見のテイスト違いでタントカスタム、タントEXEがある。

走りを指向したツーリング用としてソニカも忘れてはならない。 その先代にあたるMAXもシャープな外見と軽快な走りで隠れた名車だ。

オープンスポーツカーのコペンは車好きに人気で、意外に使えるトランクルームを持つこともあり可愛いシティカーとしてもおすすめできる。
コペンの源流とも言えるリーザスパイダーは玉数も少なく完全にコレクターズアイテムだ。

テリオスキッドは本格的な軽SUVで、派生車種に小型車枠のテリオスがあり、こちらはトヨタキャミとしてOEM供給もされていた。
ムーヴをベースとしたネイキッドというSUV風のハードな外見を持ったモデルもあり、マニア受けする車種である。

その他変わり種としてはミラウォークスルーバンがカスタマイズのベースとして人気で、昔の名車ミゼットをモデルにした可愛い軽トラック、ミゼットIIも根強い人気がある。
商用車では、ハイゼットシリーズはこのクラスのスタンダードとして高い人気を誇る。

企業文化

ダイハツは実用的な軽自動車と小型車を主とするメーカーながらモータースポーツにも積極的だ。シャレードでのサファリラリー参加は広告に大々的に使ったことからよく知られている。初代シャレード登場時より、三気筒エンジンを活かした大きな切れ角と軽量コンパクトなボディにより国内外のラリーで活躍した。
WRCがグループBカーで争われるようになると、二代目シャレード「926ターボ」をデビューさせ国内外のラリーに参戦、特に国外で活躍した。
その後継のシャレード「926R」はさらに過激なもので、エンジンをボンネットの下から座席後方に移動し、ミッドシップレイアウトとなっていた。
しかしグループBのカテゴリー自体が事実上消滅したためこの「926R」はモーターショーに出たのみで日の目を見なかった幻のモデルとなった。

その後もダイハツはラリー活動を継続し、市販車のシャレード GTti、GT-XXをベースとしてグループAカテゴリーに参戦。
安価で戦闘力のある競技用車両を用意していたことでワークス活動のみならず多くのプライベーターにも支持されていた。
ミラX4、ストーリアX4、ブーンX4といった三気筒ターボ四駆の系譜は走ることが好きな車好きの語り種である。
このほかダイハツはモータースポーツを催す側として、関連会社DCCS主催のジムカーナ競技会、ダイハツチャレンジカップが開かれていたが、時代の流れから2009年惜しまれながら終了した。

ダイハツはEV、ハイブリッド分野においても先駆であり、1970年に「フェロー」をベースにしたハイブリッド試作車を出す等歴史が長い。
最近では10代目ハイゼットカーゴにも2005年にハイブリッドが追加された。(2010年生産終了)

関連会社

ダイハツはトヨタの傘下であり、多くの車種を共同開発、OEM供給、委託生産している。
同じくトヨタと資本関係にあるスバルにはクーをデックスとして、ブーンを海外向けのジャスティとしてOEM供給したほか、現在でも軽自動車を中心に多くの車種を供給した。
資本関係はないがカスタマイズ分野でD-SPORTブランドとして協力関係にある会社としてSPKがある。
このほかダイハツ西宮工場は源流を辿ればダイハツが1970年に吸収合併した旭工業の工場であり、旭工業の前身、明和自動車工業から分社した新明和工業は航空・輸送機器・特装車メーカーとして有名。

国外拠点

2013年4月現在、海外事務所は中国事務所、マレーシア事務所、欧州分室がある。
海外生産拠点は2012年6月現在、マレーシア、インドネシア、ベネズエラにある。
マレーシアではマイヴィ、ビバ、アルザ、アバンザを生産。
インドネシアではテリオス/ラッシュ、セニア/アバンザ、グランマックス/タウンエース・ライトエース、ルクシオを生産。ベネズエラではテリオスを生産している。