メーカー・車名一覧からトヨタの中古車を検索

トヨタ自動車は日本最大の企業というだけでなく、世界でも最も多くその車が普及している世界最大級の自動車メーカーです。普通自動車からトラック、バスまで幅広い車種を生産・販売しており、国内での中古車の流通台数も最も豊富なメーカーの一つです。そのため、コンパクトカーからミニバン・ハイブリッドカーまで、用途にあった中古車をお探しいただけます。 トヨタ自動車は日本初の自動織機を発明した豊田織機をルーツとしており、時代のニーズを先取りするという伝統は現代にも引き継がれています。例えば、世界で最初に量産・普及に至ったハイブリッドカー・プリウスや、水素をエネルギー源として走る燃料電池車MIRAIなどで、環境問題という国際的な課題に答えを出しています。 ... 詳しくはこちら!»

●下記車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
(一度に9車種まで選択できます。)

チェックした車種を探す

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ラ行

英数字

チェックを入れた車種とよく比較される車種が表示されます

  • 左の車種リストよりご覧になりたい車種を選択してください。
  • こちらのエリアに、選択した車種とよく比較されている車種5車種が表示されます!

車選び.com オンラインコンシェルジュ

トヨタ車の燃費ランキング

※燃費は10・15モード燃費です。定められた試験条件の下での数値のため、走行条件等により実際の燃料消費率は異なります。 ※車種の中の最良グレードでの燃費ランキングです。

トヨタ

国内でも有数のトップクラスの大企業であると同時に日本が世界に誇る自動車メーカー。それが愛知県の豊田市に存在しているトヨタ自動車株式会社です。
歴史はもちろん古く、現在に至るまで車業界の先駆者としてその役割を果たしてきただけではなく、現在においてもエコロジーや環境問題といった問題に熱心に取り組んでいます。
その代表作であるプリウスは車好きではなくても知っている人が多いほどの人気のエコカーであり、環境問題だ、エコロジーだとささやかれている現在の車社会において爆発的な売り上げを記録している車であります。このプリウスのほかにも紺核とカーブームの火付け役となって大ヒットになったヴィッツや、ライトバンといえばこの車だといわれるほどのヒットを記録したハイエース、走り屋に大人気となったAE86レビン、AE86トレノなどと言うように、ユーザーや年齢層、使用目的に合わせて多数のバリエーションを豊富に兼ね備えたラインナップを商品開発の中に常に念頭においてきたからこそ、今のトヨタ自動車があるといっても過言ではないでしょう。
もちろん、そのトヨタ自動車が生産していた車は中古車となって現在も中古車市場では必ずといっていいほど見かけますし、ラインナップも前述のとおり豊富なために、中古車のタマ数も多く、商業用に、スポーツ走行などの趣味に、家族ができたので買い換える、エコロジー対策に買い換えるといったありとあらゆる場面にトヨタ自動車は中古車においても対応しているのです。

トヨタ自動車 歴代社長

トヨタの創始者は皆さんご存知の通り豊田佐吉である。大工兼農家であった父豊田伊吉と母るいの間に生まれた。小さなころから手先が器用で、父の後を継ぎ大工の修行を始めたのだが性に合わなかったようで、学が無い自分でも役に立てることが有ると考え、発明で身を立てようと決心したようだ。その時佐吉18歳であった。
手始めに、身近にあった織機の改良をはじめた佐吉であったが、転機となったのが明治23年に発明した豊田式人力織機だ。その6年後の明治30年には木製の動力織機を発明し、60台の織機を納めて会社を軌道に乗せた。その後次々と会社を立ち上げたが、大正15年にトヨタ自動車の原点である豊田自動織機製作所を創立、初代社長に佐吉の婿養子である豊田利三郎を迎えた。

トヨタ自動車(当時:トヨタ自動車工業)は、このトヨタ自動織機の自動車部が独立する形で昭和12年に設立され、利三郎がその初代社長になった。トヨタ自動車の始まりである。昭和16年に豊田佐吉の息子である喜一郎に社長を譲り、会長に退くも昭和24年に人員整理の責任を取って喜一郎と共にトヨタ自動車を退任した。

利三郎から要請を受けて3代目社長に就いたのは石田退三である。トヨタの現在あるのは石田退三の凄まじいまでの倹約によるところ大きいと言っても過言では無いだろう。無駄使いを一切せずに内部留保を着実に増やしていった。今でもこの方針は受け継がれており、トヨタ銀行と呼ばれるほど内部留保を厚くしている。近年ではこの資金を有効に使い、ファイナンス部門でグループ全体利益の30%以上を稼ぐまでになっている。

4代目社長は喜一郎の従兄妹の英二が就任すると思われたが、貿易自由化や自動車業界再編もあり、三井銀行から経験豊富な中川不器男が社長に就任した。このころ発売されていた車に、ヨタハチの愛称でも知られているトヨタスポーツ800や初代カローラなどがある。昭和42年突然体調不良を訴え急逝、帰らぬ人となった。

5代目社長には豊田英二が就任、14年の長きにわたり社長を務め、昭和57年には工販合併を果たし、トヨタ自動車工業からトヨタ自動車に社名を変更した。その後、豊田章一郎に社長を譲り平成4年まで会長を務めた。

豊田章一郎は、豊田英二から幼いころから英才教育を受け社長に就任した。豊田本家からの社長就任は、利三郎以来実に43年ぶりとなった。豊田章一郎から豊田章夫までの歴代社長は、豊田達郎、奥田碩、張富士夫、渡辺捷昭である。豊田章夫は豊田佐吉のひ孫にあたる。

トヨタの代表的車種

トヨタ自動車は、前身である豊田自動織機製作所内に開設された自動車部が昭和12年に独立して誕生した。
トヨタ初の量産自動車は1936年発売の「トヨタ・AA型」と呼ばれる5人乗りの乗用車で、排気量3400CCの直列6気筒OHVエンジン「A型」を搭載、最大出力65馬力、最大トルク19.4kg-mであった。変速機は3速、サスペンションは前後固定軸で縦置き式半楕円リーフスプリングで、当時のパッケージとしては平凡で保守的な構成であった。

以来、様々な名車を生み出してきたトヨタ自動車だが、その中でも国民車として爆発的な販売台数を記録したのが現在でも販売されている「カローラ」である。因みに現行車はカローラアクシオで11代目となる。
1966年に販売されたカローラは、パブリカとコロナの中間車種として設計された。パブリカの失敗を徹底的に解析し、ユーザーの上位志向にマッチした車作りを追及すると同時に、スポーティー性を兼ね備えた野心作でもあった。エンジンは、排気量1100ccの水冷直列4気筒で、ミッションは2速ATと4速/3速ミッションが選べた。

高級車カテゴリーでトヨタを代表する車種といえば、やはり「クラウン」ではないでしょうか。「いつかはクラウン」というキャッチコピーをご存知の方も多いと思いますが、日本の高級車の代名詞として長い間君臨していました。今でこそレクサスや輸入車におされ、以前ほどの存在感はありませんが、団塊世代からの支持は今も健在です。初代クラウン(RS型)は1955年の正月に発売された。

トヨタの4輪駆動車と言えば、ランクルの愛称で親しまれているランドクルーザーが筆頭格だろう。
ランクルの歴史は意外と古く、なんと戦後間もない1954年6月から使用されていて、継続的に生産されている日本車の車種としては最も古いと言われている。因みにクラウンは1956年からである。
ランクルは自衛隊(当時警察予備隊)への納入を念頭に置いて開発されたが、競合であるジープ車のライセンスで製造された「三菱・ジープ」に敗れたが、その後警察のパトロールカーに採用された。
現行のランクルは、200系と呼ばれ2007年から販売されている。

トヨタの車種でもう一つ忘れてならないのが、86ことカローラレビンではないだろうか。2012年に「86」として復活したトヨタのFRライトウェイトスポーツの傑作である。86とははAE86型の略称で、4代目カローラレビンにあたる。86が人気になったのは、この後のライトウェイトスポーツカーが大型化、FF化になったためと思われる。
86以降のレビンはスポーツカーとしての魅力が薄れ7代目のAE111型を最後(2000年)にモデルが消滅した。
その後、86で峠をドリフトで疾走する漫画「頭文字D」が発売されると、一気に86人気が沸騰し、86レビンの中古車相場が跳ね上がり、入手困難になった。発売から30年近く経っても今なお高値で取引されている。

トヨタの車種のほんの一部を紹介しましたが、他にも様々な名車たちがあるので、中古車検索サイトを活用して調べてみてください。