車の質問にプロが答えるQ&Aサイト「教えて車屋さん」

池袋等での高齢者の事故があるたび思うことは、自動運転技術の実用化はいつごろになる...

啓介 さん

投稿日:2019.06.10 17:38:37

質問ID:3145

池袋等での高齢者の事故があるたび思うことは、自動運転技術の実用化はいつごろになるのか?すぐに無理でも、高齢者が過去に起してきた事故に特化して、その部分だけでもクルマの方で高齢ドライバーをフォローすることは出来ないのか?例えばスバルのアイサイトをアプリシエイトして、早急に対策は打てないのか、自動運転技術に関心が高くなりました。というのも、こうした事故のたび、高齢者の免許返納を義務化すべきだという意見が出るからです。それ以前に、クルマの側でやることをすべきだと思うからです。自動運転技術の最新状況を知りたいです。

受付完了
車屋さんからの回答受付終了

回答

並び替え:

  • 齋藤工業
    齋藤 誠 所属店舗
    自動運転は、世の車がすべて自動運転出来るようにならない限り、運用は難しいと思います。

    また自動運転だから安全という保証はどこにもありません。
    車ではありませんが、電車でも逆走して事故が起きております。

    自動運転なら、なおさら乗る人は事故起きそうな時にはブレーキをかけ事故を防止する「抑止装置」になる必要があると考えます。

    機械に頼る前に最初にこそ、人が安全に運転できる能力を維持し、場合によっては運転しない決断が必要だと思います。



    • 現段階ではまだ、高齢者がクルマに頼ることは、難しいということなんですね。

      最近では、俳優の杉遼太郎さんが免許の返納をしましたが、「クルマは走る凶器だから」が印象的でした。久々、凶器という言葉を聞きました。
      もちろんメーカーは凶器を作って、売っているわけではないわけですが、乗り手如何でそうもなるのがクルマです。

      必要は発明の母といいます。もしメーカーに、高齢者でも事故を起こさないクルマが出来るまで、クルマを売るなといえば、もっと必死になるかなと思ったりもします。そうなるとメーカー以前に、日本の死活問題ですから。

      努力して免許を取得した高齢者が、高齢に達したから、という理由で免許を返納するのは、クルマという商品がまだ未熟だから、というのが個人的意見です。

  • これには賛否両論ありますが、私の意見としては自動運転が無ければ安全に運転出来ないと自覚した場合や、もしくはご家族がそう考えられるならばやはり自主返納すべきと考えています。それはすぐに出来る安全対策と貢献になります。
    何故なら結局事故を起こすのは運転者であり、自動運転は事故の件数を減らすお手伝いに過ぎず、突発的な飛び出しに対応する事はこの先将来もなかなか実現不可能かと思います。
    そして自動運転の機能に頼りきって事故を起こせば、その時にその機能の不備のせいにする人が増加するだけだからです。
    現在でもレーダーブレーキ付きであってもメーカーは販売時に書面にて必ず止まるとは限らないと書かれた覚書を交わしています。
    メーカーとしてはより安全な自動運転の開発により力を注ぐべきですが、それ以前に運転者の自覚がすぐ出来る対処だと考えるからです。
    ご質問者様におきましては車屋さんへの質問なのでご期待に添える回答では無いとは思いますが、うわべだけの回答は生産性がないと考えて私個人の意見を述べさせていただきました。
    これだけ暴走する車や操作間違いがクローズアップされているからこそ、直ぐに出来る対応、それは本人の技量の自覚と決断しかありません。
    • 確かに、現実的な対処方法としては、その考え方が一番いいと思います。

      ただ、足の悪い高齢者こそ、都心に住んでいてもクルマが必要で、クルマを奪われてシルバーカーに乗れば、今度は交通弱者の側に回ることになります。

      池袋事故の運転者で言えば、一駅以上離れた場所への移動が、必要だからクルマを使ったみたいですが、一駅の距離をシルバーカーで移動するのは大変です。現時点ではやはり、クルマが便利で安全です。

      高齢者の安全と利便を考えると、メーカーにもっと頑張って高齢ドライバーをサポートして欲しいな、というのが本音ですね。高い商品なだけに。