修復歴車の見分け方

中古車を購入する上で、とても気になるのはやはり「修復歴車」です。
実際にお店に行った際には、必ず販売店に確認して下さい。
また、販売店に聞くだけでなく、自分の目でもしっかり確認する事をお勧めします。

塗装

塗装の切れ目(フェンダーとドアの切れ目等)の塗装の色パターンを見ます。
中古車の外装は、フェンダーやドア等のパーツに分かれています。
そのパーツの切れ目を見て、色が違って見えた場合は、どちらかを塗装した可能性大。
しっかり確認して下さい。

ボディライン

ボディライン(フェンダーやドアのラインの入っている部分)の角度の変わっていたら要注意です。
板金等の工程では、ボディーラインの修復は職人の腕しだい。
歪み等ある場合は、板金した可能性大。しっかり確認して下さい。

アンダーボディ

アンダーボディのリブ・アンダーコート(前後のタイヤの内側・ドアの下あたり)に、
小さな凹みや塗装の盛り上がりがあった場合は注意して下さい。
フレームの強制をした可能性大。
その場合は、事故の程度が大きい場合があり、走行に支障が出る事もあります。
しっかり確認して下さい。

ネジ

フェンダー・ボンネット・バックドアのネジは最も確認しやすい所です。
他のものと違い、ネジ頭の塗装が剥がれていたり、歪みがあった場合は、
その部分を交換や修復した可能性大。しっかり確認して下さい。

シーラー

シーラー(ボンネット内の壁面)のパターンは要注意。
左右を比べ塗装等に歪みがあったり、色が違う場合は修復された可能性大。
その他の機関部分にも影響が出ている場合がありますので、しっかり確認して下さい。

水没車の見分け方

水没車の見分け方は、意外に簡単。しっかりチェックして下さい。

臭い

室内もしくはエアコンを入れた際に、ドブ水臭い場合は要注意。

シート

シートを固定している金属部分を触って下さい。手に錆びが付く様では要注意です。

シートベルト

シートベルトを、イッパイまで出して見て下さい。もし、ベルトの色が変色している場合は、要注意です。

錆び

水没した中古車は思わぬ所が錆びているものです。エンジンルーム等、隅々まで見て下さい。

他にもまだこんなところをチェック

メーター交換

意外に見分け辛いメーター交換ですが、販売店にしっかり確認して下さい。
契約書に走行距離が記載されていない時は、要注意です。
保証書や記録簿などに交換歴や整備時の距離数が記載されているものはしっかりチェックして下さい。

シート

最も分かり易い所が、シートです。 シートが交換されている物は別として、実際に走った距離と同じだけ使われるのが運転席のシートです。
すれ具合をしっかりチェックして下さい。
中古車を購入する場合は、他にも前の持ち主の使用用途や、若い方か年配の方かなど、注意すべき点は沢山あります。
修復歴車であった場合でも、しっかりとした修理・整備等されていればお値打ち車両と言えますし、 修復歴がない車であっても整備等がまったくされていなければ、要注意車と言えます。
やはり重要なのは、とにかく納得するまで見て・聞いて・触って・乗って・確認して、気持ちの良いカーライフを始めて下さい。