一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル 一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

ローンが残っている車を売却する方法は?

作成日:2022/06/16

更新日:2022/06/29

自動車ローンを使って購入した車を売却しなければならないというケース。

  • ローンが残っていても車は売れる?
  • ローンがある場合に必要な手続きは?

まだローンが残っていると売ることはできないのではないかと思う人も多いですが、状況によって適切な対応方法を選べば売ることが可能なのです。

今回は車の買取店が行っている返済サービスに着目し、高く売る方法を探すことで残債を最小限にする方法を紹介します。

ローンが残っていても売却は基本的に可能

ローンの残高が残っていても車は売れますが、ローンが残っているときには所有者が誰かによって売却のために必要な手続きが異なります。

車は法律によって所有権の保持者が定められているので、売却の際には所有権を持っていなければなりません。使用者と所有者が異なり、自動車税などの税金は使用者が払うのが基本になっています。

そのため、所有者が誰になっているかを確認した上で売却手続きを始めることが必須です。

名義が自分または家族の場合

所有権があるケースでは車を売るときに特別な手続きは必要ありません。

買取店やディーラーなどで相談して売却手続きを進められます。自分に所有権があるかどうかは自動車検査証の所有者の欄を確認すれば判断可能です。

家族が名義人の場合には売却の際にその人の委任状や印鑑証明が必要になりますが、売却前に法的な手続きが無いので比較的簡単に売却することができます。

名義がローン会社または販売店やクレジット会社の場合

ローンを組んでいるときには大抵は名義人が自分になっていません。ローン会社や自動車販売店、クレジット会社などが所有権があって他人名義になっています。

このケースでは所有権を移すために名義変更を行わなければなりません。 名義変更をするためには

  • 自動車検査証
  • 新旧の所有者の印鑑証明と委任状
  • 納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 新所有者の車庫証明

が必要です。自分で役所に行って手続きをすることもできますが、車を売りたいと考えている買取店やディーラーなどに相談すれば通常は手続きを代行してくれます。

ポイントは“売却金額 VS ローン残高”どっちが高い?

ポイントは“売却金額 VS ローン残高”どっちが高い?

ローン残高があるときには売却金額とどちらが大きいかによって販売店側の対応が異なります。車の売却のときに使えるサービスにも違いがあるので気をつけなければなりません。

売却金額の方が高い場合

車の売却金でローンを返済

見積もりを取ってみてローン残債額よりも売却金額の方が高くなるとわかったときには比較的売却が簡単です。売却で手に入れたお金を使ってローンを完済することができるからです。

形式上は買取店やディーラーなどからお金を受け取ってローンを返済し、名義を自分に変更した上で車を引き渡すという形の取引になります。一連の手続きは買取店などが代行してくれるので手間もほとんどかかりません。

ローン残高の方が高い場合

ローンを完済できるほど車の売却金額が高くないというケースはよくあります。この場合には売ったお金だけでは残債すべてを返済できないので所有権を移すことはできず、売却することはできません。

残債のほうが高い場合の解決策として、下記の3つが挙げられます。

  • 残りのローンを現金で支払う。
  • カードローンなど別のローンを利用して残りのローンを充当する。
  • 車を買い換える際の新たな自動車ローンを利用して返済する。

お金の流れが複雑な部分もありますが、できるだけわかりやすくご紹介します。

まず、最も手続きが簡単なのは1つ目のローンが残ってしまう分を現金で支払い、ローンを完済して名義変更できるようにする方法です。ローンのほとんどを、売って手に入れたお金で返せる場合によく勧められます。

zannsai2.png

次に、ローンが返せない場合には2つ目のように別のローンを組むことが必要です。キャッシングやカードローンなどの目的を限定されないローンを利用してお金を調達し、不足分を充当すれば売却できます。金利面では自動車ローンに比べて不利になる場合が多いので注意しなければなりません。

zannsai3.png

最後に、買い替えの場合には3つ目の自動車ローンを返済に利用する返済法もあります。返済サービスとして車の買取店がよく行っているものであり、返済に必要になった金額を新しく買う車のローンに上乗せする形で対応してもらえるのが特徴です

zannsai4.png

少し複雑ですが、状況に合わせてどのように返済していくか、ローン会社を比較しながら選択することが重要です!

ローンを完済するためにより高く車を売る方法

ローンを完済するためにより高く車を売る方法

新たにローンを組むような状況になると返済が大変になってしまうことは否めません。残債が残っている車を売るときにはローンの完済を目指して高く売る方法を考えることも大切です。

新車への買い替えのときにはディーラーの下取りを利用するケースが多いですが、下取りが最も買取金額が高くなるとは限りません。

中古車市場は広く、買取競争が繰り広げられているので十分に比較してみるともっと高く買い取ってくれるところが見つかる可能性があります。

一般的な傾向として販路を豊富に持っている車の買取店はディーラーによる下取りよりも高い査定価格を出してくれるので、査定を受けて比較してみることが大切です。

▼買取業者とディーラーの違いについて、詳しくはコチラ
車買取業者とディーラー、車を売るならどっちがいいのですか?【徹底比較】

多くの買取業者の査定価格を比べるのに役に立つのが一括査定であり、高く売ることを目指す上では有用なサービスとしてよく利用されています。

車選びの一括査定LP

一括査定はウェブページ上で車の年式や車種、走行距離などを入力して送信するだけで複数の会社にまとめて査定依頼を出せるシステムです。自分の住んでいるエリアで利用できる買取店に絞り込み、業者を指定して依頼できるようになっています。

このサービスを利用すると入力したデータから簡易査定をまず行ってもらえますが、さらにその内容を確認して本格的に売るのを検討したいと考えたら出張査定を簡便に依頼することが可能です。複数の業者に来てもらって査定結果を説明してもらうと売りたいと思っている車の価値を正しく理解できます。

そして、説明を受けるときに返済サービスの内容についても確認し、残債がある車を売るのに向いている業者かどうかも比較して検討すればよりメリットの大きい形で売ることができるでしょう。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。残債がある車を売りたいときに押さえておきたいポイントは三つにまとめられます。

  • ローンがあっても売却は基本的に可能!所有者を確認しよう!
  • 売却金額がローン残高に満たないときには新たにローンを組む必要がある
  • ローンを残さないためには一括査定を利用して高く売るのを目指すのが重要

一つ目は車の所有者名義が誰になっているかに応じて事前に手続きが必要だということです。ローンを組んでいるときには通常は自分には所有者がなく、ローン会社やクレジット会社などが所有権を持っているので、売却するためには名義変更をしなければなりません。

二つ目は売却金額が残債額に満たないときには新たにローンを組まなければならない場合もあることです。

そして、三つ目はローンを残さないためには一括査定を利用して高く売るのを目指すのが重要だということであり、比較検討をすることでできるだけメリットの大きな買取店を見つけ出すように努力しましょう。

まずは愛車の値段を調べてみよう

愛車を少しでも高く売りたいとお考えの方は、一括査定サイトで愛車の価格を調べるのがおすすめです。

車選びドットコムの一括査定なら、愛車の情報を1回入力するだけで近くにある複数の買取店へ一括で相見積もりできます。 あとは査定額を比較して一番高く売れる店舗で売却するだけ!もちろん、査定額に満足できなければ売却する必要はありません。

愛車の本来の価値を知るためにも、まずは値段を調べてみましょう!

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう! JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

車売却消費者相談室(JPUC)
0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら「JPUC 車売却消費者相談室」へご連絡下さい。

※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。