一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

車庫証明は必要か?廃車する際の注意事項!

まず始めに車を購入する時には、必ず車庫証明が必要になります。そのため、車を売却する時にも同じように車庫証明書が必要になると考える人も少なくありません。また、車庫証明は引越しなどで住所が変更になった時にも手続きが必要となります。そこで

  • そもそも車庫証明って?
  • 車庫証明の手続きの方法は?
  • 車の売却に関する手続きの方法?

などを紹介していきます。

目次
そもそも車庫証明とは
車売却時に車庫証明は必要なのか
車庫証明の取り方・変更手続き
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

そもそも車庫証明とは

そもそも車庫証明とは

自動車を購入した際には、最初に自動車を保管する場所、すなわち車庫を登録しなければなりません。その登録に必要となるのが車庫証明と呼ばれているものです。この車庫証明は車を手に入れた際に、その車をちゃんと保管する場所、すなわち車庫があることの証明になります。また、車庫証明は所有している自動車が自分の車と証明するために必要な書類なので、中古車を購入した際にも必要となります。

車庫証明の注意点

自宅の敷地内に車を駐車できるスペースがある場合には、その場所を車庫として申請することが可能です。また、駐車場を借りている場合には、契約書などによりその場所を継続的に借りていることを証明できなくては車庫証明を取得できない点に注意が必要です。

ただし、自宅の敷地内に広いスペースがあったとしても、その場所に車が入ることが出来ないような場所や、障害物などが邪魔をしている場合には車庫として認められないので気を付けてください。ちなみに、自動車を購入する時以外にも引越しなどによって住所を変更した際などにも必要となるため、取得後は紛失しないよう注意してください。

車庫証明が不要な場合も

また、一部の地域によっては車庫証明が不要な場合があります。自治体によって軽車両に限りますが車庫証明なしでも車の所有ができるので、自動車の購入を検討する時にはまず始めに自治体のホームページなどで確認してみましょう。

車庫証明は車を売却する時には不要です。あくまでも車庫証明は車の購入の際に必要なものなので、売却後は不要となります。車庫証明の取得は一般的には車を購入した販売店で代行手数料を支払うことでできますが、個人でも申請書を用意し、手続きを行うことで取得することが可能です。ですが、手続きには各種の書類を用意し、警察署に実際に行かなくてはいけないため、手間がかかります。

車売却時に車庫証明は必要なのか

車売却時に車庫証明は必要なのか

自動車を売却する際には様々な書類が必要となるため、車庫証明書も必要になるのではと考える人も少なくありません。実は自動車を売却する際には車庫証明書は必要ありません。車庫証明は車を登録する際に必要な書類であり、車庫証明を持っている人は車を止める場所を保有しているという証明のためのものだからです。そのため、車を売却する際には使用することはなく、むしろ売却後は全く不必要となります。

車売却に必要な書類

その代わり、車売却のときにはいくつかの書類が必要となります。主な書類が自動車車検証や自動車賠責保険証明書、委任状、譲渡証明書や印鑑登録証明書などです。

自動車車検証

車検証はその車の所有権を証明する大事な書類です。車を売却する際には名義の変更が必要となるため必ず用意していください。一般的に車検証入れ内に保管されているはずなので、売却前に確認しておきましょう。

自動車賠責保険証明

自動車賠責保険証明書も、自賠責保険の契約者やその有効期間などを証明するものなので売却時には必ず用意しなくてはいけない書類の一つです。

譲渡証明書と印鑑登録証明書

譲渡証明書と印鑑登録証明書も必ず用意しなくてはいけません。譲渡証明書は車の所有権を車買取店に移すために必要になります。印鑑登録証明書は、譲渡証明書に捺された実印が自分の物だという証明に必要です。

委任状

委任状は、所有権の移転のための手続きを、買取店に委任するために必要な書類となります。委任状も壌土証明書も車買取店の担当者から入手することができるので覚えておきましょう。

ただし、印鑑登録証明書に関しては市区町村へ赴き、自分で取得する必要があります。このように、車を売却するためには数多くの書類が必要となりますが、車庫証明に関してはあくまでも車を購入する際に必要であり、売却時には必要ないということを覚えておきましょう。

車庫証明の取り方・変更手続き

車庫証明の取り方・変更手続き

車庫証明は、主に自動車販売店や代行業者などに依頼することで取得することが出来ます。販売店に依頼する場合には、代行手数料は一万円以上かかりますが、実は車庫証明は個人でも取得することが可能です。申請には必要書類と費用を用意し、警察署へ届け出る必要があります。以下に手順を紹介します。

車庫証明の申請手順

まずは、車庫となる場所の確保をします。車庫として申請できる場所には様々な条件があるので必ず条件に合うか確認してください。

車庫の確保が出来たら警察署やホームページから必要な書類を入手してください。加えて駐車場が自分の土地なら保管場所使用権原疎明書面、駐車場が他人の土地の場合には保管場所使用承諾証明書を各自用意します。

申請書は実際に車を運転する人が記入します。記入する箇所が多くあるので、記入し終わった後は記入漏れが無いかどうか確認すると良いでしょう。

記入が終わったら自動車の保管場所の位置を管轄する警察署に申請しに行きます。

窓口で申請書を提出すると、後日係員が駐車スペースの確認を行います。書類に不備がなく、駐車スペースも問題が無ければ車庫証明が発行されます。

手続きは大変ですが、申請手数料は約2,000円から2,100円、標章交付手数料が500円と販売店で行うよりも安く抑えることができます。

住所が変更になった場合

また、車庫証明は住所が変更になった際も変更手続きを行います。必要となる書類は自動車保管場所証明申請書や車を保管している場所の所在図です。

更に自分の土地に駐車しているのであれば保管場所使用権原疎明書面、駐車場を借りている場合は駐車場の賃貸契約書のコピーと保管場所使用承諾証明書を用意します。住民票や印鑑も忘れないようにしてください。

手続きは保管場所の位置を管轄する警察署にて、住所変更で車庫が変わった日から15日以内に行わなければいけません。引越しでばたばたしていると意外と見落としてしまうことも多いので、早めの手続きを心がけておきましょう。

まとめ

  • 車庫証明は車の購入時に必要な書類
  • 車を売却する場合には必要ない
  • 引っ越した場合も変更手続きをお忘れなく!

車庫証明は車を購入した際に、車庫の登録に必要な書類です。そのため、車の売却時には使用しませんが、他に必要な書類が沢山あるので忘れないよう用意しましょう。

また、車庫証明は主に自動車販売店で代行手数料を支払うことで入手できますが、個人でも必要書類を揃えれば取得することが可能です。引越しした際も住所変更手続きをしなくてはいけないので忘れないようにしましょう。