一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

リコール対象車の売却の仕方は?そもそも売却していいの?

リコール対象になったことのある車を持っている場合、それを売却することはできるのでしょうか。

あるいは、売却できたとしても査定価格が低くなってしまうのかも気になるところです。

この記事では、リコール制度というのはどういうものなのか、リコール対象になったら査定価格が下がるかどうか、修理の重要性などについて言及しています。ぜひ参考にしてみてください。

目次
リコール制度を知ろう
リコール対象車は査定価格が下がるのか?
リコール対象になったら修理して査定に出そう
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

リコール制度を知ろう

リコール制度を知ろう

自動車にはリコール制度というものがあります。

これは何かというと、自動車メーカーが車の設計や構造上そのままにしておくと安全に走ることができないと判断して国土交通省にその旨を通知して車の回収もしくは修理をするというものです。

もちろん、自動車メーカーは開発、設計、検査に多大な時間をかけていますが、それをしたとしても問題が出てくることがあるのです。

そうはいってもリコール対象の車だと判断されてもただちにすべてのリコール対象車に故障や不具合が発生するわけではありません。大手の自動車メーカーの自動車であれば何十万台も走っていますが、ほんのごく一部にのみ発生することがあるというだけです。

ほとんどの場合はそのまま走り続けても何の問題も出ることはありません。しかしながら、リコールの中にはエンジンが止まったり、タイヤが外れるといった大きな事故に発展しかねない内容のものもあります。

万が一ということも考えてリコールの対象車になったら修理に出すのが賢明です。

修理はディーラーがやるのが一般的になっています。ディーラーに連絡してみましょう。基本的に無償で修理してくれます。

自分の自動車がリコール対象車なのかわからないという人は国土交通省のホームページを参照すれば確認することが可能です。普通はリコール対象になれば販売店から連絡がありますが、中古車の場合はその限りではありません。

ちなみに、リコールの件数は年間で毎年200件前後届出が出ています。どのようなメーカーの自動車であっても、どのような車種であっても、輸入車ではなく国産車であっても、リコールになる可能性はあります。

リコール対象車は査定価格が下がるのか?

リコール対象車は査定価格が下がるのか?

リコール対象になったら車売却できるのか不安に感じられる人もいるでしょうが、結論から言えば、リコール対象車であっても売却することは可能です。何も問題ありません。

そもそもリコール制度があるのは不具合を修理するためです。車に欠陥があることを指摘するためではありません。

毎年数百件ものリコールの届出が出ていますし、その対象になる車の台数はときに1000万台にものぼることもあります。もしリコール対象車になったら売却できないことになると、中古車市場は壊滅してしまうでしょう。

また、1つの車種で何回もリコールが起こることは珍しいことではありません。ある有名な自動車メーカーのある車種はリコール回数が6回も起こっています。

リコールが1回起こったら二度と発生しないというわけではないのです。こんなことで車売却ができなくなったら中古車市場が成り立たないです。

売却はできても査定価格はダウンするのでは…?

それから、リコール対象車になったとしても査定価格が下がることもありません。

たしかに、一般的には修理をしたことのある車と修理をしたことのない車だと、後者の方が査定評価は高くなる傾向があります。修理をしたということは問題が以前あったということに他ならないからです。

しかしながら、中古車の査定価格においては、リコールによる修理の場合は査定に影響しないという原則があります。販売店がきちんとリコール対策をしていればその車の機能には何の影響もないからです。

そして、中古車の買取業者は自動車に関するある種のプロですから、リコール情報を完全に把握しています。

つまり、どのような不具合が発生しているのか、それに対する修理はどのようなものなのかなどを知っています。きちんと修理している限りは査定価格に影響を与えません。

また、自動車の設計や構造の観点からリコールを100%避けるということは非常に難しい問題です。そのため、リコール対象だからといって査定価格をいちいち下げていたら、中古車を販売しようという人がいなくなって商売が成立しません。

リコール対象になったら修理して査定に出そう

リコール対象になったら修理して査定に出そう

リコール対象車になっても販売することもできますし、査定価格にも影響は出ませんが、それはあくまでも修理をきちんと受けた車の場合です。

リコール対象になったにもかかわらず修理をしていない車は査定価格が大きく下がる可能性があります。

実はリコールは制度化されてはいますが、車の修理をしなかったからといって車の所持者が罰を受けることはありません。

たとえその車で事故を発生させたとしても罰則規定が設けられていないので、修理を怠ったことに対する罰はないのです。あくまでも運転者のモラルの問題として捉えられているというわけです。

そのため、リコール対象になってもすぐには修理に出さずにそのまま運転し続ける人が多いです。

しかしながら、リコール内容がエンジンルームなどの燃料漏れだったり、エアバッグが膨らまなかったり、シートベルトに問題があるなどの重大なものだったら運転者の生命に危険を及ぼして大きな事故に発展する可能性があります。

こうしたことから、中古車買取業者は修理をしていないリコール対象車に対しては査定価格を低く出す傾向があります。

中古車として売ろうと思っている人は、所有する車がリコール対象だとわかったら、ただちに修理に出しましょう。修理費用は無償ですし、中古車であっても改造車であっても、修理してもらうことができるようになっています。

まとめ

  • リコール対象になることは決して珍しいことではない
  • リコール対象車でも車売却ができなくなったり、査定価格に影響が出るということはない
  • リコールの対象なのに修理に出していない車は安全性の観点から査定価格が下がる場合がある

所有している自動車がリコール対象になることは決して珍しいことではありません。

自動車は非常に複雑な設計をしていますので、どうしてもリコールというものが起こってしまいます。実際に毎年リコールの届出が数百件程度あります。

しかしながら、リコール対象車になったからといって車売却ができなくなったり、査定価格に影響が出るということはありません。きちんと販売店に連絡して修理してもらえば、リコール内容にある不具合が生じることはないからです。

ただし、リコールの対象になっているにもかかわらず、修理に出していない車は安全性の観点から査定価格が下がる場合があります。くれぐれも注意する必要があります。