一括査定、査定、売却、下取りを網羅的に解説!車選びドットコムの車買取マニュアル 一括査定、査定、売却、下取りを網羅的に解説!車選びドットコムの車買取マニュアル

車を売るベストなタイミングは?査定額アップのポイントや注意点まで解説!

車を売るときの買取価格は、タイミングによって大きく金額が左右される場合があります。

同じ車を同じ買取店に売ったとしてもタイミングが違うだけで、買取額が2~3割アップしたという例もあるほどです。

この記事では、車を売るべきタイミングとそうでないタイミングを理解するためのポイントをわかりやすく解説します。

愛車を売りたいと検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

車を売るのに高値がつきやすいタイミング

時期・タイミング

車を売るのに高値がつきやすいタイミングは以下のタイミングです。

  • 1月~2月
  • 7月〜8月

これらの時期は需要が高まりやすいことに加え、企業の決算期とも重なりやすいため、高値で売却しやすいといわれています。 次で具体的な理由について解説します。

1月~2月:最も高く売れやすい

1月~2月は、以下の理由から1年で最も高く売れやすい時期といわれています。

  • 新生活のスタートで需要が高まりやすい
  • 3月が決算月のため

車の購入需要が特に増えるのが3月です。 3月は4月の新生活に向けての準備や、4月に心機一転したい人の需要が高まります。

できるだけ多く中古車を買い取って3月に備えたい買取店が増えるため、買取価格の増額が期待できます。

車の買取店の多くは3月決算であることも、理由の1つです。 決算期である3月に売上をあげるために、1月〜2月に買取を増やし、売上アップのための施策を展開します。

以上の理由から1月〜2月は車買取店の買取需要が1番高まる季節です。

7月~8月:新春に次ぐ売り時といわれる

7月〜8月は、以下の理由から新春に次ぐ売り時といわれています。

  • 夏のボーナス後で需要が高まるため
  • 9月を半期決算としている買取店があるため
  • 転勤や転職が増える時期のため

7月は会社員の方が夏のボーナスを受け取る時期です。 夏のボーナス時期に車の買い換えを希望する方が多いため、中古自動車の市場も活性化します。

買取店の多くが9月を半期決算としていることも要因の1つです。 7月〜8月は半期決算に向けて、多くの買取店で中古車買取を強化する傾向にあります。

9月に転職や転勤する方が増えることも売り時である理由です。 転職や転勤で車を必要とする方の需要が9月に高まるため、その準備として7月〜8月に買取を強化します。

車を売るのをできるだけ避けたいタイミング

車検

車の売却を避けたい時期もあります。 売るタイミングを間違えてしまうと、余分な税金が発生する、需要が少なく売値が下がってしまうなどの悪影響があるためです。

次で、車を売るのを避けるべき時期とその理由について解説します。

4月:納税の負担が余分にかかる

4月1日以降に車を売却すると、その年1年分の自動車税の納税義務が発生してしまいます。 自動車税の納税義務は、4月1日時点での車の所有者に対して発生してしまうためです。

軽自動車以外でかつ売却後に廃車にする予定の車であれば、還付金として変換されます。 しかし、この条件に該当しない場合は還付されません。

そのため、自動車税の納税額分損をしてしまいます。

車買取店で査定額に含めてくれる場合もありますが、損をする可能性が高く手続きの手間もあるため、車の売却は遅くとも3月までには完了させましょう。

12月:消費者の出費がかさみ中古車が売れにくい

12月は中古車購入の需要が少なくなる時期のため、車の売却をおすすめできないタイミングです。 12月は年末に向けて、忘年会・クリスマス・、お正月など、出費が重なる出来事が多くなります。

そのため、大きな出費となる中古車購入が期待しにくく、買取額にも影響してしまいます。 一概にはいえませんが、2割〜4割ほど査定額が下がるため、売り時とはいえません。

1〜2月になれば、買取需要が高まるため、売却を待った方が高額で売却できます。

季節だけじゃない‼?車を高く売るためのタイミングの基本

ダウン

車の査定額は時期にも影響されるのは確かです。 しかし、査定額は時期だけではなく、車の状態や市場の動向による影響も受けます。

ここでは、車を高く売るためにはどのようなタイミングがあるのかを、解説します。

車の新しさ

車が古くなるほど、査定時にマイナスの影響を与えます。 具体的な要素としては、走行距離と年式の2つの要素です。

それぞれの要素と査定額に与える影響について、次で解説します。

年式と買取価格

年式が一定以上の車は査定額が下がる傾向にあります。

年式とは車が製造された年、または国内ではじめて登録された年です。 具体的な目安としては、3年・5年・7年・10年を目処に査定額が下がりやすくなります。

例えば、プリウスの「車選びドットコム」での買取相場(2023年8月28日時点)での年式と買取価格の相場の関係は以下の通りです。

年式 査定相場・買取金額
2022年(令和4年) 36万円~249万円
2021年(令和3年) 6万円~244万円
2020年(令和2年) 103万円~248万円
2019年(令和1年) 83万円~249万円
2018年(平成30年) 8万円~240万円
2017年(平成29年) 5万円~245万円
2016年(平成28年) 5万円~241万円
2015年(平成27年) 5万円~230万円
2014年(平成26年) 11万円~185万円
2013年(平成25年) 6万円~165万円

年式と買取金額の相場は比例関係にあります。 2015年度の査定額の上限は230万円でしたが、2014年度の査定額の上限は185万円ほどです。

10年を経過すると査定額が急降下します。 特に、13年を経過した自動車は自動車重量税の額が増額されるため、負担増につながり、売却すること自体が困難になるほど市場での人気がなくなります。

10年以上を経過した車を売りたいとお考えの方は、故障が増えやすく車検代も高額になるため、車を売却し、買い替えを検討すべきでしょう。

走行距離と買取価格

走行距離が長い車ほど、買取価格が下がる傾向にあります。 具体的には走行距離が5万km・10万kmを超えると、査定額に大きな影響を与えます。

例えば、プリウスの「車選びドットコム」での買取相場(2023年8月28日時点)での走行距離と買取価格の相場の関係は以下の通りです。

走行距離別 査定相場・買取金額
1万km 5万円~249万円
2万km 5万円~245万円
3万km 5万円~247万円
4万km 5万円~235万円
5万km 5万円~239万円
6万km 5万円~230万円
7万km 5万円~198万円
8万km 5万円~201万円
9万km 5万円~207万円
10万km 5万円~201万円

走行距離に関しては、3万kmまでは査定額にほぼ影響はありません。 むしろ、走行距離の少ない車としてプラス査定の要因となります。

一方で、6万kmを境に30万円ほど査定額の上限が下がっていることが分かります。

特に10万kmを超えた車は、中古車としてではなく廃車での買取になる可能性も少なくありません。

年式と走行距離のバランスにも注意が必要

一般的に走行距離が短く、年式が新しいほど査定額が高くなりますが、年式が古いにも関わらず、走行距離が少ない場合、マイナスの査定がつく可能性があります。 長期間乗っていない車はエンジンやハンドルに問題がある不動車と見なされることがあるためです。

不動車の場合、中古車としての販売が難しく、廃車を前提とした買取になることも少なくありません。

諸経費との兼ね合い

車の売却は車検や自動車税の支払いなどが発生する前に売却しましょう。車検や税金の支払いによって査定額は上がる可能性がありますが、差し引きで損をすることも多々あるためです。

具体的な諸経費や支払いのタイミングについて解説します。

車検

車検後の方が査定額は上がる可能性もありますが、あまり変わらないことも少なくありません。 そのため、車検にかかる費用と比較すると損をする可能性が高いといえます。

車検費用は法定費用と、車検基本料に分かれます。 法定費用とは、車検の手続きに必要な自賠責保険料・自動車重量税・、印紙代があり、どの業者に依頼しても金額は変わりません。

車検基本料とは、車検に通るために必要な整備をするための費用です。整備内容や金額は車検業者によって変わります。

車の状態にもより一概にはいえませんが、車検費用と法定費用あわせて4万円〜10万円ほどかかります。 輸入車の場合は、車の重量が重く、部品代が高額になる傾向があるため、国産車と比較すると高額になりがちです。

また、車検を依頼する手間もかかるため、手間暇の観点でもおすすめできません。

車検の1か月~2か月前に販売するのが理想的でしょう。

自動車税

自動車税はその年の4月1日時点で、車の所有者に対してかかる税金です。

自動車税の金額は軽自動車か普通車か、排気量によって税額が変わります。 軽自動車の場合で新車登録年月が2015年3月31日以前であれば7,200円、2015年4月1日以降であれば1万800円です。

自動車税と同時に納める税金に、自動車重量税があります。 自動車重量税は車の重量に対してかかる税金で、軽自動車であれば5,000円〜8,800円、普通車(1トン未満)の場合で1万円~2万5,200円の税金がかかります。

部品の買い替え

部品の買い替えにも費用がかかります。 車の部品は年月の経過によって経年劣化が避けられず、定期的な部品の交換が必要です。 大きな問題がないものであれば車検にあわせて交換することもあります。

経年劣化が多いのはタイヤをはじめとするゴム系の部品、バンパーなど樹脂系の部品、カーオーディオなどの電装部分も劣化するものです。

これらの部品の交換によって査定額に影響はありますが、部品代や交換費用を含めると損失になる可能性が高いでしょう。

車種の人気

モデルチェンジや市場の動向など、車の人気の変化も査定額に影響を与えます。 どのようなタイミングで影響を与えるのか、次で解説します。

モデルチェンジ前

車のモデルチェンジが発表されると、モデルチェンジ前のモデルの査定額が下がります。

モデルチェンジは一部の変化があるマイナーチェンジと、車全体が変わるフルモデルチェンジの2種類です。 車種や人気にもよりますが、数年に一度のペースで発生します。

特にフルモデルチェンジの発表後は、旧モデルの価格が崩れる可能性があるため、注意が必要です。

新モデルの発表前に根拠のないうわさから、公式の発表まで多くの情報が出回るため、売却前に確認しておくと売り時に気づきやすくなります。

市場での人気

市場での人気が高い車は、査定額も高くなります。 例えば、ここ数年での流通台数や売上実績などを調べておくことがおすすめです。

車の人気はいきなり上がり下がりするものではありません。 しかし、数年単位で見ると一定の変化はあります。

そのため、今人気があるといわれているモデルであれば、人気が落ちる前の売却を検討しましょう。

また、色も人気に影響する要素です。

人気が出るカラーの傾向としては白、黒のような無難な色が挙げられます。 反対に赤や青など原色系の色は上記の色と比較すると査定額が下がる傾向にあります。

車の状態

車の状態を判断する要素としては、事故の有無や純正品があるか、掃除できているかなどが挙げられます。具体的に査定に影響する要素について次で解説します。

無事故であること

事故の有無は査定に大きく影響する要素です。 特に事故車は査定額が下がります。

事故車とは、車の骨格であるフレームなどの部品が損傷し、交換や修理をした経歴がある車のことです。 交通事故の有無は関係しません。 小さな傷や損傷レベルであれば、事故車とは見なされませんが、査定額には影響することがあります。

修理履歴がある場合は隠さず伝えることが大切です。 整備記録などが残っていれば、査定時に渡しておくと間違いありません。 どのようなメンテナンスがされたのか判断する要素となり、信頼性が高まります。

ただし、事故があった場合は、隠さずに伝えることが大切です。 曖昧なことであれば無理に伝える必要はありませんが、隠してしまっても査定時にバレる可能性が高く、査定額が下がる可能性もあります。

起きてしまったものはどうにもできませんが、今後は事故を起こさないよう丁寧に扱うことで、査定額を上げることにもつながります。

純正の付属品がそろっていること

純正部品が残っている場合は、査定額が上がります。 純正部品は後から取り付けることが難しいためです。 取扱説明書や箱が残っている場合は、その趣旨も伝えましょう。

特に衝突軽減ブレーキやレーダーのような安全装備やレザーシートは後付けできないため、査定額に大きく影響します。

オーディオ機器やナビも純正品の方が評価されるオプションです。 純正品でないものの場合、査定額に影響がある可能性もありますが、全く影響しない可能性もあります。

清掃が行き届いていること

車の清掃が行き届いていると、査定額にも影響します。 査定額に大きくは影響しませんが、ゴミが多いなどの場合、査定士の心証が悪くなり、査定が厳しくなることもあるためです。

清掃した方がよい部分としては以下のものが挙げられます。

  • ゴミが散らかっていないか
  • 外装はきれいか
  • タバコやペットの匂いはしないか
  • 足元が汚れていないか

ワックスがけやちょっとした傷など、修理や掃除費用がかかりすぎるものについては無理に手をいれる必要はありません。 かけた費用に見合うほど査定額が上がるわけではないためです。

費用をかけず、自分で手が届く範囲でよいため、掃除をしておくことをおすすめします。

買取店の方針や状況

買取店の特徴

買取店はそれぞれに得意とする領域やブランドに違いがあります。 例えば、「外国車に強い」「軽自動車専門」などのように、店舗ごとに強みがあります。

買取店が強化している条件に該当する場合は高値で売りやすいため、条件に当てはまる場合は積極的に査定を依頼してみましょう。

買取キャンペーン

時期によって買取店が買取強化のキャンペーンを実施することもあります。 キャンペーンの内容は、QUOカードや商品券、食べ物やノベルティの配布、現金でのキャッシュバックや査定額アップなど買取店によってさまざまです。

キャンペーンを利用する際には、「〇〇日までに売却」「友人紹介が必要」など、条件が設けられている可能性もあります。 条件を満たせる場合には、積極的に利用することで査定額アップを目指せます。

ただし、キャンペーンがあっても査定額が低いと元も子もないため、キャンペーン以外の要素も踏まえて比較することが大切です。

車を売るタイミングを逃さないためのポイント

車を高値で売りやすいタイミングを考えすぎると、タイミングを逃してしまうことがあります。 タイミングによって売値が上がることもありますが、時間が経過するほど査定額は下がる傾向にあるためです。

ここでは車を売るタイミングを逃さないためのポイントについて解説します。

買取価格の相場を把握しておく

車の買取価格の相場をある程度把握することも大切です。

走行距離や年式、車の状態の影響も受けるため、正確な相場の把握は難しいものの、大まかな相場はネットで調べられます。 また、査定時にも複数の店舗に査定を依頼しておけば、適切な相場を把握できるでしょう。

日ごろから安全運転と適切な保管を強く意識する

日頃から安全運転や適切な保管を意識することが大切です。 具体的には以下のことを意識しましょう。

  • 安全運転を心がける
  • タイヤ・エンジンオイル・バッテリーなど適切なメンテナンスを行う
  • タバコ・ペットの匂い対策をしておく
  • 定期的に洗車や掃除をする

以上のことを心がけ、大切に乗っておくことで、よい状態を維持すれば、査定額にも影響します。

車関連のニュースや買取店の情報に目を通す

中古車の買取価格は市場の動向や、販売店の仕入れ状況、営業方針の影響を受けます。 人気の車種やモデルであれば、高値で売れる可能性が高まるため、人気が落ちる前の売却がおすすめです。

車に関するニュース、SNSの口コミ、公式ホームページなど、日頃から注目しておきましょう。

一括査定を利用する

車の査定価格を上げたいのであれば、一括査定がおすすめです。 車の査定額は買取店ごとに大きく変わります。

買取店によっては相場よりも安く買取しようとする可能性も0ではありません。 一括査定を利用することで、適切な相場を判断しやすくなり、査定額が高い買取店を選びやすくなります。

それぞれの会社に個別で依頼するのは調整の手間がかかります。 しかし、一括査定サービスであれば、無料で利用でき、手間をかけずにまとめて依頼可能です。

個人情報の入力も1回で済ませられ、電話でのやりとりも必要ありません。 査定の日時を1回にまとめれば、査定にかかる時間も最小限に抑えられます。

「車選びドットコム」では、最大10社の車買取業者を一括で比較可能です。 利用実績450万人の実績があり、サポートも充実しているため、トラブルの心配なくご利用いただけます。

車を高く売るタイミングを考えるときの注意点

車を高く売るためには、不適切なアプローチや売る場所、タイミングを間違えないことが大切です。車を高く売るタイミングを意識しすぎると、高値で売れるチャンスを逃すこともあります。

ここでは、車を売るタイミングを考えるときの注意点について解説します。

タイミングを測りすぎると売り時期を逃す

車を売るタイミングを意識しすぎることで売り時期を逃すこともあります。 ここまでご紹介してきたタイミングは一般的な傾向で目安にすぎません。

期待していたほど価格が上がらない可能性や、コロナウイルスのように突発的な要因で価格が大幅に崩れるリスクもあります。

車の売却はタイミングによって査定額の増減がありますが、時間が経過するほど、走行距離や年式が上がり、車検や部品交換など余計な経費もかかります。

売り時を意識しすぎることで、売り時を逃す可能性もあるため、意識しすぎないことも大切です。

販売店への過度な要求はNG

販売店に高額査定されるよう、過度に要求するのは好ましくありません。

「少しでも高く売りたい」というのは誰もが持っている感情ですが、あまりに強気で価格交渉してしまうと、査定士の心証が悪くなります。

価格交渉が激しいと思われることで、低めの価格を意図的に見送らせる可能性も考えられます。

査定士とは無理のない範囲で信頼関係を構築しておくことで、限界ギリギリの価格交渉もしやすくなるでしょう。

「いつ」売るかだけでなく「どこ」で売るかも重要

高額査定を目指すのであれば、いつ売るかだけではなく、どこで売るかが重要です。

買取時期によって相場に影響はありますが、同じタイミングでも買取店によって査定額が大きく変わることがあります。 買取店によって査定の質、販売ルートの豊富さ、得意分野に違いがあり、評価のポイントも変わるためです。

一括査定サービスを利用すれば、簡単に複数社の査定を取れるため、積極的に利用しましょう。

「高く買い取ります」のチラシは盗難の前兆

車を駐車場に停めているとフロントガラスやワイパーに「車を高く買い取ります」とチラシが挟まれることがあります。 そのようなチラシは盗難の前兆である可能性があり注意が必要です。

このような張り紙は窃盗団が放置車両かどうかの確認や、窃盗団の目標に使っています。 チラシをそのままの状態で放置していると「放置車両だ」と見なされ、盗難のターゲットにされかねません。

チラシに電話番号やホームページが記載されている場合でも、実際に電話や連絡をしてもつながらないというケースもあります。

チラシが間違いなく窃盗に使われているとは限りませんが、窃盗のターゲットにされているリスクを考え、チラシをすぐに捨て、駐車場所を変えるなどの盗難対策をしておきましょう。

まとめ

本記事では車を売るベストなタイミングについて、最適な時期と避けるべき時期、査定額を上げるポイントや売却時の注意点について解説しました。

車を売るタイミングのベストな時期としては1月〜2月・7月〜8月です。 ただし、車の人気や年式、走行距離などの状態によって価格が変動することもあります。

年月が経過するほど、査定額は下がる傾向にあるため、タイミングを意識はしつつ早めに売却することを心がけましょう。

また、車を高く売るためには、買取業者選びも大切です。 どの買取業者を選ぶべきか分からずお困りであれば「車選びドットコム」の一括査定をご利用ください。 車の年式や走行距離などを入力するだけで、複数者からの見積もりを簡単に取れるため、適切な価格での売却が可能です。

気になる方は以下から、一括査定を利用してみてはいかがでしょうか。

一括査定サイトで愛車の価格を調べる

車売却のベストな時期とタイミングに関するよくある質問

車売却のベストな時期は?

オススメの時期は1月~3月です。理由としては、この時期は車を買う人が多い季節だからです。

他にも1月~2月に高く売れる要因として、自動車税が関係してきます。自動車税は基本的には4月以降にかかる分をまとめて払うという形になっています。

車売却のタイミングはどう決めるといい?

高く売るには以下のポイントに注意しましょう。

  • ・車検の期間:短いほど安くなります
  • ・車のモデルチェンジ:買い替えのために古いモデルを売却しようという人が増えるため、価格が下がります
  • ・走行距離:5万km、10万kmが基準値になります

まずは愛車の値段を調べてみよう

愛車を少しでも高く売りたいとお考えの方は、一括査定サイトで愛車の価格を調べるのがおすすめです。

車選びドットコムの一括査定なら、愛車の情報を1回入力するだけで近くにある複数の買取店へ一括で相見積もりできます。 あとは査定額を比較して一番高く売れる店舗で売却するだけ!もちろん、査定額に満足できなければ売却する必要はありません。

愛車の本来の価値を知るためにも、まずは値段を調べてみましょう!

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう! JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

車売却消費者相談室(JPUC)
0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら「JPUC 車売却消費者相談室」へご連絡下さい。

※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。