一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

免許返納による特典にはどんなものがあるの?

免許返納をする人が増加する中、自治体や行政の後押しもあり、バスやタクシーの割引などの様々な特典が受けられるようになってきました。この記事では免許返納によるメリットやその方法についてご紹介していきます。

  • 大体何歳くらいで返納する人が多いの?
  • 免許返納ってどうやってするの?
  • 免許を返納後の交通手段や身分証明は?
目次
免許返納とは?特典がもらえるってほんと?
免許返納のやり方と運転経歴証明書を交付してもらう方法
免許返納の特典例
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

免許返納とは?特典がもらえるってほんと?

免許返納とは?特典がもらえるってほんと?

免許返納とは、免許が不要になった人が有効期限の残っている免許を自主的に返納することです。免許の返納を行った後に「運転経歴証明書」を交付してもらうことで、協賛している自治体や企業で様々な特典を受けることが可能になります。この運転経歴証明書は公的な本人確認書類としてなんと更新不要で使用することができます。

多くの地域で、公共交通機関やタクシー料金の割引や利用券の交付やスーパーやデパートでの買い物時に配送料割引の特典が受けられ、銀行の預金金利が高くなったり飲食代の割引などの特典を受けることができる地域もあります。

  • 公共交通機関やタクシー料金の割引や利用券の交付
  • スーパーやデパートでの買い物時に配送料割引
  • 銀行の預金金利が高くなる
  • 飲食代の割引

免許返納のやり方と運転経歴証明書を交付してもらう方法

免許を返納する方法は?

運転経歴証明書を交付してもらうには、まず免許を返納してから交付の申し込みをする必要があります。以下のものを用意して、近くにある警察署や運転免許センターに行きましょう。

  • ■ 返納予定の免許証
  • ■ 印鑑
  • ■ 発行手数料1100円
  • ■ (警察署によっては)証明写真

警察署や免許センターに着いたら、運転免許取り消し申請書を書いて印鑑を押し、免許証と一緒に提出しましょう。これだけで免許の返納は完了です。その後、運転経歴証明書交付申請書に記入をして提出すると、写真撮影を行って手数料を支払えば無事運転経歴証明書を交付してもらえます。

この運転経歴証明書ですがもちろん車の運転はできないので、もし警察署や免許センターに車で1人で来てしまうと、乗って帰ることができなくなってしまいます。免許を返納する際には必ず付き添いの方と一緒に行くか、公共交通機関やタクシーで行くようにしましょう。

免許返納の特典例

免許返納の特典例

免許返納の特典には様々なものがありますが、一部の地域や協賛企業の特典例を見てみましょう。

【東京都】

  • ・三越伊勢丹:自宅への配送無料
  • ・一般社団法人東京都個人タクシー協会:料金10%割引
  • ・巣鴨信用金庫:スーパー定期預金の金利優遇:店頭金利+0.05パーセント

【愛知県】

  • ・めがねの愛眼:眼鏡商品を10%割引、補聴器を5%割引
  • ・スギ薬局:商品1品5%割引
  • ・各地域タクシー会社:運賃1割引

【京都府】

  • ・京都市:500円相当のギフトカードを提供
  • ・精華町:精華町コミュニティバス回数券(11回綴り)を2冊交付
  • ・南丹市:バス・タクシー共通利用券を1万円分交付

まとめ

免許返納による特典は、返納の際に交付してもらうことができる運転経歴証明書が必要な場合が多いことが分かりました。この特典は地域によって様々ですが、車の代わりになる交通系の特典が多いのが特徴です。特典を活用し不要になった車を正しく処分することで、免許を返納する前よりも経済的にも得をすることができるかもしれません。

  • 運転経歴証明書は免許を返納すると交付してもらうことができる
  • 運転経歴証明書を提示することで、地域によって様々な特典を享受することができる
  • 運転経歴証明書を有効に活用することで、免許を返納する前よりも経済的に多くのメリットがあるかもしれない

自治体によって異なりますが、多くの市町村で交通系の特典や、配送サービスなどの車を使わなくてもよくなるようなサービスがあります。今まで買い物や病院に自家用車で行っていた方も、この特典を利用して公共交通機関やタクシーを使えば、考えていたよりも安く済むかもしれません。もしかすると自動車に税金や保険料・駐車場代が掛かっていた分、返納した方が経済的に、ということもあるでしょう。

免許を返納する際には、お車が不要になってしまうため、お子さんや親戚に譲るか、いっそのこと売却をしてしまう必要があります。それぞれの手続きについて以下のページにまとまっていますので、事前に必要な手続きの流れを確認しておくと安心ですね。

名義が違う場合の車の売却方法と必要な書類まとめ

車売却マニュアル徹底解説