一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル 一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

【初めてでも安心!】車を売却するときの流れは?

作成日:2022/06/16

更新日:2022/06/29

愛車が高く売れると評判の車買取専門店。車を手放す際にはディーラーの下取り価格と是非とも比べてみたいサービスです。しかし、これまで車買取専門店を利用したことがない人だと、取引完了までにどれだけ時間がかかるのか分からないといった人も多いことでしょう。

そこで今回は、

  • 実際の車売却はどれくらいの日数がかかるの?
  • どんな手順が必要?

といった疑問への回答を、具体的な手順も交えつつ詳しく紹介します。

車を売却するまでの流れ

車を売却するまでの流れ

車買取専門店を利用した愛車売却は「お店選び」「契約書類と車の準備」「査定」「車の引き渡し・入金確認」といった流れで進みます。

Step1「お店選び」

車売却の第1ステップは「お店選び」からです。

まず車を売るには、主に「下取り」と「買取」の2つがあります。この違いは簡単に言うと、「下取り」はディーラーで車を買い換える際に新しい車の価格を値引きするという形で不要な車を引き取ります。対して「買取」は不要な車を金銭と交換して引き取ります。つまり、車を買い換えるときには「下取り」、車を売るだけのときは「買取」という認識で大丈夫です。

買取と下取りの違い

▼下取りと買取の違いについて、詳しくはコチラ!
車買取業者とディーラー、売るならどっちがいいのですか?【徹底比較】

さて、肝心な「どうやってお店を選ぶか」についてです。「下取り」の場合はシンプルに、買いたい車のメーカーを扱っているディーラーで下取ってもらうのが一番早いのでおすすめです。「買取」の場合はしっかりと買取業者を比較して、最も高く買い取ってくれる業者を選ぶ必要があります。一口に買取業者と言っても、店によって特有の販売ルートを持っていたり、得意な車種があったりとかなりの違いがあります。ときには店によって査定額が数万〜10万以上の差が出ることも珍しい話ではありません。買取業者の公式サイトや口コミなどを参考にしながら決めていきましょう。

お店選びのコツは相見積もりをしっかり取ることです。ネットの見積もりサービスなどを活用すれば、お住まいのエリアで最も高価買取を実施している店舗が簡単に見つかります。

Step2「書類と車の準備」

選んだお店に車を持ち込む前に、下準備を済ませてしまいましょう。

円滑な取引のためには、先に以下の必要な書類を準備しておくことをおすすめします。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車リサイクル券
  • 自動車税納税証明書
  • 印鑑(普通車の場合は実印と印鑑登録証明書が必要)
  • 振込口座情報
  • 住民票・戸籍謄本(住所や姓を変更した場合のみ)

他にも普通車の場合は委任状と譲渡証明書、軽自動車の場合は自動車検査証入申請書が必要ですが、これらは買取業者やディーラーで用意してくれますので、上の書類が揃っていれば問題はありません。

書類が準備できていないと売却金の入金が遅れてしまう原因にもなってしまいます。次の章で詳しくご説明しますが、書類作成に時間やお金がかかるものもありますのでチェックしておきましょう。

鍵などの付属品

また、買取店やディーラーに車を持ち込んだ際に少しでもプラスの査定を受けるために、車の状態をチェックしておくことも大切です。

まず、スペアキーや取扱説明書、整備手帳がきちんと揃っているか確認しましょう。これらの付属品が不足していると査定の際にマイナスの評価を受けてしまいます。取扱説明書に関しては紛失してもディーラーに連絡すれば購入することができますので、車のグローブボックスに車検証などと揃えて入れておくといいでしょう。

次に、車の内外装をきれいにしておくことも査定においては重要です。特に内装は中古車としての売れやすさにも直結してくる部分になりますので、フロアマットやシートの汚れはできるだけとっておきましょう。ニオイについても同様で、ペット臭やタバコ臭はマイナス査定に繋がりやすいので、市販の消臭剤などでできるだけ取り除いておくことをおすすめします。

Step3「査定」

車の査定

お店選びの次は「査定」です。査定にかかる時間は30分程度。原則として車輌の持ち込みか出張買取サービスのどちらかを利用して受けることになります。

査定では車の状態をチェックし、それを元に買取金額の見積もりを出してくれます。その見積もりに納得が行かなければ値段交渉も可能です。「今ここで即決するので」「他の所ではこれくらいの金額で…」「〜万円で売りたいと思ってるんです」などのフレーズで少しでも高額な買取をしてもらいましょう。

ただし、高い買取価格を提示してその他諸々の費用を高く設定しているような悪徳な買取業者も中にはあります。ネットに出ている業者の口コミなどを参考に、信頼できる業者を選ぶことが一番大切です。

▼合わせて読みたい!
車下取りの査定項目【査定時のチェックポイントは】

Step4「車の引き渡し・入金確認」

車の引き渡し

査定も終わって車を売却する買取業者を選んだら、いよいよ車の引き渡しです。Step2で用意した書類を持って買取業者に車を持っていきましょう。

このとき、車内に忘れ物がないか、カーナビなどに登録した個人情報を削除したかは必ずチェックしましょう。特に、CDやドライブレコーダーなどは忘れがちになるので注意してください。

これで車の売却に必要な手続きは終わりですが、買取業者との取引は終わりではありません。車の引き渡しから数日後に指定した銀行口座に売却金の入金があります。

まず、何日後に入金されるかを買取業者に事前に確認しておきましょう。もし予定日を過ぎても入金がない場合はなにかの不備があった可能性もあるので、すぐに買取店に連絡をとりましょう。



以上が車を売却する際の流れです。できるだけわかりやすくご説明しましたが、より詳しく知りたい場合は依頼する買取業者やディーラーに聞いてみるのも良いかと思います。

※車の売却を検討する際にはあらかじめ十分な準備を

車の売却は早ければ数日、平均的には1週間から2週間もあれば完了します。しかしこれは、事前に必要書類などを手際よく準備できた場合の話です。必要な書類が手元にない場合はさらに時間がかかります。書類の再発行にかかる期間は種類によりさまざまですが、取り寄せには最長で2週間ほどが必要です。

また、必要書類が手元にないと売却時に必要となる書類の作成も進まず、最終的な売却までに1ヶ月近くかかることも珍しくありません。車の売却はあらかじめ手順を把握しておけば、意外なほどスムーズに進むものです。

売却交渉時に必要な書類などが見つからず、慌てたり時間を無駄にしたりしないで済むよう、車の売却を検討する際には、あらかじめ十分な準備をしておくことが大切です。

必要書類の発行にかかる日数一覧

必要書類の発行にかかる日数一覧

車売却に必要な書類が手元にない場合は、関係機関に連絡して再発行する必要があります。必要書類を取り揃えるのに必要な日数は以下の通りです。申請すれば即日で手に入る書類もありますが、なかには手元に届くまでに1週間前後かかる書類もあるので、見つからない書類がある場合は早めに取り寄せるようにしましょう。

印鑑登録証明書

軽自動車の場合には必要ありませんが、普通車を売却する場合には実印と名義人の印鑑登録証明書が必要になります。この印鑑登録証明書の有効期限は3ヶ月以内です。期限が過ぎた書類に効力はないので注意しましょう。印鑑登録証明書は印鑑登録を使って役所で申請すれば5分ほどで手に入ります。ただし、印鑑登録の申請をしていない人の場合はその手続きが必要です。また、印鑑登録証明書と各書類の住所が違う場合は、あわせて住民票も用意しておく必要があります。

自動車検査証

自動車検査証はいわゆる車検証と呼ばれているものです。この自動車検査証は陸運局で再発行してもらえます。対応時間は平日の8:45から14:00までです。手続き自体は30分ほどで終わります。ただし、混み合うことが多い月末や年度末だと手続きに半日ほどかかることもあるので注意が必要です。また、ディーラーを通して申請することも可能ですが、この場合は書類が届くまでに1週間ほどかかります。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書を紛失した場合は、加入している自賠責保険の会社に相談します。加入している保険会社が分からない場合は、任意保険の会社かディーラーに相談してみるとよいでしょう。自賠責保険証明書の再発行にかかる期間はおよそ1週間から2週間です。再発行には実印、再交付申請書、本人確認書類などが必要になります。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書の再発行は税を納めた都道府県で行います。申請場所は各地の都道府県で異なりますが、軽自動車の場合は市区町村の役所、普通自動車の場合は各都道府県の「自動車税事務所」や「県税事務所」などでの申請が可能です。窓口で申請する場合は即日で発行してもらえる場合がほとんどですが、郵送で手続きする場合は手元に届くまでに5日ほどかかります。

リサイクル券

結論から言って自動車リサイクル券の再発行はできません。しかしリサイクル料金を支払ったことは「自動車リサイクル券の預託証明書」で証明することが可能です。車売却の際にリサイクル券が見つからない場合はこの「自動車リサイクル券の預託証明書」を「自動車リサイクルシステム」のサイトからダウンロードして用意します。即日で手元に用意できる書類なので、見つからない場合でも慌てずに対処しましょう。

上手に車を売却するコツとは?

売却までの日数は最短でどれくらいなのか?

車を売るというのは大きなお金が動く大切なイベントです。だからこそ失敗せずに納得の行く取引をしたいですよね。車を売る際に手間をかけずに素早く、そして高額で売却するコツがいくつかあるのでご紹介したいと思います。

コツ1「あらかじめ車の相場価格を把握しておこう」

不要になった車を売却しようと思い立ったとき、まずはじめにその車の買取相場価格を調べておくことをおすすめします。具体的な金額を知っておけば、その使いみちのイメージも湧きますよね。何より査定に出したときにその査定額が高いのか低いのかを判断する基準にもなります。

ただし、車の買取相場は時間が経つと下がっていくものです。特にモデルチェンジを控えた車種は価格が下がりやすい傾向があります。買取相場価格はなるべく最新のものを調べて、適切な知識をつけておきましょう。

車の買取相場を調べてみる

コツ2「カスタマイズした車は純正パーツに戻しておこう」

購入した車の性能を良くしたり、見た目をよくするためにカスタマイズパーツを取り付ける人は多いかと思います。しかし、そのようなカスタマイズはマイナス査定につながってしまうことがあるのです。

カスタマイズパーツは見た目や性能が純正パーツよりも優れていることが多いですが、買取業者からすると、信頼性に勝る純正パーツのほうがよい査定額をつけるようです。カスタマイズした車を売却する際には、一度カスタマイズした部分を純正パーツに戻してから査定にだすことをおすすめします。また、取り外したカスタマイズパーツは別で買い取ってくれる買取業者もありますので、そちらも併せておすすめします。

コツ3「取引の中で少しでも疑問に思ったらすぐに質問しよう」

買取業者やディーラーは車の専門家です。車のパーツのことや査定額の理由など、気になったことは何でも聞くことが大切です。

特に査定額などの金額の部分は、自分が納得するまで質問して不安を完全に解消してから契約を結びましょう。そうすることで、買取業者やディーラーに対しても毅然とした印象を与えることができますし、質問に対して曖昧な回答をしたり、ぼかすようなことを言う業者は警戒するべきと判断することもできます。

とにかく車の売買は非常に大切なイベント。悔いを残さないようにするためにも、わからないことは何でも質問するように心がけましょう。

コツ4「一括査定を利用しよう」

車を売却する際に最初につまずいてしまう方が多いのが「お店選び」です。信頼できて、かつ車を高く買い取ってくれる業者を選ぶことは簡単なことではありません。そんなときには一括査定サイトを利用することをおすすめします。

一括査定を利用すると家の近くの複数の店舗から査定額を出してもらうことが出来ます。その中で特に査定額が高いお店を数店ピックアップし、実際に見積もりしてもらいましょう。その際に他店の見積額を提示するだけでこちらが働きかけなくても査定額を争わせることができるのです。

一括査定を使えば同時に査定額を出してもらえるので金額で比較することができ、競争させることもできるので非常に便利です。ぜひご検討ください。

▼おすすめの一括査定サイトはコチラ

まとめ

  • 流れはお店選び → 書類の作成 →査定 → 車の引き渡し・入金確認
  • スムーズな取引に向け、基本的な手順を理解しておこう
  • 車売却は最短なら2日程度で完了できるが、準備不足だと1ヶ月かかることも...

車売却には、お店選び、書類の作成、査定、車の引き渡しといった流れがあります。スムーズな取引に向け、基本的な手順を理解しておきましょう。 車売却の際には各種の書類が必要です。もし手元にない場合は関係機関に連絡すれば取り寄せられます。 車売却は最短なら2日程度で完了します。しかし書類が揃っていないと1ヶ月近くかかることもあるので、事前にしっかり準備しておきましょう。

まずは愛車の値段を調べてみよう

愛車を少しでも高く売りたいとお考えの方は、一括査定サイトで愛車の価格を調べるのがおすすめです。

車選びドットコムの一括査定なら、愛車の情報を1回入力するだけで近くにある複数の買取店へ一括で相見積もりできます。 あとは査定額を比較して一番高く売れる店舗で売却するだけ!もちろん、査定額に満足できなければ売却する必要はありません。

愛車の本来の価値を知るためにも、まずは値段を調べてみましょう!

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

個人情報の取扱い利用目的サービス利用規約にご同意の上、確認ページにお進みください。

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

当サイトは株式会社ファブリカコミュニケーションズ(東証スタンダード上場 証券コード:4193)が運営しています。 東証スタンダード上場ロゴ

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

1.一括査定を依頼 2.買取店よりご連絡 3.最高額を選ぼう! JPUC車売却消費者相談室 0120-93-4595 中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。 ※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

車売却消費者相談室(JPUC)
0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら「JPUC 車売却消費者相談室」へご連絡下さい。

※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。