一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

引っ越しで車を売却する場合【手続きや必要書類もわかりやすく解説】

引っ越し先では車を使わないから売却したい、駐車場代が高すぎて車を処分せざるを得ない、などの事情から引っ越し前後で車の処分を検討する方は多くいます。

その際に、引っ越し前と引っ越し後ではどちらが手間なくスムーズに売却することができるのか気になってしまうでしょう。

今回は、引っ越し時の車売却の手続きや必要な書類について詳しく解説します。

目次
車を処分するタイミング
車を売る際の手続きと必要書類
引っ越しの際に車を賢く売る方法
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

車を処分するタイミング

sale_moving1

引っ越しのタイミングで車を処分しようと思った時に迷うのが、引っ越し前に処分するのか、それとも引っ越し後に処分するのかということでしょう。

どちらがよりスムーズに手続きが進むかと言えば、引っ越し前に処分した方がスムーズだと言えます。引っ越し前の処分は通常の車売却の手続きを踏めばいいので特に問題はないでしょう。

一方引っ越し後に処分しようと思うと、場合によっては必要な書類や手続きが増えてしまうこともあるので、引っ越し前よりも手間がかかってしまうことが多いです。特別な事情がなければ、引っ越し前のタイミングで売る方が、手間はかからないのではないでしょうか。

車を売る際の手続きと必要書類

sale_moving2

引っ越しにあたり車を売る場合には、引っ越し前なのか引っ越し後なのか、軽自動車なのか普通自動車なのかによっても必要書類や手続きは変わってきます。それぞれのケースを紹介します。

引っ越し前に売る場合

まず普通自動車を売る際に必要になるものを見ていきましょう。

  • 車検証
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑証明書(発行後一か月以内のもの)
  • 実印

これらの書類などが必要になります。軽自動車の場合には印鑑証明は必要ありませんので、用意する必要はありません。また、軽自動車なら実印ではなく認印でも大丈夫です。

売却の手続きですが、これは通常車を売却する際の手続きでOKです。複数の買取業者などに見積りを取ってもらって納得できる金額のところで売却の契約を交わしましょう。

引っ越し後に売る場合

引っ越し後に売る場合にはまず、住所変更の届け出を陸運局にする必要があります。これは転居から15日以内にしなければならないと定められています。届け出が済んでいて住所変更がなされている場合には、通常の売却手続きを行って売ることができます。

しかし、届け出を出していない、または届け出をせずに引っ越し後15日以内に処分をする、という場合には用意する書類が増えます。

  • 住民票(現在の住所のもの)
  • 戸籍の附票

このどちらかが必要になります。これは、住民票に記載された以前の住所を確認するために必要なものです。車検証の住所が以前の住所と一致していれば車の所有者本人だということがわかりますから、その確認がされれば売ることができます。

一回の転居のみでしたら住民票を用意すればいいでしょう。しかし、何度か引っ越しをしていて、そのいずれも車検証の住所変更をしていないという場合には住民票では不足です。必ず、戸籍の附票を用意する必要があります。

住民票にはひとつ前までの住所しか記載されていませんので、複数回住所変更の届け出なしに転居している場合には本人の確認ができないのです。戸籍の附票にすべての転居歴が記載されているので、複数回の転居の場合にはこちらが必要です。

この書類は、本籍地の役所でしか申請できませんので、本籍地が遠い場合には手間も時間もかかってしまいます。

引っ越しの際に車を賢く売る方法

sale_moving3

適当な業者を選ばない!

まず、大事なのは引っ越しが迫って急いでいるからと適当な業者を選ばないということです。

引っ越しのタイミングでの自動車売却トラブルというのは案外多くて、不当に安く買い叩かれる、強引に買い取ろうとするというような案件は多く報告されています。そのようなことにならないためにも、きちんと信頼できる業者を選ぶことが大事でしょう。

引っ越しをする日付が前もって決まっているのなら、

  • その日までに確実に売ることができるように必要書類を準備しておく
  • あらかじめ何社かの見積もりを取っておく

などの事前準備が大切なんです。

急いで売る必要があると知られないようにする

車を売る際に、いつまでに売りたいのかと聞かれることがあります。

ここで引っ越しのため早く売りたい、と言ってしまうと、買取業者のほうでもこの人は必ず手放さなければいけないから見積りをそこまで高くしなくても売ってくれるだろう、という意識が働いてしまうのです。

そうなると、相場よりも安い価格で売却するという可能性が高くなりますので気を付けましょう。

売却額には地域差がある

車の売却をする際に、引っ越し後と引っ越し前どちらが高く売れるのかと疑問に思う方も多いでしょう。これは地域によって差があるということが言えます。

例えば地方の方が車の需要は高い、雪が降る地域は4WDが求められる、都内は燃費の良い車が求められるといったようにそれぞれの地域で需要が違いますので、当然その地域によって売却額は違ってくるのです。

自分が売りたい車の需要を引っ越し先と今の居住地で比べるというのも、高く売る一つの方法ではないでしょうか。

一括見積もりを利用してみる

一括見積もりはインターネット上で必要な情報を入力すると、各買取業者の大まかな見積もりを出してくれるサービスになっています。

引っ越し準備で忙しくてなかなか見積りを取ることができないといった場合でも、簡単に各社の見積もりを知ることができるので便利でしょう。

その中で比較して、一番信頼できて高く見積もってくれている業者に依頼すると、安く買い叩かれる心配も少なくなります。

まとめ

  • 引っ越し前の車の売却は通常の手続きと同じ
  • 引っ越し後の売却には住民票、複数回の転居をしていれば戸籍の附票が必要
  • 引っ越し前に売却する場合は事前準備をして焦らないことが大切
  • 売却額には地域差があるため、比較してみる

引っ越し前後の車の処分には、このようなポイントが重要になります。

引っ越しというと何かとバタバタしてしまいますから、車を売却しようと思うのなら事前に必要書類などを揃えて準備しておくといいでしょう。

また、引っ越し前に売るのかそれとも引っ越ししてから売るのかということを、できるだけ早めに決めておくと、その後の手続きや書類集めもスムーズに行えるはずです。