一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

中古車査定に使われるイエローブック・レッドブックって何?

車の買取店では様々な方法を駆使して、ユーザーからできるだけ安い値段で車を買おうとします。

そうした営業手法の中に、レッドブックあるいはイエローブックを使う交渉方法がありますが、この交渉方法は査定士がよく最終段階として用いる傾向がある手法です。

しかし、

  • イエローブック・レッドブックってそもそも何?
  • どんなことが書かれているの?

など、中古車査定で使用されることが多いこれらの冊子の内容についてよくご存知ない方も多いでしょう。

そこで今回は、イエローブック・レッドブックの特徴や具体的にどんなことが書かれているかについてご紹介します。

目次
イエローブック・レッドブックとは?
イエローブック・レッドブックには何が書かれているの?
イエローブック・レッドブックは相場より安い!?
イエローブックやレッドブックに影響されず、高く売る方法
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

イエローブック・レッドブックとは?

イエローブック・レッドブックとは

イエローブックには中古車取引の目安となる価格情報が掲載

自動車査定に使用されるイエローブックは、いわゆる車の基本価格表の一種で、イエローブック以外にレッドブックと呼ばれるものがあります。

通常、車を査定する際にはホワイトブックという価格表から基本価格が探し出される場合が多く、イエローブックおよびレッドブックは相場価格をチェックする際に使われます。

イエローブックは日本自動車査定協会が月に一回発行している冊子。中古車の取引時に目安となる価格情報がまとめられ、自動車業界に向けて提供されています。

通常では時価額を算出する方法はレッドブックをベースとするのが一般的で、レッドブックに記載のない情報に関してイエローブックが使われる傾向があります。

レッドブックは自動車の平均取引価格を一覧にした冊子

レッドブックは「有限会社オートガイド」によって発行される月刊誌「オートガイド自動車価格月報」の別称であり、自動車に関する平均取引価格を、グレードや年式別に一覧にした冊子です。

ちなみにレッドブックは、公式ホームページ上に自動車業界や損保、法曹、官公庁といったあくまでも業者向けのものです。

ただし、実際には個人での購入に関しては厳しい制約はなく、手に入れること自体は不可能ではありません。

レッドブックを購入したい時は電話による申し込みか、公式ホームページから申込書を印刷し、FAXで申し込みをすれば入手可能です。

イエローブック・レッドブックには何が書かれているの?

イエローブック・レッドブックには何が書かれているの?

レッドブックやイエローブックには、現時点において自動車の一般的な価値や価格などが記載されています。イエローブックの中には、主に中古車の卸売価格が書かれています。

一方、レッドブックには以下の内容が車種ごと分けられて掲載されています。具体的に言えば、中古車の販売価格、下取り価格、卸売価格および中古車小売価格です。これらの情報が、それぞれの車の車種および年式、形式別に詳しく書かれています。

記載されている内容からお分かりのように、レッドブックを簡単に説明すると「中古車市場における様々な車の価格相場を調べられる冊子」と認識することができるでしょう。

イエローブックと同様に、レッドブックは車買取店や自動車ディーラーなどが使用しており、下取り車を査定する時に使用される場合もあります。

イエローブック・レッドブックは相場より安い!?

10年を超えている車は記載されない

イエローブック・レッドブックには、販売が開始されてから十年を超えている車は記載されていません。十年が経過した車両の価値は、販売価格の1割とされてしまいます。

これは、どれほど人気が高い中古車だとしても、一律10%になってしまうという意味です。

こうしたことから、レッドブックおよびイエローブックに載っている自動車の価格は、現実的な車の価格とは大きく隔たっている可能性があり得ます。

時間差が生じる

また、イエローブック・レッドブックは書籍という性質上、どうしても時間差が生じてしまいます。そのため、リアルタイムの車の時価に対応する資料としてはあまり向いていません。

さらに、車の価値というものは特別な理由がない限り、刻一刻と価格が下がる傾向がありますから、レッドブック・イエローブックに載っている情報の信頼性は完全ではないと言えるでしょう。

地域間の格差が埋められない

そして、これらの冊子では地域間の格差が埋められないという点も挙げられます。東京における自動車の価格と、北海道や沖縄などそれ以外の地域では需要も変わってきます。この点で、相場よりも安い価格に判断される可能性が否定できません。

以上のことから、車の査定時に買取店の査定士がイエローブックあるいはレッドブックを持ち出してきたら注意が必要です。

査定にあまり慣れていない場合、これらの冊子に記載されている相場価格から金額を提示されると「自分の愛車はこれくらいの価値なのか」と思い込んで納得してしまう可能性があるかたです。

あくまでも、イエローブックやレッドブック内の価格は参考価格なので、高い値段で愛車を売りたいなら別の手段を考えた方が得策と言えるでしょう。

イエローブックやレッドブックに影響されず、高く売る方法

イエローブックやレッドブックに影響されず、高く売る方法

レッドブックやイエローブックの影響を受けずに、自分の車を高く買取をしてもらう方法はあるのでしょうか。実は、最近注目されて人気になっているインターネットの無料一括査定を利用すれば、高値で売れる可能性が高くなります。

車の査定では、ある原則を心得ておくと利用者は有利に査定を進めることができます。車買取店側としては、せっかくの車を他店に横取りされれば当然ながら困るはずです。

この点に注目し、利用者側はできるだけ沢山の買取店に査定を依頼して、それぞれから提示される額を知ることが重要です。そうすれば買取店では他店と査定額を比べられる訳ですから、をれを避けるために高い金額を提示しなければなりません。

一括査定サイトは自ずと価格競争が生まれる

車の一括査定サイトには複数の車買取店が登録しているため、自ずと競争が起きる仕組みになっています。つまり、一括査定を活用すれば必然的に査定額がアップする訳です。

先ほどご紹介したレッドブックあるいはイエローブックの情報を基準に査定をしていては、他店に簡単に買われてしまいますので、そうしたことはできません。

インターネットの無料一括査定を使うと、利用者自身が買取店を訪問する手間も必要ありませんし、自宅で完結できますので手軽に利用できます。愛車を賢く売却したい方には、無料で利用できる一括査定サービスが最適と言えるでしょう。

まとめ

イエローブックとレッドブックについてご紹介しましたが、いかがでしたか。

  • どちらも査定士が買取相場の参考にする本
  • 10年以上の車掲載がないこと、地域間の格差に注意
  • 高く売りたいなら一括査定の方がおすすめ!

車査定時に用いられるイエローブック・レッドブックは、中古車の相場価格を査定士が調べる際によく使用される冊子です。

ただし、こうした冊子に関しては、販売から10年以上経っている車は情報が載っていなかったり、地域による格差が生じてしまうことが懸念事項として挙げられています。

何より、実際の車の相場よりも安い価格に判断されてしまう可能性がありますので、できるだけ車を高く売りたい場合は、車の一括査定サービスを利用すると良いでしょう。