一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

車の査定までにする準備は?【掃除や洗車は必要か】

車を査定に出す際に、ボディや車内の清掃をした方が良いのか気になる方も多いようです。また、清掃が査定額に及ぼす影響や清掃する際のポイントが気になっている方も多い事でしょう。

そこで今回は掃除が査定額に及ぼす影響を解説します!

  • 車を手放す前のメンテナンスでやっておいた方が良い事
  • やらない方が良い事
  • 掃除をする際のコツ

などについても紹介したいと思います。

目次
「洗車」は査定額にどのくらい影響するのか
車内の掃除で押さえておきたいポイントは?
掃除のポイントをご紹介
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

「洗車」は査定額にどのくらい影響するのか

洗車は査定額に関係する?

車査定を受ける準備として洗車や車内の掃除を実施する方も多いようです。実際、ポータルサイトなどの情報をチェックすると「洗車と社内の掃除をして査定を受けた方が買取金額はアップする」といった情報をよく見かけることからも、洗車や車内の掃除は必要と考える方の多いことが伺えます。

しかし、結論から言えば、洗車や車内掃除を実施しても、必ず査定額がアップするわけではありません。買取が決まった車は必ず業者の手で洗車や清掃が行われます。したがって査定前の洗車や掃除が査定額に及ぼす影響はわずかと言えるのです。

ただ、きれいに洗車や清掃が行われている車は査定士の心証が良いのも確かです。少なくとも汚れた車を査定に出すことで、査定額がダウンすることは防ぐことができます。また、車の傷やヘコミなどは、修理せずにそのまま査定に出す方が賢明です。

これは修理による査定額のアップよりも修理代の工賃の方がはるかに高くなるからです。仮に修理したポイントを評価してくれたとしても、査定額が修理代を上回ることはないので、そのまま査定に出すようにしましょう。

以上が車を査定に出す際のポイントです。車を査定に出す際は

  • 査定額のダウンを避けるためにも最低限の洗車と清掃は実施する
  • 車の傷やヘコミは修理せず、買取業者の判断に任せる

といった点を踏まえて査定を受ける準備をしましょう。

車内の掃除で押さえておきたいポイントは?

車内掃除はマナー程度に

洗車に合わせて車内の掃除をする際はマナー程度に実施するようにします。車内の汚れが気になる方もいるかもしれませんが、車のエクステリアの多くは布、革、プラスティック製品などで構成されています。

清掃に関する専門的な知識のない方が掃除をすると、かえってエクステリアの表面に傷つけてしまう結果となるので、車内の掃除は汚れが目立たないようにするといった程度にしておきましょう。

車内の掃除で押さえておきたいポイントは、

  • 砂やホコリなどを取り除いておく
  • 指紋や手あかなどの汚れをふき取る
  • 車内の消臭をしっかりと実施する

などです。

これだけの掃除を行うだけでも、査定士の印象はぐっとアップします。この3つの手順を実施し、あとはトランクなどにある私物をすべて出してから査定を受けるようにしましょう。

掃除のポイントをご紹介

せっかくならきちっと掃除したい人のために

せっかくなら、きちっと掃除したい人のために掃除のポイントを洗車と車内掃除に分けて紹介していきます。車の汚れが気になる人は、査定を受ける前に実施してみましょう。

洗車と車内清掃のどちらから始めても構いませんが、効率よく作業を終わらせるなら、洗車を先に行ってから車内清掃に取り掛かることをおすすめします。

【掃除の手始めは、ボンネットの内部から】

洗車をする際は、まずボンネットの内側から始めます。ボンネットの内側は空気の取り入れ口となっているので、砂や枯葉などのゴミがかなり堆積しています。ボンネットを開けたら、まずは水で大まかな汚れを洗い流し、枯葉などのゴミが詰まっている場合は手で取り除いておくようにします。

細かい部分に詰まった砂汚れなどは、使い古した歯ブラシなどを利用すれば綺麗に取り除くことが可能です。砂などの汚れをきれいに掻き出せたら、あとはシャワーで洗い流します。ボンネット内部の汚れを掃除したら、合わせてライト周りの隙間も歯ブラシで掃除しておきましょう。

ライト周りの隙間に入り込んだ汚れも歯ブラシを使えば簡単に掻き出すことができます。最終的な洗車の仕上がり具合にも大きな差が出るポイントとなっているので、掃除にこだわるのであればライト周りの掃除もきっちり実施しておくことをおすすめします。

【下回りの掃除も忘れずに】

ボンネット内部の掃除が終了したら、次は下回りの掃除も忘れずに実施しておきましょう。まずはシャワーやブラシなどを使って、タイヤと一緒にタイヤハウス内部に付着した泥汚れなどをきれいに洗い流します。

この部分にはブレーキシューなどがあるので、水洗いをする場合は、ブレーキ部分に水をかけすぎないように注意しましょう。タイヤハウスの泥汚れが落とせたら、市販のタイヤクリーナーなどでタイヤとホイール部分の汚れを綺麗にしておきます。

以上で下回りの掃除は終了です。

【ボディーの洗車はルーフから】

ボディーを洗車する際はたっぷりの水をルーフ部分からかけるようにします。しっかりとボディ全体を洗い流すことができたら、カーシャンプーを使ってボディやガラス部分の汚れを落としましょう。

ボディを洗い上げた後は、しっかりと水で洗い流すようにします。カーシャンプーを洗い流した後は、輪ジミなどが残らないようにウエスで水分をしっかりと取り除くようにしましょう。

これで、外回りの洗車は終了です。

【車内の掃除は足元から】

車内で最も汚れの目立つ部分は足元にあるマットです。まずはこのマットを取り外して洗っておくようにしましょう。

マットを洗う洗剤は家庭用の中性洗剤で代用できます。カーシャンプーを使っても構いませんが、カーシャンプーの中に着色成分が含まれている場合は、カーマットに色移りすることもあるので注意しましょう。

マットをすべて取り外したら、掃除機を使って足元の砂や小石などを取り除きます。掃除機を使用する際には、合わせてシート部分の隙間に溜まったホコリなども吸い取っておきましょう。

【窓の内側もきれいにしておきましょう】

フロントガラスの内側は濡れた雑巾と乾いた雑巾の2枚を用意します。以外にホコリや脂汚れが付着している部分なので、拭き残しが出ないように注意しましょう。ガラスを水拭きした後は、すぐに乾いた雑巾で水分を取り除きます。

水拭きよりもからぶきにしっかりと時間をかけるようにするのが綺麗に仕上げるポイントです。

【ホコリや臭い対策は換気がメイン】

車内のホコリや臭いは換気で対策するのがメインです。車内のホコリ対策はすべての窓とドアを開けてから行います。ホコリは羽箒で払いますが、強くやりすぎるとエクステリアに傷がついてしまうので、やりすぎないように注意しましょう。

換気を行っても臭いが取れない場合は、無効性の消臭スプレーで対策します。後は洗ったマットが乾くのを待ち、取り付けが完了すれば全ての作業は終了です。

まとめ

  • 洗車や掃除で必ずしも査定額がアップするわけではない
  • 車内の掃除はマナー程度に留めておくことが大切
  • 細かな部分の掃除 → 洗車 → 車内の掃除と臭い対策

車を査定に出す前のポイントを3つにまとめると、第一に洗車や掃除で必ずしも査定額がアップするわけではありません。しかし査定ダウンを避けるためにも最低限の洗車と掃除は必要なことに加え、傷やへこみは修理せずそのまま査定に出す方が得ということです。

第二のポイントは、エクステリアに傷をつけないためにも、車内の掃除はマナー程度に留めておくことが大切ということになります。

そして第三のポイントは、ボンネット内部やタイヤ回りなど細かな部分の掃除を行ってから洗車を行い、最後に車内の掃除と臭い対策をする方が効率的ということです。

車を査定に出す際に洗車や掃除をする際は以上のポイントを参考にして作業してみてください。