一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

修復歴のある車の買取査定【査定額はマイナスになるの?】

事故の影響によって修復歴の付いた車は査定額が低くなることがありますが、査定がマイナスになることはあるのでしょうか。

  • 車査定における修復歴車とはどのように定義づけられているの?
  • 査定員には修復歴があることを正直に伝えた方がいいの?
  • 修復歴車でも高く買い取ってもらえる方法はあるの?

詳しく紹介していきます。

目次
どこを修理したら修復歴車?
正直に伝えたほうがいい?
できるだけ高く売る方法はあるの?
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

どこを修理したら修復歴車?

satei_repair1

修復歴車の定義は、1997年に自動車公正取引委員会や日本自動車査定協会など4つの会が中心となって定められました。 中古自動車査定基準によると、修復歴車とは

「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」

と規定されています。

自動車の骨格はモノコック構造でできているものが多く、フレームやクロスメンバー、ダッシュパネルなど車の基本的な骨格のうち1カ所でも交換、あるいは修復された形跡があれば修復歴車の扱いを受けます。

修復歴車かどうかの具体的な検査手順としては、

  • フレーム修正機の使用実績があるかどうか
  • ヒンジやシール剤の一部が新しくなっていないか
  • 工具を使用した形跡がないかどうか

などを確認します。

ボンネットとフェンダーの隙間や、ドアとピラーとの隙間などが均一に保たれていない場合、車体が左右対称になっていない場合、骨格部周辺のボルトの塗装が剥げている場合などは、修復歴車と判断される可能性があります。

一方で修理を経験していても、ドアのへこみを板金で直したり、傷によるバンパーの交換など、ボディから外側の修理だけで、骨格までには至らなかった場合は修復歴車にはなりません。

過去に事故を起こしていても、必ずしも査定額が下がるわけではないことを覚えておきましょう。

関連する用語として、事故歴は事故や災害に遭った経歴を意味し、修理歴は部位に関係なく修理した経歴を指します。修復歴とは「骨格部が損傷して修正や交換をした経歴」と定義づけされているため、それぞれの違いを説明できるようにしておくことが大切なポイントです。

正直に伝えたほうがいい?

satei_repair2

車査定においては、修復歴を査定員に正直に伝える必要があります。車を売却する際に、売買契約書を交わすことになりますが、契約書の内容には買取査定規約の記載があり、「重大な瑕疵や欠陥について正直に申告しなければならない」という趣旨の内容が載せられています。

この規約を満足しないと、後々に事後減額請求を受ける可能性があります。

相手側の保険で車を修理し、一見すると事故車であることが分からない場合であっても、プロの査定員は車を見るだけでどこを修理したかを特定することが可能ですが、修復歴を伝えないでいると査定員をだましていることになり、買取業者によっては損害賠償を請求される恐れがあります。

査定士は「修復歴車かもしれない」というスタンスで査定に臨むことが多いですが、日本自動車査定協会による調査によると、査定技術が高い社員の「修復歴の見落とし」による査定ミスは0.2パーセントから2パーセントの間だと言われています。

高く査定してもらいたいために修理歴を隠そうとする行為は、査定員に悪い印象を与えてしまうことになり、他にも嘘や内緒にしているのではと疑われてしまうと、実際の査定額よりも低い評価を付けられてしまう可能性もあるため注意が必要です。

事故に巻き込まれてディーラーで修理を行うと、メーカー側で車体番号と修理記録を登録しており、記録が残ることを覚えておきましょう。一方、事故歴や修復歴を自分から正直に伝えることで、査定額が逆に良くなる可能性があります。

自ら申告することによって、正直に話していることが伝われば業者に対して良い印象を与えられるからです。印象が良ければ、他に隠していることはないであろうと判断され、査定額の上乗せが期待できます。

できるだけ高く売る方法はあるの?

satei_repair3

一般的には、中古車市場において修復歴車の価値は低いことが多いため、査定額も低くなる傾向があります。修復歴車をディーラーの下取りに出した場合、下取り額が高額になることはあまりありません。転売した場合のトラブルの影響を避けるためにスクラップにすることが多く、0円で引き取る可能性が高いです。

修復歴車をできるだけ高く売るためには、複数の車買取業者による一括査定で高く買い取ってもらえるところを見つけるのが無難です。

買取業者によっては、修復歴車を専門としていたり、買取を得意とするところもあるからです。日本車は海外では人気が高いため、修復歴車でも修理すれば走れる状態であれば、世界中にまたがる幅広い販売ネットワークを利用して海外に売ることもできます。

修理しても走れない車であっても、部品取りによって値が付くケースもあります。修復歴車の定義を理解していることで、査定額が低くなることに対する抑止力につなげることが可能です。

ドアを一度修理していた場合に、査定者から「事故車ですか」と聞かれた際、「一度修理に出したので修理歴があります」などと答えてしまうと、お客様が査定の方法に対して無知であることを判断されてしまい、査定額を低く抑えられてしまうリスクがあります。

「事故車ですか」と聞かれても、「ドアは交換しましたが、ピラーまでは修理に至りませんでした」と答えるだけで、知識があるとみなされて正当に査定される可能性が高くなります。

査定に来る営業マンの中には、定義を知らずに「修理歴車ですね」と言ってくるケースもありますが、「修理歴車かどうか上司に確認をお願いします」などと言ってその場で判断させないようにしましょう。

事故の被害者となって愛車が修復歴車になってしまった場合、「事故減価額証明書」を発行することで事故減価額を請求できるようになため覚えておきましょう。

まとめ

修理歴車は、自動車の骨格部分を修理した時に認定されることが分かりました。車査定では、告知義務に基づき正直に申告することで査定額が高くなる可能性がありますが、プロの買取業者から見れば、事故を起こしているかどうかは一目瞭然のため、正しく告知することが大切なポイントです。修復歴車をできるだけ高く売るためには、多くの販売ルートを持った複数の買取業者への一括査定によって、高く買い取ってもらえるところを見つけるようにしましょう。