一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

車検切れの車を査定に出す方法【少しでも高く売るには?】

車というものはずっと乗り続ける物ではありません。ライフスタイルの変化などによって違う車が欲しくなったときや、車に乗る必要が無くなったときなど、車を売却する機会はいずれ訪れます。

車を売ろうと思ったときに自分の車の車検が切れていたら売れるかどうか不安になるのではないでしょうか。

  • 車検が切れそうだけど車検にもお金がかかるし...
  • 車検が切れて公道を走れないけど大丈夫?
  • 少しでも高く売るにはどうしたらいいの

こういった悩みや疑問がある方に、ここでは車検が切れた車を売却するときのことについて詳しく解説していきます。

目次
車検する前の方が車は高く売れるのか
車検が切れている車は売却できるの?
車検切れの車は買取査定額に影響があるのか
車検切れの車を高く売るには
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

車検する前の方が車は高く売れるのか

車検する前の方が車は高く売れるのか

中古車を購入する際に車検期間をチェックする人は多いです。車検にはかなりの費用が必要となるため。

次の車検までの期間が短ければ車を購入したとしても早急に車検を受けなければいけないので、余分な費用が発生するため車検期間が残り少ない車は敬遠される傾向にあるのは事実です。

そう考えると、車検切れの車は査定をしてもらう際に査定額に大きく影響するように感じますし、世間一般でも車検が残っている車の方が査定額は高くなるという噂を良く聞きます。

ところが、実際売却してみると確かに車検が残っている車の方が高く売れますが、車検が残っていない車との差は微々たるものです。

車検が切れている車は売却できるの?

車検が切れている車は売却できるの?

そもそも、車検が切れている車を売却することは可能なのでしょうか。

車検が切れてしまった理由としては、車検の期間が切れていることを知ってはいたものの、ついうっかり車検に持っていくのを忘れたというものなど。車検をする必要がある事自体を全く知らなかったため、気づかないうちに車検が切れてしまったという理由もあります。

中には車検を受けなければいけないことは知っていても、車検にかかる費用を支払うことが出来ないため車検を受けることが出来ずに車検が切れてしまったという事もあるでしょう。

このように車検が切れるケースには色々とありますが、どのような場合においても車検が切れていて間もない場合であれば、問題なく車を売却することは可能です。

車を売却するときの手続きも車検が残っている車と全く変わりありません。但し、車検が切れているという事は公道を走ることが出来ないので、車を直接買取店に持ち込んで売ることが出来ないため、訪問してもらって車査定をしてもらい、車を引き取ってもらうことになります。

公道を走れないことで査定額に影響が出るように思えますが、車の買取り業者は臨時運行許可証という、車検切れの車を特別に運転できる許可証を持っており、車検切れの車を直接運転して店まで持ち帰ることが出来るため、公道を走れないことに関しては全く影響ありません。

車検切れの車は買取査定額に影響があるのか

車検切れの車と、車検が残っている車とでは実際に査定額はどれくらい差が出るのか気になるところではないでしょうか。結論から言えば車検が残っている車と車検が切れている車をそのほかの評価が同じだった場合で比べるとたった数万円です。

車検を通すためには車検を受ける工場によって費用に差は出るものの、どのお店で車検を出しても同額の費用がかかる法定費用だけで数万円必要になります。車検切れの車と、車検が残っている車の査定額の差額は、この法定費用分だけで無くなります。

更に車検を受ける際にはお店によって車検費用を法定費用分と合わせて請求されます。車検が切れた車を車検を受けてから査定してもらったとしても、トータルでは必ずマイナスになるので、原則的に車検切れの車を売却前に車検に通す必要は無いといえるでしょう。

<注意>車検切れの車をあまり長く放置するとマイナス評価に!

ただし、車検切れの車は出来るだけ早めに売却しましょう。車検が切れてからあまりに長い年月が経過しているとさすがに査定額に影響します。

具体的には車検が切れてから1年以上経過すると査定の際に確実にマイナス評価になります。車検が切れて長期的に動いていない車は部品が錆びたり劣化している可能性が高いことが査定評価がマイナスになる大きな理由です。

車検切れの車を高く売るには

車検切れの車を高く売るには

車検切れの車を高く売るためには出来るだけ早く売却することの他にどんな方法があるのでしょうか。

付属品がそろっているかチェック

まずは車の付属品をきちんとそろえることから始めましょう。スペアキーや整備手帳、そして取扱説明書など車の維持管理に必要なものは一つにまとめておくようにしましょう、

スペアキーがないと再び作るのに手間と費用が発生するので、買取りの敬遠をされやすくなりますし、整備手帳があるのとないのとではその車に乗る際の安心感が違います。実際に整備手帳が無い車はユーザーから敬遠される傾向にあるので、査定額は大きくマイナスされます。

改造している車は純正パーツに戻す

車には様々なパーツがあり、自分ごのみにカスタマイズをしている人も多いですが、車を売却する際には純正パーツに戻しておきましょう。カスタマイズをすることによって車の性能が良くなったり見栄えが良くなったりはしますが、カスタマイズされた車に対する評価はあくまでもカスタマイズした本人のみの評価です。

その車を見た人全員が同じような評価をするわけではありません。その点純正パーツの車はどんな人からも平等に評価されるので、適切な査定をしてもらうことができます。

内装を綺麗にする

査定をする際に重要視されるのが車の内装部分です。外装も大事ですが、それ以上に内装がきれいだと次の人に売るときに薦めやすいですし、逆に内装が汚れていると売りづらいため、評価を低くせざるをえなくなります。

特に注意しておきたいのが臭いです。本人は常にその車に乗っているのであまり気にならないものですが、自分以外の人が乗り込んだ場合臭いというのはとても気になります。特にペットの臭いやタバコの臭いが残っている車は敬遠されやすい傾向にあるので、売却前に消臭剤などを使って臭いを完全に消しておきましょう。

一括査定を使って競争させる

車を売るための下準備が出来たら実際に査定をしてもらうわけですが、一括査定を上手く利用するとより高い金額で買い取ってもらうことができます。一括査定を利用すると家の近くの複数の店舗から見積額を出してもらうことが出来ます。

そのうち、特に査定額が高いお店を数店ピックアップし、実際に見積もりしてもらいましょう。その際に他店の見積額を提示することでこちらが働きかけなくても査定額を争わせることができるのです。

まとめ

  • 車検切れでも問題なく売却することが可能!
  • 一括査定を利用して競争させ、査定額アップさせましょう

車検切れの車に関しては、車検が残っている車と同じような手続きで問題なく売却をすることが可能です。そして、売却する際の査定額も車検が残っている車と比較して大きく差が出るようなことはありません。

また、より高く車を売却したいのであれば、付属品をそろえて買ったときと同じ状態に戻し、車の掃除は念入りにおこないましょう。

一括査定サイトを上手く利用することで買い取り業者の間で競争させ、更なる査定額アップを狙う事が出来ます。