一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル一括査定、査定、下取り、一括査定、売却を網羅的に解説!車査定マニュアル

ボロボロの車を売る方法は?古い車を買取に出す方法

  • ボロボロだけど...こんな車でも売れるの?
  • どこに査定してもらったらいいの?

ボロボロのコンディションの車や故障車などは一見すると廃車寸前の状態で売れるのか、オーナーからすれば判断に迷いやすいところではないでしょうか。

しかし、そのような問題を抱えた車でも車売却は可能なことが多いです。なぜ売却可能なのか、そしてどのようにして車査定を受けるのが良いのか、気になる疑問について解説をしていきます。

目次
ボロボロの車でも買い取ってもらえる?
廃車にして買い取ってもらった方が査定額が高価になることも
不動車であれば事故車専門の一括査定に出すのがおすすめ!
まとめ
愛車の売却をお考えの方へ

ボロボロの車でも買い取ってもらえる?

ボロボロの車でも買い取ってもらえる?

長年の放置による故障や事故、災害によるコンディションの悪化など車が劣化してしまう原因は様々です。素人目に見れば価値が無さそうに見えてしまうのは無理もなく、廃車が妥当と考えられてしまうことも多いでしょう。

しかし、そうした車でも価値は残っており、車市場でも活発に売買されている現実があります。

なぜ廃車が売れるのかその理由は複数ありますが、ひとつに海外での需要が挙げられます。日本国内では見向きもされないような車でも、発展途上国を主とした海外では価値ある存在と認識してくれることが多々あるのです。

見た目がボロボロでも走行ができれば問題はなく、故障をしているのなら直せば良いなどの考えが根付いていますので、日本とは異なる価値観でそこに価値を見出してくれるでしょう。実際、発展途上国ではボロボロの日本車が走っている光景が見られることもありますよね。

部品やパーツ取りとしての価値も売れる理由のひとつです。

車はご存知のように多数の部品やパーツが使われていますが、それらには残存価値が存在し、日本国内はもとより海外でも多くのニーズがあります。修理やレストアなどに使用できるため、細かく分解して中古市場へと流通させます。

車種によっては現在では生産が行われていませんので、高い価値を秘めていることもあります。

鉄やアルミのリサイクル価値も問題なく売れる理由です。これらの素材はリサイクルが可能な資源として有名ですが、大量に使用されている車は正に資源の宝庫と言えます。

どんなにボロボロだったり動かなかったりする車だろうと、素材自体の価値が損なわれることはありませんから、車査定も問題なく受けられます。

こんな風に一見して価値が無さそうな車でも利用手段があります。買取業者はあの手この手で利益を出すノウハウを持っていることから、廃車寸前の車も売却することができるのです。

廃車にして買い取ってもらった方が査定額が高価になることも

廃車にして買い取ってもらった方が査定額が高価になることも

買取専門店によっては車の状態が良くなくても、激安価格ながら買取をしてくれる、あるいは無料で引き取ってくれることもあるでしょう。価値が付かないと思っていた車でも損失なく処分できるということで、オーナーとしては得した気分になるかもしれません。

しかし、実際は損をする処分の仕方をしている可能性に注意が必要です。実はよりお得に処分できるチャンスもあるのです。

売る場所次第で買取価格が高くなる?

その方法というのは廃車買取をしてくれる買取業者を利用することですが、こうした業者の場合は一般の買取店とは異なる販売ルートを持っています。ボロボロの車だろうと最良の価値で処分するための独自のノウハウを備えていますので、利益を上手く出すことで買取価格も必然的に高くなります。

売る場所次第で査定の仕方が異なることを理解しておかないと、損をしてしまう可能性が高いことをオーナーは知っておくようにしましょう。

廃車にして買取に出すことで、税金や保険の還付金が発生する可能性があるのもお得に売れる理由のひとつです。

自動車税や自動車重量税、任意保険などこれらの予め支払いをしている費用の幾らかが戻ってくることがあるため、その分お得に手放すことが可能になります。

買取に出す場合は諸々の費用を含めてゼロ円査定だったり、あるいは有耶無耶になって消えてしまったりすることもありますが、廃車に出せば還付金の発生でプラスにすることができます。

とは言え、軽自動車ですと元々の税金が安いゆえに金額には期待ができなかったり、保険の還付は申請をしないといけなかったり注意点もあります。

しっかりとした廃車買取業者なら、オーナーが失念しそうな部分に関してのフォローもしてくれるはずですので、諸々の手続きに詳しくない場合は頼れる買取業者を選択するのが良いでしょう。

なお、車選びドットコムの廃車買取を利用すれば業者の選択も容易になります。

簡単に多数の廃車買取業者に査定を依頼できますから、どこに売れば良いのか迷ってしまうオーナーにもおすすめです。加盟している業者も実績のある有名店ばかりですから安心ですね。

不動車であれば事故車専門の一括査定に出すのがおすすめ!

不動車であれば事故車専門の一括査定に出すのがおすすめ!

不動車でも、車としての価値が損なわれたわけではありませんので売ることはできます。

例えば、事故を起こしてボロボロになった車だろうと利用価値は残っています。むやみにスクラップ処分をすると、売れるチャンスを棒に振ってしまいますので気を付けましょう。

なお、事故車だと思っていても、実は普通の中古車として売れることもありますので注意が必要です。

どこからが事故車になるのか

事故車というのは大きく言えばフレームに損傷を負った車を指すものであって、バンパーを軽く擦っただけの車やボンネットがへこんでしまったなどの車は該当しません。中古車として売れる車は買取専門店に出すこともできますから、うっかり事故車買取で処分をすると損をしてしまうかもしれません。

どこからが事故車扱いのボーダーラインとなるのか、きちんと押さえておくと安心です。

事故車はどうやって売るの?

では、完全に事故車と認定されてしまう状態の車を売る時の方法ですが、おすすめと言えるのが車選びドットコムの事故車買取を利用することです。

というのも、不動車の場合は自走ができないことで車査定を受けるのも大変なはずです。それゆえに長年の放置をしてしまっている車もあるのではないでしょうか。そんな時でもこのサービスを利用することで、簡単且つお得に売ることができます。

特徴はネットで一括査定を受けられることで、簡単な入力をしたら後は高く売れるところを探すだけです。一挙に沢山の買取業者があなたの車を査定してくれます。

納得のいくところが見付かったら実車への本査定を依頼して、売買が成立すればそのまま引き取りになる流れです。不動車でも自宅まで本査定に来てくれますので安心で、レッカーで持って行ってもらえるために自走できずとも問題はありません。

難しい手続きをすることもなく高く売ることができますから、事故車買取の初心者でも安心です。

まとめ

どのような車でも売れるチャンスがあることを解説してきました。

廃車状態の車でも価値を秘めていますので、簡単に売却を諦める必要はありません。そして、場合によっては中古車として売るよりも廃車に出して売った方がお得になることも覚えておきましょう。

ここで紹介した一括査定サービスを利用すれば、簡単に高く売ることができるはずです。